どうぶつのつぶや記

拝啓、議員の皆様へ「いよいよ本来の6月議会がはじまります」

すでに6月議会は始まっています。
当ブログでもこれまで、この6月議会に照準を合わせて、気になる問題を記事として取り上げてきました。
病院統合の件もそうですが、その他に、私が今回の議会で懸念していたことは、前回の3月議会で継続審議や否決とされた議案に対する審議についてでした。
その理由は、皆さんも既におわかりだと思いますが、
偏った内容の市民アンケートによって集計された結果が「民意」とされてしまい、本当に市のため、市民のために有益な政策かどうかの議論が置き去りにされたまま、ゴリ押しされてしまうのではないかという心配からでした。


そんな中、
これまで私たちが主張してきたことと同じような論調の記事が、今朝の神戸新聞三木版で大きく取り上げられていました。
「公平性に疑問の声」議会反対の施策取り上げ市主張に手厚く(神戸新聞)
今年3月の三木市会で議会が反対し可決されなかった事業などについて同市が実施した市民アンケートの設問が、それぞれ市側の主張に10行前後を費やしているのに対し、議会の反対理由はわずか1、2行にされていたことが分かった。市側に有利な参考資料も付けており、専門家らも「公平性に欠ける」と疑問を投げかけている。



この新聞記事をうけてかどうかわかりませんが、市のホームページにはようやく、アンケートの様式、内容などがアップされました。
これまで、当ブログでもこのアンケートのことを取り上げてきましたが、市からの情報公開が一向にされないので、いつになったらアンケート様式がオープンにされるのかとやきもきしていたのですが、ようやく市が重い腰をあげたというか、あげざるを得ない状況に追いやられたというところでしょうか。
もし、神戸新聞が今回の記事を取り上げなければ、市民に対し、自分たちにとって都合の良い結果だけを公開するつもりだったのでしょうか?
しかし、本来、このようなアンケートの内容は、無作為抽出の一部の市民に実施したものとはいえ、税金を使って実施していることに違いないわけですから、等しく全市民が見られるようにしておくのが本来だと思います。
それをこの期に及んでようやくアップしたというのは、何かしらの意図があってのことと第三者から疑念を持たれてもしょうがありません。
いつもの「情報操作」といってしまえばそれまでなのですが···
このような愚かな市の対応はさておき、神戸新聞の姿勢については、こちらもようやく動き始めたかという印象はありますが、今回の件については、それらの評価を差し引いても、やはり、取材された記者のジャーナリズム魂というものを高く評価すべきだと感じました。
いずれにしても、神戸新聞のおかげで、ようやく議会が、本来の中立的な立場で、本来の取り上げるべき政策の中身について冷静かつ真剣な議論ができる環境が整えられたといえるのではないでしょうか。


拝啓、議員の皆様へ
いよいよ本来の6月議会がはじまります。
今回のアンケートは、議会の決定事項を平気で踏みにじる内容というだけではなく、善良な市民に対して行ったものとしては、背信行為ともとれる内容であったと私自身は感じています。
今回の議会の質疑において、このアンケート結果を持ち出す場合は、神戸新聞が主張されている問いかけ、多くの市民がおかしいと感じていることについて、議場という場できちんとわかりやすくアンケートの正当性、公平性について説明してからにしてください。
また、議員の中で、「○○チルドレン」などと称されている議員の皆様にお願いです。
皆様は、我々こそが改革派議員であり、現政権が推し進める方針と志を同じくしている市民派議員、いわゆる主流派であると自負しておられるのかもしれませんが、私からすれば、これほど政治家を馬鹿にした、議会を預かる議員として屈辱的な表現はないということをお伝えしておきましょう。
くれぐれもこれまでのように、通り一辺倒に市長を擁護するばかりの馬鹿な真似だけはせず、政策自体の「賛成」·「反対」はともかくとして、市民が感じている疑問や疑念に対しては、市に対して厳しく追求する姿勢で臨んでください。
そして何より、政治家として、議員として恥ずかしくない行動をお示しいただき、私たち市民をがっかりさせることがないようにお願いします。
[PR]
by kkamoike | 2009-06-02 20:59 | 三木市政