どうぶつのつぶや記

市の経営者としての責任を放棄した市長と受け狙いの判断しかできない議員たち

6月市議会、職員給与の削減条例が共産党を除く賛成多数で可決されたそうです。
市長は、市民病院の長期貸付を行わなかった理由として、職員の給与費削減の目途が立たなかったためと恥ずかしげもなくおっしゃっていますが、本当に病院を何とか立て直したいしたいと思うのなら、削減案が継続審議になったからといって、すぐに経営改善への取組を自ら投げ出すようなことをするのではなく、削減が実現するまで何が何でもしのぐべきだったと思います。
さらに、削減がいつまでも実現しないのでは話になりませんので、経営者として、きちんと労使交渉の席で話を付ける努力が必要だったわけです。
しかし、残念ながら、今の市長には、危機的状況の中で本気で自分が管理する組織や人たちと真正面から向き合う気概も覚悟もなかったということです。


市長が市長なら議員も議員です。
給与費削減については、前回、労使間の合意がなされていないからという理由で継続審議に至ったと記憶しています。
今回、共産党の大眉議員さんのブログで紹介されている反対討論の全文によると、依然、合意がなされていないため共産党は反対という立場を取っておられます。
一方、前回の3月議会で継続審議にしておきながら、今回、賛成に回った議員の方たちからは、最終日に賛成討論すらなされなかったようです。
前回同様、労使間での合意がなされていないにもかかわらず、なぜ今回は賛成したのか、その説明責任がまったく果たせていません。
私からすれば、
「職員からの受けも大事だから一回ぐらい反対しとこか」、
「今回は、いつまでも反対していたら市民の受けが悪くなりそうだからそろそろ賛成しとこか」
というぐらいの判断だったとしか受け取れません。
これなら、最初から賛成している、「市長派議員」と揶揄されている方たちのほうが、判断の中身はともかく、まだ一貫性があるだけマシです。
なんだかんだ言って、皆さん、本当は「市長派」なんじゃないんですか?
ちょっと反対するポーズを見せているだけなんじゃないですか?
まさか独裁政治に陥りやすいオール与党体制なんてことないですよね?···


「前回反対して、なぜ今回賛成したのか」という一番大事な部分について、しっかりとした賛成討論もしないまま簡単に賛成に回るぐらいなら、最初から反対などせずに賛成しときなさいよと言いたいです。
それこそ、まさに時間とお金の無駄遣いのなにものでもありません。
そして、それが原因で、わずか数年後に統合に伴い廃止されることが決まっている現在の市民病院のために、本来、その必要のなかった外部監査費用まで支払わなければならなくなってしまい、自ら廃止、縮小などの決断すらできない市長の策略に、これいいことにまんまと乗せられてしまう始末です。


三木市が全国初の『財政危機宣言』が発せられたのもわかるような気がします。
市長さんも議員さんも一体何がしたいんですか?
三木の政治家さん、もっと市民のことを第一に考え、行動してくださいよ。
そしてお願いですから市民の税金を無駄にしないでください。
本当に危機意識持っておられますか?
[PR]
by kkamoike | 2009-06-27 00:01 | 三木市政 | Comments(5)
Commented at 2009-07-02 00:45 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2009-07-02 00:45 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kkamoike at 2009-07-02 18:26
鍵コメさま
はじめまして!
おっしゃりたいことはよくわかります。
確かに、執行権のある側に歩み寄る気持ちがないという一言に尽きるのかもしれません。
違法ではないのでしょうが、うまく法を使いこなして、自分に有利な状況を作り出し、議会はなす術なしといったところでしょうか。
このようなことが市政運営がきちんと機能しなていない状況を作り出しているのかもしれませんね。
この状況が、将来の世代に負担を強いることになっているというご心配もごもっともです。
今後ともよろしくお願いします。
Commented at 2009-07-04 01:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kkamoike at 2009-07-06 18:44
鍵コメさま
そのような言葉を、かけていただけるだけで光栄です。
私自身、まだまだ勉強しなければならないことばかりで、本当に微力ですが、これからも自分にできることを見つけてやっていきたいと思っています。
三木のまちが少しでも良い方向に発展するよう、これからも一緒に見守っていきましょうね!