どうぶつのつぶや記

<   2017年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

買い物とは、どんな社会に一票を投じるかということ

「買い物とは、どんな社会に一票を投じるかということ」
これは、あるフェアトレードの店舗で目にしたキャッチフレーズです。

選挙で、候補者を選ぶという行為は、ある意味、「まちづくり」、もう少し違う視点でいうと「社会のあり方」を選択するという、非常に大きな買い物であるといえます。

私たちは、その一票で、「まち」や「社会」を選択できる権利、自分の意見が言える権利を得ることが出来ます。
そして、最終的には、良い意味でも、悪い意味でも、その買い物で得た恩恵は、さまざまな形で、このまちに住む私たちや、将来このまちに住む人たちに還元されることになります。

2017年7月2日
あなたは、どんな「まち」や「社会」に向け、一票を投じますか?


[PR]
by kkamoike | 2017-06-21 19:20 | 三木市政 | Comments(0)

三木に、今一番必要なこと、それは、

「生き残りをかけた」とか、「命運をかけた」とか、
社会がものすごいスピードでどんどん変わり、先の見通しが立てにくい時代であることをみんなが実感している中で、そのようなことを必要以上に強調したり、煽ったりすることに、何の意図や狙いがあるのだろうか。

大事なのは、リーダーが常に待ったなしの状況であることを前提として、どういう方向性を打ち出すか、三木のカラーを創り上げていくのかだと思います。
そのためにも、三木に、今一番必要なこと、それは、失われた信頼の回復、そして自信と誇りを取り戻すことではないでしょうか。

まずは、三木に住む人や自然、恵まれた様々な施設やサービス、それら一つにひとつに磨きをかけていくことで、新生三木のイメージを市の内外に示し、三木の果たすべき役割を一つひとつ確実に、実直にこなしていく姿勢、そして何より、どの様な局面においても「誠実」であり続けることではないかと思います。

それは非常に困難で険しい道のりかもしれません。
しかし、子どもたちに伝統ある三木の素晴らしさを継承し、子どもたちに胸を張って自慢してもらえるふるさとを創り上げていくためにも、今こそ、三木市民が持ち合わせている先見性と心意気を一つのベクトルに合わせていくことこそが、私たち大人に課せられた使命ではないかと思います。


[PR]
by kkamoike | 2017-06-19 06:10 | 三木市政 | Comments(0)