どうぶつのつぶや記

50億円の行方と・・・

建設費用の負担均等に 三木、小野統合病院(神戸新聞)
三木、小野市が計画する市民病院統合で、両市は二十五日、新病院建設の費用を原則的に両市で均等負担する、と発表した。人口は三木市が多いが、小野市内で建設することなどを考慮した。病院建設協議会設置が遅れたため、開業目標を当初の二〇一三年四月から、同年十月に半年間延期する方針も明らかにした。
神戸大も参加した第一回協議会が二十四日に開かれたことを受け、両市の市長が会見した。
人口は三木市が約八万人、小野市は約五万人で、統合病院は小野市内に建設する予定。それらを総合的に判断し、均等負担とした。
総事業費は、計画では約百三十億円だが、今後の協議で病床数(計画は四百床)の増加などが浮上すれば、百三十億円-二百億円程度に膨らむ可能性もあるとした。
協議会は当初、昨年末から今年一月の開催を予定していたが、費用負担を含めた両市の協議や、神戸大の人選に時間がかかったため、五カ月ほど設置が遅れた。
今後は、今年十一月に基本計画を策定、二〇一〇年二月にも一部事務組合を設立し、作業を進める。
三木市の薮本吉秀市長は「今後の自治体病院のあり方を左右する事業。絶対に成功させなければならない」と強調。小野市の蓬莱務市長は「将来を考え、長期的な視点で取り組んでいきたい」と話していた。


三木·小野市民病院統合構想:事業費は均等割り、両市合意 /兵庫(毎日新聞)
◇11月めどに基本計画
三木市と小野市の市民病院統合計画で、薮本吉秀·三木市長と蓬莱務·小野市長は25日、三木市役所で会見し、事業費は均等割りで合意したことを明らかにした。診療規模は400床(事業費約130億円)~500床(同200億円)で、11月をめどに基本計画を策定する。
費用の負担割合は▽均等割り▽人口割り▽所在地割り(建設地)で検討。人口は三木市が多く、建設地は小野市となるが、「将来の地域医療を考えて一緒に建設する」との考えから均等割りとした。
統合病院計画は、神戸大医学部が提案して昨年11月に両市が合意。従来のように自治体が病院を建設し、大学が医師を派遣するのではなく、高度医療や専門医の養成ができる医学部付属病院の機能を備えた「北播磨総合医療センター」を目指している。
両市は今月24日に統合病院建設協議会(会長、坪田紀明·兵庫医科大客員教授、11人)を設立。神戸大医学部付属病院副院長ら同協議会のオブザーバー2人と、医学部教授ら8人による「ワーキンググループ」の意見を聞きながら基本計画をまとめる。開院時期は当初予定の2013年春から半年遅れの同年秋を目標にしている。


今回は、関連記事の全文を掲載させていただきました。
ふむ、統合病院建設の総事業費130億円~200億円だそうです。
費用の面で合意した割には、かなりのドンブリ勘定といいますか、上下幅ありすぎるような気がしないでもないのですが、とても全国初の「財政危機宣言」を発した自治体とは思えないくらい大胆な行動です。


これでは、給与カットされる職員の方たちもたまったものではないでしょうね。
自分達の削減された給与によって捻出された財源が湯水の如く、しかも中身もしっかりと示されないまま使われるとあっては、モチベーションも下がるわけです。
我々市民にしてみても、病院は必要なものだからいくらかかってもしょうがないなどと悠長なことを言っている場合ではありません。


それにしても、行政が発信する情報と、市民が必要とする情報は、かならずしも一致しないものだと日ごろから所々で感じているわけですが、特に、今回の統合病院に関する情報は、発表当初から内容といいタイミングといい、チグハグしているような、そんな気がします。
まぁ、いろいろと水面下でこそこそとやってきたようなものですので、しょうがないと言えばしょうがないわけですが。


さて、本題にもどりましょう。
統合病院の建設事業費ですが、当初発表した資料では、総事業費は130億円でした。その内訳の中で、建物の積算が80億円(400床×@2000万円)となっていました。
今回、500床で200億円になる可能性もあるということですが、仮に1床あたりの単価が同じだとすれば、単純計算で見積もっても20億円の増加となります。
では、残る50億円は一体何に使われるのでしょうか?
建物のグレードを上げるつもりなのか、はたまた、当初の見込み誤りなのか、それとも、大学に言われるがまま費用のかかる最新鋭の医療機器を揃えないと手を引くよなんて言われちゃったのか···。
冗談はさておき、いずれにしても、はっきりとした説明はないままです。


そしてもう一つ、気がかりなことがあります。
それは、病院完成後の維持費の費用負担です。
現在の市民病院は年間20億円もの赤字が出ていたと記憶しています。
医師不足が原因とはいえ、今後、バラ色の計画で赤字から黒字に転換すればいいのですが、そんな保障はどこにもありません。
建設費の負担をどうするかを決めることも大事なことですが、将来どのような負担割合で病院事業を小野市と一緒に進めていくのか、そのことに関してもきっちりとした合意を今のうちから取りあわせておくことが、大事業を進める為政者の役目であると思うのですが。


(追記)
今回の記事、雑感日記で取り上げてきださいました。
さすがです。
説得力抜群です。
「無茶苦茶な計画?」
[PR]
by kkamoike | 2009-05-28 21:20 | 三木市政