ブログトップ

どうぶつのつぶや記

カテゴリ:みっきぃふるさとふれあい公園( 50 )

まちづくりの分岐点

神戸新聞に掲載されていた記事を抜粋して引用します。

厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所は24日、2005年と比べ30年後の35年に人口が減少する市区町村は約92%に達するとの推計を発表した。65歳以上の人口が4割以上を占める自治体の割合が約42%に増加し、65歳以上が過半数の「限界集落」同様の状態となるところも約7%に達するという
(中略)
人口が減少する自治体は全体の91・9%に上り、うち20%以上減少が64・0%に達した。大都市圏やベッドタウンを除くほとんどの自治体が減少傾向。人口が5000人未満の自治体は05年の12・6%から、35年には20・4%になる見込み。
年齢別推計では、65歳以上の人口が4割以上を占める自治体の割合が、2・8%から41・7%に増加。65歳以上が過半数の限界集落状態となる自治体も132(7・3%)あった。逆に14歳以下の人口が40%以上減少する自治体は、74・3%に上る。



この記事によると、日本の国、ほとんどの地方自治体は、確実に人口減少へと進んでいくようです。
一方、65歳以上の人口の割合はこれからもどんどん増え続けていきます。


これからのまちづくりは、これまでの拡大路線、ハコモノ建設ラッシュから、いかにしてコンパクトシティをめざし、効率良く施設などを縮小、再編していけるかということが求められてくるということでしょうか。


今後の人口推移をどう予測し、どのようなまちづくりをすすめていくのか、30年先を見越したまちづくりのコンセプトを今から打ち出し、方向転換を図っていっても決して時期尚早ではないように感じます。


当然、そこには、ハコモノ行政よりも、まちづくりを担うマンパワーの存在、意欲、活躍が欠かせません。そういうマンパワーを育てる風土づくりや仕組みづくりにより重点を置くことが大切なのだと思います。
[PR]
by kkamoike | 2008-12-24 22:15 | みっきぃふるさとふれあい公園 | Comments(4)

樋渡イズムから学ぶべきこと

前☆武雄市長物語に、樋渡さんのまちづくりに対する考え方が書かれあります。
その奥深さに圧倒されると同時に、人々に夢と希望を与える内容に、三木市に住む人間として、うらやましさを感じました。


先日の雑感日記でもそのことが取り上げられていましたが、rfuruyaさん曰く、その様なうらやましい気持ちにさせる根底にあるものは、物事に対応するときの、その人の誠意や態度(スタンス)の違いだとおっしゃっておられます。
同じような苦しい状況におかれても、発展的に物事を考え、さらに前へ前へ、創造的に取り組んでいくスタンスと、物事を悲観的に捉え、脅迫ともとれる謳い文句で危機感を煽り、我慢ばかりを強要しようとするスタンスとでは、それを肌で感じる住民の気持ち(モチベーション)がどれ程違うのかは想像に難くありません。


そんな中、さるとるさんが高校の生徒たちに伝えた言葉(樋渡イズム)が印象的でした。
〝自分たちの住んでいるまちに誇りを持つことができるようになるためには、外から評価されることが一番。外から評価されるには、まずは、知っていただく努力をすることが最優先事項。〟

誰だって自分の住むまちの悪い部分ばかりを強調されたくはありません。
たとえ、将来、財政危機に陥る可能性があったとしても、「宣言」をしてまで三木の悪い評価を全国に知らしめる必要がどこにあるのでしょうか。


マイナスの思考からは、不安な気持ちやマイナスの行動しか生まれません。
この世の中ですから、どこの自治体にもマイナス要素の一つや二つはあるでしょう。
しかし、三木市の将来を担う子どもたちや三木市に住む全ての人たちが、少しでも夢と希望が持てる三木市を全国に発信していこうとする取組こそが、三木市を元気にするただ一つの、最も有効な手段であると確信します。
そして、それこそが、現在の薮本市政に求められる最重要課題なのではないかと感じています。
[PR]
by kkamoike | 2008-12-22 23:32 | みっきぃふるさとふれあい公園 | Comments(2)

rfuruyaさんの言葉、樋渡さんの言葉

前々回の「お客様満足と自己実現」という記事は、rfuruyaさんのこんな記事の中にあった「CS」という言葉から端を発して書いたものでしたが、その後、rfuruyaさんのエキサイトに補足説明が、goo にはさらに発展的な内容として「目線がどこにあるのか?」という記事が書かれています。
そのgooの記事の中で、こんな記述がありました。


『いろんなものごとに『対応する目線』が近すぎるのだと思う。
企業も行政も、『もっと遠く』を視野に入れるべきだと思っている。
行政の首長さんも、近くばかり見て、選挙の票を持っている人たちばかりを意識する、『選挙運動のような』行政をやられすぎである。
武雄の樋渡さんが面白いと思うのは、
目線が武雄市以外、遠くへ、末端に向いていることである。
何の関係もないような他市の一般の人たちのメールにも直ぐ、ホントに直ぐ応えられるようである。
「レモングラス」という武雄の力を入れている事柄ではあるが、市長の激務を縫っての自らの対応である。
小さなことのようだが、
『目線が遠くにないと』大きい仕事は出来ないのだと思う。』


後段部分をそのまま引用させていただきましたが、実は、昨日アップした記事「政治家の言葉」を書いたときにも、武雄の「レモングラス」や「GABBA」、「楼門朝市」などが頭をよぎりました。

これは、先日、武雄市長物語でレモングラスのことが書かれてあった記事の一部分です。

いずれにしても、この武雄育ちのレモングラス。広告宣伝効果を含めれば、投資効果は抜群にあると思いますし、何よりも、「やればできるんだ!」という気持ちが少しでも芽生えればいいですね。
中山間地農業再生のきっかけ、多くの農業生産者の皆さんの所得向上につながってほしいと考えています。


「武雄市長物語」を読んでいると、様々なアプローチで、地域を盛り上げようとする樋渡さんの想いがこれでもかこれでもかというぐらい伝わってきます。

そこには、rfuruyaさんのおっしゃる「近くばかり見て、選挙の票を持っている人たちばかりを意識する、『選挙運動のような』行政」というイメージも、「上っ面だけの『綺麗な、上手な言葉』」、「極めて当たり障りのない、ありきたりの言葉」もありません。

住民を勇気づける「言葉」や「想い」がそこには溢れています。
そしてその「言葉」や「行動」は、単に武雄市民だけに向けられたものではなく、全国で試行錯誤しながら頑張っている、同じ地方自治体への熱いメッセージでもあるのだと感じました。
[PR]
by kkamoike | 2008-10-26 07:03 | みっきぃふるさとふれあい公園 | Comments(4)

地域で子どもを育てる環境づくり

前回は、「校庭の芝生化」について書きましたが、このようなスポーツを楽しむ環境、癒しをもたらしてくれる環境、交流が活発化する環境を地域の人たちと共有すること、もしくは、月に何日かでも地域の人たちに開放することで、学校に通う人たちだけでなく、地域の人たちにもその素晴らしさを実感していただくことができるのではないでしょうか。

そうすることで、地域の人たちと子どもたちの交流、地域の人同士の交流が自然に生まれてくるのではないかとも思います。

今日の神戸新聞には、兵庫県が「まちの寺子屋」認定事業をはじめたというニュースが出ていました。

子どもにこま回しやお手玉といった昔遊びを教えながら、「あいさつをする」「靴をそろえる」などの世の中のルールを伝える団体·グループを「まちの寺子屋」として認定することにし、子育ての輪を地域に広げ、孤立しがちな家庭での子育ての支援を目的とした事業を始めたそうです。


地域で子どもたちを守り、子育てを支援していこうという動きがいろんな形で活発化してきているようですね。


私はアフタースクール事業を否定するわけではありませんが、どっちを選択しますかと聞かれた場合、個人的には、子どもの成長を考えたとき、このような「まちの寺子屋」のようなところに子どもを預けるのも面白いのではないかと感じました。

そして欲をいえば、小学校の高学年や中学生になっても、大人たちに混じって一緒に、低学年の世話や面倒を見てあげたり、一緒に宿題をしたりする。そんな環境の中で、年相応の役割を感じ取ってもらえれば、子どもたちの自覚も自然と身についてくるのではないかと感じました。
[PR]
by kkamoike | 2008-10-22 21:31 | みっきぃふるさとふれあい公園 | Comments(0)

校庭の芝生化

先日の続きです。
川淵三郎元Jリーグチェアマンの話の中に、もう一つ興味深い話がありました。
それが、今日のタイトルの「校庭の芝生化」です。


「スポーツ文化」を根付かせるお話の中でおっしゃったのですが、「校庭の芝生化」と聞いて、私が感じたのは、芝生を植えるのはいいけれども、学校側で維持管理するのは大変だろうし、予算面から考えても大変なのだから、結局は企画倒れになるんじゃないのかということです。


しかし、川淵さんから出た言葉は私にとって意外なものでした。

芝生になれば、そこで滑り込んだり、寝転んだり、はしゃいだり、緑化にもなり、みんなに癒しを与えてくれる。
何より、子どもたちに身近に芝生の上で遊んだりスポーツをしたりできる素晴らしい環境が整う。
そうすれば、子どもたちや学校関係者だけでなく、親や地域の人たち、みんなが芝生の素晴らしさが実感できて、芝生がもたらす生活の豊かさもみんなが実感できるようになる。
その結果、みんなで芝生を大事にしよう、自分たちの芝生を守ろうという意識が生まれ、自分たちの手で、大切にしようということになる。
芝生のありがたさが分からない学校では、自分たちの手で芝生を守るという意識は生まれない。
そのようなところでは、結局、「スポーツ文化」も根付かせることはできない。···

確かこのようなお話をされていたと思います。


なるほど、本当の意味での「スポーツ文化」を育む環境づくりというのは、誰かが維持してくれるという受身の意識ではなく、自分たちの手で環境を維持していこうという自主的な意識を持つことから生まれるものだとあらためて気づかされました。


当たり前のことといえばあたりまえのことなのですが、いつの間にか、私たちは何かにつけて与えられた環境を維持してもらうことも当たり前だと感じてしまっているのかもしれません。
与えれた素晴らしい環境を、自分たちの財産と受け止め、後世に残すも残さないのも、自分たちの意識の持ち方次第ということでしょうか。

「校庭を芝生化する」ことが目的になってしまうと、本来の目的を見失ってしまうということですね。
[PR]
by kkamoike | 2008-10-21 21:12 | みっきぃふるさとふれあい公園 | Comments(4)

「スポーツ文化」という考え方

抜けるような青空が広がっています。
スポーツの秋ですね。


先日、元Jリーグチェアマンの川淵三郎さんが「スポーツ文化」についてお話をされていました。

子供の野球やサッカーの練習に仕事帰りのお父さんが駆け付ける、そしてたまには子供たちや指導者と一緒に練習をする。
また、今日の夜は地域のバレーボール大会にむけての練習だから残業しないで早く家に帰る、そして子供と一緒に参加する。
海外では当たり前のことが、日本ではなかなか定着しない、しにくいのだそうです。
スポーツを特別なものとして考えるのではなく、普段の生活の一部として考え、スポーツを文化として定着させていくことが大事ではないかとおっしゃっておられました。


自分自身の健康管理だけではなく、家族や地域との交流が日常生活の中で当たり前の習慣になる。「スポーツ文化」を根付かせることは、地域を元気にすることにもつながります。


子供の頃から地域文化の一つにスポーツがあり、地域交流の場として当たり前に機能しているのなら、歳がいってから何をしようか、うまく地域に溶け込めるだろうかと、その時になって右往左往したり、不安になったりすることもなくなるのではないでしょうか。


歳がいってから打つ手を考える高齢化対策はなく、子供の頃から地域での暮らしの中で「スポーツ文化」に触れる環境を整えることで、自らの健康づくりだけでなく、今の地域社会が抱える様々な問題解決の糸口が掴めるかもしれません。

三木市には、そのような習慣を根付かせ、他の自治体の模範となるだけの環境が十分に備わっている、そんな気がします。
[PR]
by kkamoike | 2008-10-19 11:08 | みっきぃふるさとふれあい公園 | Comments(8)

自然とあそべるコンサート会場

三木には自然がいっぱいありますよね。
そして音楽に合いそうな景色や場所がたくさんある、そんな気がしませんか?

すでに三木山森林公園にある森の音楽ホールは有名ですが、立派なホールや建物を造らなくても、自然のなかで、自然をバックに音楽が聞ける場所は、この三木山森林公園のほかにもグリーンピア三木やホースランドパーク、そして昨日、ローバーさんのブログにもコメントしたのですが、あの三条市長日記でも紹介されていた、ぶどう園でのコンサートなんかも自然とあそべるコンサート会場にびったりですよね。
この他にも、さるとるさんたちが頑張った美嚢川キャンドルナイトのコンサートもイメージにピッタリですが、自然と異空間を交ぜた演出としては、ゴルフ場のクラブハウスやレストランなんかでライトアップしたコースをバックに演奏するのも結構いけるかも···

以前、浜辺にある小さなまちが、波の音だけを聞く波の音コンサートや波の音をバックにコンサートを楽しむイベントがあって癒しを求める都会の人たちにウケているというような話があったのを記憶しています。

三木の場合、波の音は聞こえませんが、鳥の囀りなんかをバックに、あるいは、自然そのままをバックに、映える緑をバックに音楽が聞けたら、それだけで間違いなく異空間になりますよね···


たとえば、こんなネーミングなんてどうでしょうか?
「みどりのコンサート」~三木で夢心地なリラックス気分を~

みどりの「み」は「三木」の「み」、「ど」は「ドリーム」、「り」は「リラックス」
かなり強引ですがお許しください(笑)

でもこんなイメージで三木をPRするのもおもしろいかもしれませんね。
そしてもっと欲を言えば、三木出身の上北さんがリードボーカルをつとめるアカペラグループ宝船さんに、素敵な歌声によるイメージソングなんかを考えていただければ完璧だと思うのですが。

かなり妄想モード突入で申し訳ないのですが、今回は、思い付いたことをそのまま書いてみました。
[PR]
by kkamoike | 2008-09-08 07:02 | みっきぃふるさとふれあい公園 | Comments(4)

今より早い時期はない

ビーンズドームをはじめとした県の総合防災公園の動きが活発になってきました。
県も財政難の中、これだけの資金を投入した箱モノの稼働率を何とか上げていこうという意気込みが感じられます。
県の施設とはいえ、これほどのスケールの大きな施設、集客力のある施設のメリットを活かさない手はないと思います。



最近話題となっているスポーツ振興に絡めていえば、三木ほどのスポーツ施設の種類や数、質が伴った自治体が他にあるでしょうか。



ゴルフ場は西日本一の数とトーナメントも数多く開催されるほどのレベルの高さを誇り、テニス場はビーンズドームをはじめ国体の軟式テニスの会場にもなったコートが数知れず、他府県からも利用に来られる方がいるぐらい有名なグランドゴルフ場やスケートボードパークもあるし、国体の馬術競技の会場にもなり、乗馬や野外活動、キャンプなども楽しむことができるホースランドパーク、三木山森林公園ではネイチャーゲームなんかも楽しめる。屋内プールも数ヵ所ある。
グリーンピア三木では屋外のレジャーやファミリースポーツが存分に楽しめる。



ありがたいことに、県がこれから積極的に動きだしてくれると、三木の知名度やPRは自然に広がっていくのは間違いないでしょう。
しかし、県任せというのも勿体ない気がします。
市がもっと積極的に関われないものかと···。



県が動き出した今こそ、この動きに便乗して三木の魅力を再発見してもらったり、三木の本当の魅力をまだ知らない人たちに情報発信するチャンスと心得るべきです。
その上で、しかるべき手を打つぐらいのしたたかさを見せてもらいたいものです。
今から考えるようでは正直遅いくらいでしょうが、今より早い時期はないのですから。
[PR]
by kkamoike | 2008-09-01 23:24 | みっきぃふるさとふれあい公園 | Comments(0)

子育て支援という視点からスポーツ振興を考えてみた

今、私の周りのブログでは、「スポーツ振興」がテーマとしてさかんに取り上げられています。
私も「スポーツ」によるまちおこしは、非常に面白く、可能性を感じています。



「スポーツ」でイメージする言葉···
「健康」、「さわやか」、「交流」、「夢」など···

「スポーツ」のいいところ···
老若男女問わず楽しめること、リフレッシュできること、継続的に楽しめることなど···

「スポーツ」を通して実現が期待出来ること···
地域おこし、市民同士の交流、世代間交流、地域間交流、他市との交流、子どもの健全育成、健康づくり、介護予防など···
以上、かなり強引な分類でしたが、結局何を言いたかったのかといいますと、
「スポーツ」という言葉からマイナスイメージはまず生まれてこないということが、最大のメリットではないかということです。



例えば、子どもたちに喜んでもらえるような、スポーツ振興策を考えるだけでもワクワクしてきますよね。

さるとるさんがおっしゃっておられたように三木にある素晴らしい施設が子どもたちをはじめ市民であれば優先して割安で利用することができたり、各施設を利用する際は、公共交通のフリーパスが使えたり、先日「ブログdeみっきい」で紹介されていたジュニアゴルフのようなものをイベント化したりして子どもたちにスポーツに親しんでもらう機会を多くつくったり、将来のプロスポーツ選手を目指す子どもたちのために本格的な教室を開催したり···



「子育て」施策は、福祉医療や保育所、学校などに限定されるというような考え方からは脱却して、スポーツ振興の具体策として子どもたちに喜んでもらえるようなサービスや取り組みを市全体で考えれば、子どもたちの心に直接訴えかける何かが生まれるのではないかと思うのですが。

子どもたちにいいイメージを持ってもらえたら、親もそれを感じ、三木に対していいイメージを持ってもらえるはず···子どもたちが喜ぶものは、大人も楽しめるはず。
子どもたちに受けるものは、やがてブームとなり、口コミで広がる。
三木のイメージは放っておいても広がっていくはずです。

こんなに上手くいくかどうかはわかりませんが、いずれにしても、子どもたちに夢を与える施策に勝る子育て支援はないのではと思うのです。
親の目線で考える子育て支援ももちろん必要でしょうが、子どもたちが夢中になる施策を考えることもこれからの時代は必要になってくるのではないかと私は思います。
[PR]
by kkamoike | 2008-08-26 20:39 | みっきぃふるさとふれあい公園 | Comments(2)

つながりを広げるということ

自分の関わりのあることぐらいしか知らない人達は以外と多いのではないでしょうか。
子育てや介護など、日々の生活に追われて知りたくても時間的な余裕がない。
またパソコンが普及し、ITの時代となったとはいえ、特に高齢者の間では、そのようなものとは無縁の人達が私の住む地域でもまだまだ多いのが現状です。
でも実際、そんな人がほとんどではないかと正直思います。
ふれあいや交流といった掛け声とは逆に、目に見えない地域間の断絶、世代間の断絶、そして自分が属する職場や組織、団体間での断絶が広がってきているような不安を感じるときがあります。



今朝、rfuruya2さんが、三木市の「ブログdeみっきい」のことを紹介されていました。
ここ一週間ほどチェックしていなかったのですが、確かに、ここ数回の記事の充実ぶりには目を見張るものがあると感じました。
ブログの写真や文章も確かにいいのですが、私が注目したのは、書いている人の視点です。
以前、このブログでも紹介しましたが、さるとるさんや武雄人さんたちの「目の付け所が違う」のとよく似た感じなのですが、そこには、市としてのメッセージ、市職員としての市民同士のつながりをいかにコーディネートしていくのかという、私達一般のブログとは違う別の視点から発信されつつあると感じています。



その根底にあるもの・・・
それは、
市内には、こんなにも生き生きとした、躍動感溢れる活動や取組をされている人達がいることを知ってほしい。
その人達同士の中だけに終わらせておくのは勿体ない。
そのような想いなのではないかと感じるのです。


冒頭に書いたような知りたくても情報が得にくい人達、また、今はそんな活動に全く関心がない人達にも、そのような素晴らしい取組を伝えていくことで、新たな気持ちを思い起こさせたり、新たな行動につなげていくきっかけを与えてたりするのも、行政における広報の重要な使命なのだと思います。
そういう意味で、「ブログdeみっきい」のこれからに期待したいと思います。
広報紙でもこんなメッセージ性のある内容が増えれば、市内だけでなく、市外に向けたメッセージとしても十分通用する紙面づくりが期待できるのではないかと感じました。
[PR]
by kkamoike | 2008-08-23 09:03 | みっきぃふるさとふれあい公園 | Comments(5)

R175が見て、聞いて、読んで感じたことを書き綴ります。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31