ブログトップ

どうぶつのつぶや記

拝啓、議員の皆様へ「いよいよ本来の6月議会がはじまります」

すでに6月議会は始まっています。
当ブログでもこれまで、この6月議会に照準を合わせて、気になる問題を記事として取り上げてきました。
病院統合の件もそうですが、その他に、私が今回の議会で懸念していたことは、前回の3月議会で継続審議や否決とされた議案に対する審議についてでした。
その理由は、皆さんも既におわかりだと思いますが、
偏った内容の市民アンケートによって集計された結果が「民意」とされてしまい、本当に市のため、市民のために有益な政策かどうかの議論が置き去りにされたまま、ゴリ押しされてしまうのではないかという心配からでした。


そんな中、
これまで私たちが主張してきたことと同じような論調の記事が、今朝の神戸新聞三木版で大きく取り上げられていました。
「公平性に疑問の声」議会反対の施策取り上げ市主張に手厚く(神戸新聞)
今年3月の三木市会で議会が反対し可決されなかった事業などについて同市が実施した市民アンケートの設問が、それぞれ市側の主張に10行前後を費やしているのに対し、議会の反対理由はわずか1、2行にされていたことが分かった。市側に有利な参考資料も付けており、専門家らも「公平性に欠ける」と疑問を投げかけている。



この新聞記事をうけてかどうかわかりませんが、市のホームページにはようやく、アンケートの様式、内容などがアップされました。
これまで、当ブログでもこのアンケートのことを取り上げてきましたが、市からの情報公開が一向にされないので、いつになったらアンケート様式がオープンにされるのかとやきもきしていたのですが、ようやく市が重い腰をあげたというか、あげざるを得ない状況に追いやられたというところでしょうか。
もし、神戸新聞が今回の記事を取り上げなければ、市民に対し、自分たちにとって都合の良い結果だけを公開するつもりだったのでしょうか?
しかし、本来、このようなアンケートの内容は、無作為抽出の一部の市民に実施したものとはいえ、税金を使って実施していることに違いないわけですから、等しく全市民が見られるようにしておくのが本来だと思います。
それをこの期に及んでようやくアップしたというのは、何かしらの意図があってのことと第三者から疑念を持たれてもしょうがありません。
いつもの「情報操作」といってしまえばそれまでなのですが···
このような愚かな市の対応はさておき、神戸新聞の姿勢については、こちらもようやく動き始めたかという印象はありますが、今回の件については、それらの評価を差し引いても、やはり、取材された記者のジャーナリズム魂というものを高く評価すべきだと感じました。
いずれにしても、神戸新聞のおかげで、ようやく議会が、本来の中立的な立場で、本来の取り上げるべき政策の中身について冷静かつ真剣な議論ができる環境が整えられたといえるのではないでしょうか。


拝啓、議員の皆様へ
いよいよ本来の6月議会がはじまります。
今回のアンケートは、議会の決定事項を平気で踏みにじる内容というだけではなく、善良な市民に対して行ったものとしては、背信行為ともとれる内容であったと私自身は感じています。
今回の議会の質疑において、このアンケート結果を持ち出す場合は、神戸新聞が主張されている問いかけ、多くの市民がおかしいと感じていることについて、議場という場できちんとわかりやすくアンケートの正当性、公平性について説明してからにしてください。
また、議員の中で、「○○チルドレン」などと称されている議員の皆様にお願いです。
皆様は、我々こそが改革派議員であり、現政権が推し進める方針と志を同じくしている市民派議員、いわゆる主流派であると自負しておられるのかもしれませんが、私からすれば、これほど政治家を馬鹿にした、議会を預かる議員として屈辱的な表現はないということをお伝えしておきましょう。
くれぐれもこれまでのように、通り一辺倒に市長を擁護するばかりの馬鹿な真似だけはせず、政策自体の「賛成」·「反対」はともかくとして、市民が感じている疑問や疑念に対しては、市に対して厳しく追求する姿勢で臨んでください。
そして何より、政治家として、議員として恥ずかしくない行動をお示しいただき、私たち市民をがっかりさせることがないようにお願いします。
[PR]
Commented by 市民2 at 2009-06-02 21:56 x
市のホームページの公表ですが、普通に何も考えずに一般の市民が見れば、なるほど、と思うんじゃありませんか?
市長が、こういう結果なんですよ!
だから今回の議会で通しますからね!
みたいな。
よく考えると、このアンケート、少しおかしいんじゃないかなあ?
と言う人と、こういう結果なんだと単に思ってしまう人が、どちらが多いかと言えば、後者じゃないですか?
市長の思う壺?
もっとも、神戸新聞の記事を見た人はそう言えばそうだなあ。
って思うと思いますが。
下に神戸新聞の記事載せときます。
Commented by 今朝の神戸新聞の記事 at 2009-06-02 22:10 x
R175さんの言われてる通り、今回の議会は、議員さん方は、ちゃんと市民を納得させる説明をしてください。
前回、市長は、数の力に・・・
と言っていましたが、自分こそ市長の立場を利用して、くだらないアンケートで多くの市民を騙そうとしているんじゃありませんか?
税金を使って、自分の有利に物事を進めようとしているんじゃありませんか?
市長!無駄なアンケートはやめてください!
私達の血税ですよ!
Commented by 無回答者 at 2009-06-02 23:59 x
私の家にもアンケートが来ました。家族みんなで、なんかおかしいよねって、話し合っていたんですが、結局、無回答で送り返しました。私達のような無回答の人はどれくらいいたんですかね???
それにしても、神戸新聞、あっぱれですよね。
私たち家族の判断もまんざら間違いではなかったってことかしら♪
また定期的に寄せていただきます。
Commented at 2009-06-03 13:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kkamoike at 2009-06-03 18:23
市民2さま、新聞記事コピーファイルまでご提供いただき、ありがとうございました。
それにしても市長は何がしたいの?と思ってしまうくらいの暴走ぶりですね。私たちには「暴走」に見えても、本人にとっては「常識」なのか、それとも単に「自分本位」なだけなのか···
政策の是非については、何も難しく考える必要はなく、最終的に市民にとって喜ばれるものかどうかだと思います。ただし、今回の継続審議となった市民パートナー、ふれあいバスなどは、サービスを受ける市民も、支える側の市民も双方が十分に納得できる内容かどうかが肝要だと思います。
前にも触れましたが、市民にも職員や議員にも負担をお願いしている市長自身が、コスト意識どころか、税金でこんなことして本当にいいの?と思ってしまうようなことを平気でしてしまうようでは、話になりませんよね。誰もついていかないんじゃないでしょうか。お金の大きい小さいの問題ではありません。
Commented by kkamoike at 2009-06-03 19:00
無回答者さま
コメントありがとうございました。
アンケート結果を見ましたが、アンケート自体(項目全体)を無回答で返した人は有効回答者数にカウントされているのかどうか、アップされている内容だけでは確かによくわかりませんね。
それ次第では、割合も違った結果になってくるかもしれませんね。
それにしても、神戸新聞、私もたいしたもんだと感心しました。
今後ともよろしくお願いします。
Commented by オンブズマン三木の記事 at 2009-06-03 22:47 x
市民2
この記事をみていると、市長が自分が有利になるように税金を投入したことは許し難いことです!
単純にこのアンケートに50万前後はかかっているんじゃありませんか?
推測ですが、市長は何考えているのでしょうね!
本当に暴走ですね!

Commented by 市民2 at 2009-06-03 23:04 x
市民パートナーは、もっときっちり説明して納得してもらえれば議員さんも反対はされないでしょう。説明が悪いのでは?
しかし予算100万なのに市長はアンケートにいくら使っているのでしょうね!
ふれあいバスですが、市長の説明では、「ご自宅の近くの集合場所等から、最寄の駅やバス停までの住民の方々の移動をお助けするための交通手段として、『(仮称)地域ふれあいバス』を提案し、市民の皆様の移動手段を確保します」で、
市議の反対理由は、「運営組織やルールづくりがこれからとなり、まだ予算を置く必要がないから」ですね。
広い三木市を10人乗りのワンボックス2台で市民に公平にカバーできるのでしょうか?
神戸新聞に書いてあったところの、短いコメントの方が的を得ていると思うのですが。
Commented by kkamoike at 2009-06-04 23:24
鍵コメさま
コメントのお礼が遅れまして申し訳ありませんでした。
あなたが感じていらっしゃることを私も感じています。
今後ともよろしくお願します。
Commented by kkamoike at 2009-06-04 23:31
市民2さま
コメントありがとうございました。
私は、何より地域の機運がまだまだ高まってきていないということに尽きるのではないかと思っています。
市がワンボックスを配備するのはいいのですが、最終的には運転は地域の人たちの手で運営していくわけですから、車両を整備するよりも、地域の中で継続的な運営組織を立ち上げていただくのが先ですよという議会の判断は正しいと思います。
市民パートナーにしても、議会の反対理由ももっともですが、私には有償ボランティアとどう違うのかがよくわかりません。報酬1000円でどの程度までまちづくりにかかわってもらおうとしているのかもよくわかりませんが、市が説明する「市が行うまちづくり分野の一部を担ってもらう」というのであれば、職員と同じような責任を持たされる割にはあまりにも失礼すぎる待遇のようにも思います。
職員と同じような役割を期待するのであれば、市が非常勤で雇ってそれなりの報酬を支払うのでもいいでしょうし、地域の判断で、地域の人を公民館に派遣する形をとってもらえばいいことだと思うのです。地域が必要ないと判断すればそのような役割の人を置く必要はないということでいいのではと思います。
Commented by 市民2 at 2009-06-06 11:25 x
上の書き込みで誤解を招くような書き込みしてしまいました。
すみません。私は賛成しているわけじゃありませんから。
>市民パートナーは、もっときっちり説明して納得してもらえれば議員さんも反対はされないでしょう。説明が悪いのでは?

何についてもそうなのですが、ちゃんと理屈の通った説明ができて納得してもらえれば、議員さんたちも頭から反対とは言われないでしょ。
頭から自分の考えを通すんだと、ろくな説明もしないくせに、くだらない答えを誘導したアンケートなど取っていかにも市民は自分に賛成だと言わんばかりに、力?で通そうとするから反対されるのがどうしてわからないのでしょうね。
しかし1000円で責任を持てってバカにしてますよね!
それと45歳で7%はR175さんも言われている通り、自分の言っている数字が45歳だったからそうしたと思います。こじつけですよね!
何考えているのか。
Commented by 市民2 at 2009-06-06 11:26 x
全くR175さんの書かれている通りだと思います。
Commented by kkamoike at 2009-06-07 07:32
>市民2さま
自分の考えること、やりたいことは、何でも通る、と考えていること自体、お子ちゃまですよね。
うちの子どもでも、小学生ですけど、その辺の分別くらいはついていますよ。
それにしても、市長の議会を軽視する姿勢、議会を馬鹿にする対応は目に余るものがありますよね。
今回の議会では、議員はきっちりと反論すべきでしょう。いつまでも馬鹿にされっぱなしでは情けなすぎます。

by kkamoike | 2009-06-02 20:59 | 三木市政 | Comments(13)

R175が見て、聞いて、読んで感じたことを書き綴ります。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31