どうぶつのつぶや記

政策の判断はドライでシンプルに、市民への説明はウエットできめ細かく

市民を路頭に迷わさないように、市民にとって最も安全な策を選択し、その実現に向けて関係者に理解を求める努力を怠らないことこそが為政者としての役割だと思います。
今、全国の自治体病院を揺るがしている経営危機問題ですが、これは何も三木市に限ったことではありません。
市民病院の経営が行き詰まり、身動きが取れなくなってしまう前に、何らかの手を打たなければならないという決断や選択を迫られるリーダーは全国各地に存在していると思われます。
しかし、その問題解決に向けた視点、アプローチの方法などは、リーダーによって大きく異なるようです。


あるリーダーは、
『病院だけでなく、市そのものが崩壊の危機に直面している。
だから、市全体の歳出を見直し、削減を図ることが必要である。
人件費カットができなければ、①市民病院が今年度から経営健全化病院に転落、②市民の皆様への負担がさらに拡大、③市が5年先に財政再生団体に転落、④他市との統合病院の実現が困難』といいます。

また、あるリーダーは
『市民病院自体が巨額な財政赤字を抱え、数年後には破産する可能性が極めて大きかった。市民病院の破綻が引き金となり、市全体の財政が回らなくなることから、しっかりした病院にお任せすることが、地域医療の維持向上につながると判断した。」といいます。


両者の言葉は、一見同じスタンスに基づいた主張のように見えるかもしれませんが、実は改革の方向性は180度異なります。


前者は、三木市長の改革についての考え方です。
何としてでも現状の病院の体制を維持しようとする意図が伺えます。
市全体で改革を実行しなければ、病院を守り続けるどころか市自体が破綻してしまうという論法です。そこには、たとえ病院経営において赤字が増え続けようとも、市が最後まで面倒を見つづける、病院の経営と市の経営は一心同体であることを前提としているようにも思えます。
しかし、この考え方は、問題の元凶となることに真正面から向き合い、自らメスを入れて根本的な解決を図ろうとするものではないと思います。
その一方で、職員の方たちの給与カットについては、並々ならぬ意欲を示されているようですが、私から言わせれば、単に手をつけやすいところから手をつけただけで、根本的な解決には結びつかない、何の努力も伴わない改革(改革といえるのかどうか大きな疑問がありますが、とりあえず「改革」と表現しておきましょう。)に終始しているだけだと言わざるを得ません。
三木市長の考え方は、見方を変えれば、市民病院も市全体も同じ重要度があるという認識の表れなのかもしれませんが、それは、言葉を換えれば、問題を解決する上での優先順位が決められない優柔不断なリーダーの典型であり、本当の危機に直面した際にはまず通用しない対応であると思います。


一方、後者は武雄市長の改革についての考え方です。
問題の本質に真正面から向き合い、その原因となっているものを根本から見直していこうとする姿勢が伺えます。
そこには、問題解決に向けた改革に着手する優先順位をはっきりとつけることはもとより、改革の対象をごっちゃにしない、極めてドライでシンプルな考え方に基づいた手法が示されています。
その上で、市長の考えを市民にも共有してもらうべく、市民へのウェットできめ細かな説明責任を果たそうとする市長の熱い想いが伝わってきます。


リーダーの考え方、決断、改革に向けた取り組みによっては、市民の将来の生活も180度変わる可能性もあり得るということです。
[PR]
by kkamoike | 2009-06-10 22:27 | リーダーの条件 | Comments(0)