どうぶつのつぶや記

私が「現職のマニフェスト」に欠けていると感じる点

『ガンバレ!やぶさんの瓦版 マニフェスト最終特集号』が出ました。
自分を選べば「発展」し、相手を選べば「衰退」するなんて、まるで私には 「今この壷を買っておかないと、そのうちあなたに不幸が訪れますよ」という類いのセールストークのようにしか感じないのですが···。
壷を買おうが買おまいが、幸せだと感じるのは自分の気持ち次第、努力次第なのです。
まちづくりも同じではないでしょうか。そう、結局は人に与えられたり押し付けられたりするものでも、誰かによってもたらされるものでもなく、自分たちの手でみんなで作り上げていくものなのだと思います。
その中での役割分担としてリーダーとして果たすべきことは何かを考えるべきなのです。
リーダーにしか出来ないことを。
(この部分は現職だけでなく、新人にも物足りなさを感じるところです。)
以前にも書きましたが、政策(「政策」というより「個々の事業」レベル?)なんて別にリーダーが一つ一つ事細かく決めなくても、官僚(公務員)に考えさせたらいいのだと思います。
政治家はどういうまちづくりがしたいのか、どんな方向に進めていきたいのか、またそれを実現していくには、今、三木市で何が欠けていて、どういう点を克服しなければならないのかということを正直に現実と向き合いながら、その解決方法を我々市民に訴えかけ、考えを共有してもらうことに腐心すべきなのではないかと思います。


「前進」か「後退」か?
「改革」か「逆行」か?
「発展」か「衰退」か?
これらは、これまで薮本さんが訴えてきたフレーズですが、
仮にある有権者が薮本さんを選ばないとしても、それらの人たちは、
「後退」や「逆行」、「衰退」を望んで候補者を選択するわけではありません。
選ぶ人たちも選ばない人たちも、みんな一様に、「前進」、「改革」、「発展」を心から願っているのです。
また、仮に薮本さんが選ばれなかったとしても、私たちは常に前を向いて進んでいかなければならないのです。
しかし、それらの「前進」、「改革」、「発展」はリーダー一人の力で成し遂げられるものではありません。
市民や団体、企業など、もちろん議員や職員も、あらゆる社会を構成する人たちが力をあわせて三木市の未来を作り上げていくべきものなのです。


薮本さんのマニフェストで欠けているのは、自分一人の力で何でもできると過信しているところではないかと思います。
新人候補は、薮本さんの政治を「独善政治」と批判しているわけです。
それが事実かどうかは別として、そういう声が上がっているというのは、市民の間でもそういう不満が広がっているということなのでしょうから、そのあたりの体制をどう立て直していこうとしているのかを訴えるべきなのだと思います。
しかしながら、現実は、残念ながら、それらの部分が完全に抜け落ちているのだと思います。


しっかりとした土台があって、はじめて様々な政策が輝き、生きてくるのだと思います。
生きたお金の使い方ができる人は、その辺のポイントは必ず押さえられているはずです。
個々の政策も大事ですが、私たちがリーダーに語ってほしいのは、注ぎ込むお金を無駄にしない、効果があるものにしていくためのリーダーとしての考え方、確固たる理念、仕組みづくりなのだと思います。
[PR]
# by kkamoike | 2009-12-21 20:29

デジタルもアナログも

前々回の記事、そして前回の記事と候補者の政治活動について述べてきました。
有権者が候補者の素顔を知るには、やはり直接候補者と接する機会が一番なのだと思います。
高い壇上から、あるいはスーパーや駅前の辻たちなど自分の言いたいことだけを言う場ではなく、普段地域で行われている集会のように、会話形式で本音で対話が出来よるような場が一番なのだと思います。


選挙まで1ヶ月を切り、おまけに年末年始も重なるということで、各陣営にとってはほとんど残り時間がない中で、今さらそんなことはできっこないと言われるかもしれませんが、せめて市内の数箇所でも結構ですので、ミニ集会のようなものを開いて、候補者と時間の許す限り率直な意見交換が出来る機会を作っていただければありがたいと思います。
もちろん情報発信もきっちりお願いします。


武雄市の樋渡さんは、情報網を駆使して活躍されている政治家のようなイメージがありますが、それ以上に市民とのふれあいを大事にされている政治家でもあります。
あちらでもこちらでも
そのバイタリティにはいつも感心させられます。
デジタルもアナログもちゃんと押さえておられます。
[PR]
# by kkamoike | 2009-12-19 09:03

「三木市長選挙公開討論会」の開催 実現せず

今回の三木市長選挙公開討論会、開催が実現せずに本当に残念でした。
わずか数週間でここまで準備を進められたminminさんをはじめ発起人の皆さんのご苦労に感謝と敬意を表したいと思います。本当にお疲れ様でした。


今朝の雑感日記では、rfuruyaさんが「対応」をキーワードに書かれていますが、各候補者の回答内容を見ても三者三様、それぞれの個性が表れているのがよくわかりますね。
これはあくまで私の個人的な感想ですが、現職の薮本さんの対応は、(どんな選挙のプロがついておられるのか知りませんが)極めて役所的で、確かに非の打ち所のない反論なのかもしれませんが、何か温かみというか、もうちょっと普通の、市民の立場に立った対応が出来ないものかとも感じました。


そういえば、どなただったか、先週の市政報告会の感想で、40分近く原稿にも目を通さずに自分の思っていることについて自信を持ってしゃべっておられたことを評価されていましたが、曲がりなりにも4年も市長を務め、それまでからも二十何年間公務員で行政経験がおありの方なのですから、また、頭もいい人なわけですから、これぐらいの時間、自分のペースで、自分の思い通りのことをしゃべることくらい当たり前といえば当たり前のことです。
肝心なのは、自分の予期せぬことや、自分にとって都合の悪いことなどを質問された場合の対応なのだと私は思います。
この前の現職候補の報告会や、今度の新人候補の考える会などは、後援会が主催した筋書きの決まった芝居みたいなものですから、はじめから候補者が素晴らしく見える、あらゆる点において落ち度のないように進められるのは当然です。
どれだけ自分をいいように演出できるか、演技力が試される場でもあるわけです。
最初からそういう場だと分かっているだけに、私なんかは、ちょっとした失敗や愛嬌のある面が見られるくらいのほうが、人間味があって好感が持てます。


今後、ラジオでの討論会も企画されているようですが、できるだけ候補者の本音が聞ける討論会になることを期待したいと思います。
私達が見たいのは、候補者の素顔と本音なのです。
[PR]
# by kkamoike | 2009-12-18 19:37

諸刃の剣

先日ある知人から教えてもらった話です。
某市の市会議員が主催するイベントに地元を中心に広く参加者を募ったところ、地元で参加したのはその議員の後援会役員の数人だけだったそうです。
実はその議員、前の選挙では辛くも当選したものの、今となっては地元からも総スカン。地元の人たちから、全然貢献していない、役に立たない政治家として評価されているようです。
しかし、本人はその事実を知ってか知らずか、あいも変わらず、自分は周りから評価されている、絶対の信頼を得ていると思い込んでいらっしゃるようです。


政治家というもの、常に自信を持って前に突き進むことが大事ですが、周りからどう評価されているのかということを常に客観的に分析できる部分も持ち合わせていなければなりません。
自分の政治活動に一点の曇りもなく、支持者や他の有権者に胸を張って自分の活動実績や日頃考えていることを語れるか、常に自分に問いかけ、反省すべき点、克服すべき点がないかをチェックし、その改善に努める必要があるのだと思います。
そういうことを繰り返し行っていくことが、市民の信頼を勝ち取り、次の選挙での勝利につながっていくのだと思います。


翻って、三木市議会議員の皆さんはそれぞれ地元や支援者からどういう評価をもらっておられるのでしょうか?
やまかずさんは三木市長選挙まであと1ヶ月ということに触れる中で、市会議員に対する想いをこのように述べておられます。
心当たりのある方はいらっしゃるでしょうか?
まぁ、こういうことを書いても、問題のある人ほど、それは自分には当てはまらないと考えている人が多いというのも現実なのでしょうが···


ところで、新人候補 いなだ三郎さんの陣営が出したチラシには多くの著名人、地元の有力者の名前が推薦人?として紹介されています。その中には現職の市会議員の名前もチラホラ見られます。
またある情報筋によると何人かの市会議員が自分の地元で候補者に付き添ってあいさつに回っているとのこと。
このようなチラシの内容やあいさつ回りを受けて「この人が応援しているなら間違いないだろう」とか「この人が応援しているなら自分も応援しないといけない」と思う人たちももちろんいらっしゃるでしょうけれども、仮に冒頭で紹介したような評価の議員であった場合、あるいは、投票を依頼す側に市議会全体に対し批判的な意見を持っている人が多い場合、候補者にとっては逆に大きなマイナスとなる可能性があることも念頭に置いておかなければなりません。


そういう点では、現職陣営が出したチラシに掲載されている「議員削減」メッセージは、市民の議会全体に対する批判心理につけ込む点、自分がほとんどの議員から応援してもらえない状況を逆手にとる点からも、提案されている中身は別として、非常に駆け引きの上手さを感じさせますね。
選挙戦術に関しても新人よりも一段も二段も上ということでしょうか。
[PR]
# by kkamoike | 2009-12-16 21:32

ブログの報告、「三木市長選挙」私が選ぶポイント

昨日の記事でご紹介した 自治体改革と「包括予算配分方式」のリンクがうまく出来ていなかったようです。リンクを修正しましたので興味のある方は、もう一度クリックしてご覧ください。


これまでアクセス(訪問者数)のことは触れたことはなかったのですが、実は、11月以降アクセスが増え続けています。
選挙の候補者が出馬表明をされる前あたりから兆候はあったのですが、最近では平日の平均アクセスが170台をキープする状態が続いており、とうとう昨日は過去最高の206アクセスを記録しました。(昨日は特別だったと思われますが、私にとっては夢の大台突破でしたので、記念に取り上げさせていただきました。(汗))
振り返ると、ブログをはじめた頃は1週間の平均アクセスが1日20~30、1年後には50、その後は今年の秋ごろまで100前後でした。
おそらく、最近は、両陣営、あるいはどちらかの陣営の方たちに定期的に読んでいただくようになったからだと予想しています。本当にありがたいことです。


今のアクセスは一過性のものですが、このブログで発信している情報の中で今後の選挙活動で参考になるネタがあれば、ぜひ参考にしていただければと思います。
また、記事の内容を受けて、今の考え方や方向性を軌道修正していただける部分があるのでしたら、なお嬉しいです。
いずれにしても、お互いの選挙戦がより有意義なものになればと思って記事を書いています。


一時的とはいえアクセスが増えるのは嬉しいことなのですが、一方で、毎回、もう書くネタがないと思いながら書いているのも事実です。
ただ、今度の選挙は、三木市の将来を考える上で、市民にとって一つの大きな分岐点になるのは間違いないわけですから、一体どれだけの人の目に触れるかはわかりませんが、また、どこまで書き続けられるのかわかりませんが、これからも自分が感じたことを率直に出来るだけ多く書いていきたいと思っています。


直近のコメントにも書きましたが、私が候補者を選ぶ際に一番重点を置いているのは、『どれだけ三木のことを愛しているか』、『三木のこと、三木の未来を大事に考えてくれているか』という点です。
今を生きる私たちの世代だけではなく、未来を担う子や孫のことも視野に入れた市政運営を行ってくれる人物、三木の良さを大事にして、その良さをさらに引き伸ばしくれる期待を感じさせてくれる人物をしっかり見極めていきたいと思っています。
今という時代を任された大人の務めとして、三木の持つ素晴らしさを未来の子どもたちに胸をはって引き継ぐためにもしっかりとした選択をしたいと思います。
[PR]
# by kkamoike | 2009-12-15 19:32

次の時代を視野に入れた戦略プランを打ち出せるかどうか

前回の記事
「政策に大きな違いがないなら今の市長にもう一期してもらってもいいじゃないか」と言う人たちはかなりいらっしゃると思います。
とあえて述べてみましたが、実際のところはどうなのでしょうか。
あっ、勘違いしないでくださいね。
今回取り上げたいのは、「政策に違いを打ち出せるのか?」という点についてですので。


地方自治体が行う事業の多くは、法律で決まった事業を行ったり、国や県との共同作業であったり、それらの上部団体から移管された事業などで構成されており、財政難のこの時期、自治体の裁量で自由に使えるお金はほとんど残っていないというのが現状ではないのでしょうか。
言い換えれば、国政とは違い、地方自治体、特に財政的に裕福でない自治体の場合、むしろはっきりとした政策の違いなど打ち出せない状況なのかもしれません。
三木市だけが裏技でもあるわけではあるまいし、あれもこれもといった形で次から次へと手品のように事業を展開していけるわけがありません。
本来削ってはならない予算にまで手をつけて、その削った財源を元手に、今とり急いでする必要もない事業を次ぎから次へと展開することが本当の意味で、市民のための政治なのか、将来の子や孫たちのための政治なのかと考えてしまいます。


現職と新人、双方のチラシを比較する中で、小学校にかける予算が大きく削られ、コピー用紙1枚も予算がつかない状況だそうです。4年間で5億円もの減少ということだそうです。そういう子どもの教育にかけるお金を削って、これからもハコモノ建設などにどんどんとお金を注ぎ込んでいこうというという考え方は非常に憂慮されるべき問題だと感じます。
「財政危機宣言」を保留にしたままの事業の拡大、建設ラッシュともとれる現職のマニフェストの中身からは、次の時代を視野に入れた戦略プランが備わっているとは到底思えません。


新しいリーダーになる人には、厳しい財政状況の中だからこそ、その現実を直視しつつ、限られた予算の中でやり繰りしながら、次の時代を視野に入れた戦略プランが打ち出せる人であってもらいたいと思います。


参考文献
自治体改革と「包括予算配分方式」
[PR]
# by kkamoike | 2009-12-14 20:02

新しい時代を感じさせてくれる何かを打ち出してほしい

三木市長選挙の新人候補いなだ三郎さんの後援会が発行する『サブちゃんNEWS第2号』のことは雑感日記さんが早速取り上げておられます。
限られた期間の中で何を訴え、どれだけ情報発信していけるかが問われているとおっしゃっているrfuruyaさんのご意見に私も同感です。


第1号に比べると丁寧な構成となっており、かなり具体的に何がしたいのか、どんなまちづくりを目指したいのかが見えてきたことは率直に評価できるのではないかと感じました。
ただ、あえて辛口な評価をさせていただくとすれば、「なぜ、稲田さんでなければならないのか?」というところがまだはっきりと見えてこないのです。


『上意下達の独善政治か、聴き上手育て上手の町衆政治か』
確かに今の三木市政は『独善政治』に違いありません。
しかし、どれだけの市民が、この句の意味を理解できているでしょうか。
市政に関わりのある人や噂を耳にしている人なら、ある程度言わんとすることは分かるかもしれませんが、そうでない人は、何を言っているのだろうかと感じる人もいらっしゃるはずです。


ある意味、行政に接点のある人にしか分からないような「行政目線のメッセージ」だけではなく、「市民目線のメッセージ」も発信していくことが必要なのではないかと感じます。
「どちらの候補者でもいいじゃないか」
「政策に大きな違いがないなら今の市長にもう一期してもらってもいいじゃないか」
と言う人たちはかなりいらっしゃると思います。


rfuruyaさんも『今一番必要なのは、稲田さんへの流れです』とおっしゃっておられますが、この点についても私は全く同じ意見です。
現職ではなく、新人の稲田さんでなければならないもの、相手との対比から導き出されるものとは別の自分にしか打ち出せないもの、新人ならではのもの、それは、具体的な政策でもいいでしょうし、現職を上回る新人特有の勢いでもいいでしょう、とにかく新しい時代を感じさせてくれる何かを打ち出してほしいと思います。
[PR]
# by kkamoike | 2009-12-13 22:08

メッセージが伝わるマニフェストを

何度も言いますが「改革」が目的ではありません。
「改革」は、あくまで理想とするまちづくりを実現するための手段なのです。


リーダーは、「改革」の先にある理想の姿をまずは自分の言葉で語り、自らその目標に向かって率先して動いていくことが肝心です。


マニフェストで事業の羅列をしたところで、それらのバックボーンとなるものが語れていなければ、市民に見えてこなければ、単なるバラマキ、選挙目当てだけの安請け合いにしかなりません。


候補者は、もっと大局的な観点からまちづくりを語るべきです。
政治家として有権者の心を動かすメッセージを···。
それが有権者の気持ちに立てる政治実現への第一歩になるのだと思います。
[PR]
# by kkamoike | 2009-12-12 12:02

信頼関係

今回の米田議員、大眉議員の質問に対する市長の態度や答弁の内容については、
rfuruyaさんやまかずさんが詳しく取り上げておられます。
昨日の私のブログ記事には、議会の改革に必要な前提条件の一つとして「市長と議会との間の信頼関係」を挙げましたが、まちづくりのあらゆる取組においても、他の様々な改革を推し進めていく上においても、この「信頼関係」が関係者の間でしっかりと築かれていなければ、所詮、絵に書いた餅、スローガンを唱えるだけ、笛吹けど踊らずの状態になってしまい、ただただ時間と労力だけが消費されてしまうのだと思います。


「まちおこしは 人おこし」いい言葉ですね。
この言葉は昨日のさるとるさんのブログで紹介されていた言葉です。
「そういうことだったら一緒にやろうじゃないか」
「あの人が言うんだったら、やってやるか」
「ぜひ私も力になりたい、貢献してみたい」など···
人の心を動かす根底には、必ず関係者の間に「信頼関係」が築かれています。


「協働」という言葉をあえて行政のほうから口にしなくても、それぞれのやるべき役割をしっかりと押さえ、相手の邪魔にならない配慮や心遣いがきちんと備わってさえいれば、そこに自然と「信頼関係」が生まれ、自主的にまちづくりに参加してみようと思う人たちが増えてくるのだと思います。
そうなれば、まちは必然的に元気になっていくのだと思います。
相手の考えを尊重し、相手の立場に立った行動を地道に積み重ねていくことが、人をその気にさせることへと繋がり、いわゆる「人おこし」から「まちおこし」へと繋がっていくのだと思います。


「財政危機宣言」や「病院問題」、「日本一美しいまち三木への取組」など、三木が今抱えている多くの問題に対し、市民は市民なりに疑問を感じたり、不安を感じたりしているわけです。
たとえ答弁する側にとっては、小さなこと、つまらないことであったとしても市民にとっては切実な問題なのです。
市議会の一般質問において、議員は自分の意思だけで質問をしているのではありません。
市民の代表として、市民の声を代弁してみんな質問を行っているわけですから、それらの質問に対して不誠実な対応を取ることや邪険に扱うような姿勢を見せることは、市民との間にある「信頼関係」を自ら断ち切る行為と同じことなのです。
これでは本当の意味での協働のまちづくり、改革をすることによってどんなまちの姿を描いていらっしゃるのか分かりませんが、それらを実現させることは難しいでしょう。
[PR]
# by kkamoike | 2009-12-11 20:44 | みっきぃふるさとふれあい公園

第300回定例会本会議 質疑·一般質問で感じたこと

2日間の市議会の一般質問が終わりました。
今回は、たまたま仕事がオフでしたので、2日間、ほとんどの方の質問を聞くことができました。
やはり毎回思うのは、骨のある質問が出来る議員が限られているということですね。
こんな市議会の一般質問の内容なら、無理して日程をとって開催しなくても、本当に質問したいことがある時にだけ、質問したい人だけがすればいいのにとも感じてしまいます。
なぜそんなふうに感じてしまうのでしょうか?
それは、一般質問のほとんどが政策論争にまで発展せず、単なる質問のままに終わってしまっているからでしょう。


その打開策はといえば、もちろん、議員一人ひとりの努力(答弁する市長側も含む)にかかっているのでしょうが、やはり個人の努力だけに頼るのではなく、市議会全体の問題として捉え、議会運営のやり方などを見直すことが一番の近道ではないかと感じます。
今のやり方では、努力しなくても給料だけもらえる政治家をのさばらせる温床になったとしても、市の執行部と議会とが切磋琢磨できる土壌には程遠い状況ではないかと感じます。
そしてもう一つ感じるのは、質問する側と答弁する側が同じ方向を向いていないということです。
一つ一つの考え方は違っていたとしても、大局的な流れの中で同じ方向を向いて話をしないといけないのに、話がかみ合っていない、都合の悪い話になると逆切れしたり、逃げたり、はぐらかしたり···。
お互い足の引っ張り合いをすることしか頭になかったり、疑心暗鬼の状態のままだったり、突き詰めていけば、お互いの信頼関係が築けていないということに行き着くのかもしれません。
しかし、相手のほうが悪いからとか、取り付く余地も与えないからとかという理由で、お互いが背を向けたままでいることは、実はどちら側にとっても一番楽な方法であると同時に、市民への背信行為であることを肝に銘じてもらわなければなりません。


議員の質が悪いなどの理由で「定数を減らせ」と言うのは簡単ですが、私はその前に、「当事者は今の体制の中で一体どれくらいの努力をしてきたのか?」と問いたいです。
現状のどこに問題があって、その問題を解決するためにはこれからどんな取組が必要で、それぞれがどんな意識で臨み、どのように現状と向き合い、改革を進めていけばいいのかをどれだけ考えてきたのかと···。
そのような根本的な改革にチャレンジしないままで、定数さえ削減すれば改革の目指す姿に近づくというのは単なる空想にすぎません。


話は変わりますが、皆さんは三木市議会の一般質問の議事録武雄市の議事録を見比べたことはあるでしょうか?
見比べたことがないという方は、ちょっと目を通すだけでもいいのでぜひ一度見比べてみてください。
大きな違いは、一問一答方式、一人の持ち時間をフルに使ってのやり取りなのですが、その内容は、まさに議論を一つ一つ重ねる政策論争そのもので、議事録を読むだけでも臨場感たっぷりの緊張感あふれる雰囲気が伝わってきます。
今の三木市議会の一般質問でのやり取りを聞く限りでは、武雄市のやり方で通用する政治家は市長を含めて果たして何人いるのだろうかと感じてしまいます。
そして、今の会派を代表して質問をするやり方もまた改めてもらいたいとつくづく感じました。
やはり、市民に普段の活動をPRできる機会、一番手っ取り早く知ってもらえる機会こそがこの一般質問の場だと思いますので、ベテラン、新人に関係なくできるだけ多くの議員が登壇する運営方法に改めてもらいたいと思います。


そのような真の意味での三木市をよい方向に導くための政策論争が展開できる場を創り上げていくことで、政治家自身も切磋琢磨しながら成長していけるでしょうし、そのような姿を市民にアピールし続けていくことこそが、市民からの信頼を勝ち取る一番の近道ではないかと感じます。
当然、そのためには、市長と議会の間に信頼関係が横たわっていることが前提条件となることは言うまでもありません。
本当の意味での「改革」とはそういうものではないのかと私は思います。
[PR]
# by kkamoike | 2009-12-10 21:16 | 三木市政