ブログトップ

どうぶつのつぶや記

<   2017年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ふるさと納税とゴルフ振興

前回の続きです
三木のふるさと納税返礼品の中に市内のゴルフ場の利用券がありますが、
例えば、この返礼品を選んだ場合、この財源をゴルフの振興に充当するというのはどうでしょうか?

仲田市長の公約には、ゴルフ振興があり、その実現に向けた様々な具体策が検討されていることと思います

それらの具体策、市のゴルフ振興への想いや熱意をうまくPRできれば、前回の記事で書いた「共感を得るコト」にも繋がっていくのではないかと感じます

具体的には、三木レディーストーナメントや高校生ゴルフ選手権開催などを通して、この三木市から未来のプロゴルファーを誕生させるという壮大な夢の実現に向けて、自分たちもその活動に一役買おうという意思が生まれ、行動する
ふるさと納税がそのきっかけになるのであれば、それはそれで制度としての機能が果たせていることになるのだと思います

その行動を起こすことで、自分たちもそれらの場に登場する選手たちを応援したくなるでしょうし、ゴルフを通して三木市を一緒に盛り上げようという想い、いわゆる「三木のサポーター」を生み出すことに繋がっていくのではないかと感じます

その輪を広げ、浸透させていくことで、仲田市長が思い描く「誇りを持てるふるさと三木」の実現にも寄与していけるはないでしょうか

さらに付け足すと、単にゴルフ場の利用券という返礼品ではなく、ふるさと納税でそれをチョイスされた方がラウンドの結果を応募(三木ふるさと納税版 ゴルフトーナメント)してもらい、年間を通してベストスコアとなった人には、市内で開催されるプロゴルフトーナメントに招待する、別の返礼品をさらにプレゼントするなどの特典をつければ、納税した後もさらに楽しめることになり、納税のインセンティブをさらに高めることができるのではないかと思ったりします


[PR]
by kkamoike | 2017-08-11 07:08 | みっきぃふるさとふれあい公園 | Comments(0)

ふるさと納税 モノから共感できるコトへ

ふるさと納税の受け入れ総額がどんどん増えている一方で、ふるさと納税のあり方を含め、様々な問題が出てきているようです

総務省が公表している「ふるさと納税に関する現況調査結果」によると、
自治体間における返礼品の加熱競争が起こっている反面、納税してもらったお金の使い道への意識が低いという傾向も見られます

いわゆる「モノで釣る」だけに重点を置くだけではなく、今後は、自治体がめざすビジョンや自治体が力を入れてやろうとする施策=「コト」に共感させる工夫という部分での自治体間競争が注目されてもいいのかなとも感じます

三木市も例外ではなく、ふるさと納税の額は、近年、右肩上がりの状況のようです
人気の返礼品は、それ自体評価されているからこそ、ふるさと納税の総額が増えることに繋がるわけで、そのこと自体は確かに素晴らしいことなのですが、
返礼品の充実という部分に力を注ぐ以外に、もう一捻り出来ないものか、「モノ」だけではなく、「コト」に繋がるような仕掛けが出来ないものでしょうか?

三木の特色を活かした、ふるさと納税の仕掛けがうまくできれば、それはそれで、他の自治体から注目を浴びるきっかけにもなるような気がします



[PR]
by kkamoike | 2017-08-07 18:40 | みっきぃふるさとふれあい公園 | Comments(0)

市議会との連携

昨日は、仲田市長の所信表明があるということだったので、久しぶりに市議会の内容を聞きました

仲田市長が選挙で掲げられた三木市の課題とその対応策を基本に、堅実な市政運営を目指していきたいという決意が感じられる素晴らしい所信表明演説でした

また、新しく2名の副市長も決まりました
幹部慰労会の問題という前市長の残した問題が未だ解決に至っていない状況下ではありますが、現時点での一定の体制が整いました

そんな中、さぁこれからという矢先に水をさされる新たな事件が勃発しました
それは、この議会でもう1つ審議された百条委員会に関する審議の中での出来事です

三木新党のK議員が賛成討論の中で、あろうことか、不正アクセスに関わった職員の所属とイニシャルを述べられたのです
私は、一瞬、耳を疑いましたが、他の議員からヤジは飛んでいたものの、動議もなく、そのまま議会は終了しました

私が疑問に感じたのは、次の3点です
①何故、この議員は所属とイニシャルを知っているのか?どこから情報を入手したのか?
②イニシャルとは言え、限られた組織の中では、個人が特定されかねません、このことは、個人情報の漏洩にあたらないのか?
③他の議員が誰一人として、この発言内容を問題として捉え、議会人として対処しようと行動を起こさなかったのはなぜか?

議会という神聖な場で、問題発言を問題発言と認識せず、発言する議員
また、問題発言があっても、それをおかしいと言わない?言えない?議員の方達

百条委員会では、議会で虚偽答弁をした職員も事情を聞かれると思われますが、追求するこの方達の今回の問題発言に対する意識、行動、対応を見る限り、本当に百条委員会が正しく、適切に機能するのかどうか、甚だ疑問です
そもそも、このような方達に追求できる資格があるのかどうか

奇しくも、仲田市長の所信表明では、市議会との連携を一番のポイントに挙げられていたと受け取りましたが、肝心の市議会がこの程度のレベルでは、いやはやなんとも心許ないと言わざるを得ません

くれぐれも仲田市政の足を引っ張るようなことだけはないようによろしくお願いします

[PR]
by kkamoike | 2017-08-04 05:34 | 三木市政 | Comments(0)

R175が見て、聞いて、読んで感じたことを書き綴ります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31