どうぶつのつぶや記

「未来」に対して責任を持つということ

先日の記事に対して、市民2様から医療問題に関する詳しい資料1資料2とコメントをいただきました。
(興味のある方はご覧になってください。)
それにしても、市民(医療を受ける側)にとって「医療」という問題は、身近で一番関心の深い問題であるにもかかわらず、恐ろしいぐらい、他人任せというか、自分で決めたくても決められないというか、口を挟んだり、入り込む余地のない「聖域」のようです。
ただし、崩壊寸前の状態でも現状を維持しようとする動きには好意的に受け止められる傾向があるのに対し、現状を変えようとしたり、今まであったものを無くそうとしたりすることについては、大きな反発を招きます。
だから、三木市の場合も一連の病院問題については、武雄市をはじめとした抜本的な改革に着手した事例とは対象的に、「行政に一任!」といった安易な流れ、他人任せな雰囲気を作っているのかもしれません。


市民2様からの資料を拝見させていただき、病院統合の必要性に関しての説明責任がまだまだ不十分だということを改めて実感しました。
また、資料でも指摘されていますが、医療機関側の見地に立った必要性ばかりを強調するのではなく、市民の側(医療を受ける側)に立った必要性も十分考慮しなければならないと感じました。
さらには、地域医療を見据えた中での統合病院の存在意義とその役割、民間病院との連携、その特色の違いなどももっと明確に示すべきです。
そうでないと、市民2様がおっしゃるように、「わざわざ統合病院をつくらなくても、機能的には、今ある民間病院で十分賄えるんじゃないの?」という、未だ多くの市民が疑問に感じていることに対する答にはなっていない気がします。
この点をうやむやにしたまま、統合が進んでしまっては、三木市の将来が本当に取り返しのつかない状況になってしまう気がします。

今からでも、
①現在の病院経営に一定の限界ライン(存続·廃止·規模見直しなどの目安となるライン)を設ける
②病院統合を白紙に戻し、前述で指摘したような不都合な内容も含めた全ての情報を市民に公開し、その必要性の有無を問う
以上の2点について、市に対し求めていくことは無理な話なのでしょうか?
つまらない内容で市民アンケートを実施し、税金を無駄に遣うくらいなら、この内容こそ、全世帯アンケートで実施するなり、住民投票を行うなりして、今の世代が責任を持って白黒をはっきりつけるべき内容だと思うのです。
このままでは、三木市の将来が、本当に心配です。


昨日の記事にも書きましたが、「時の為政者」による判断が誤っていたとしても、その損失は為政者がいなくなった後も、市民の肩にかかってくることとなり、子供や孫へと受け継がれていくのです。
それだけ「時の為政者」による判断はとてつもなく重いということです。
[PR]
by kkamoike | 2009-05-14 18:46 | 三木市政 | Comments(14)
Commented by rfuruya2 at 2009-05-15 04:51
病院問題は本当に大問題だと思います。おっしゃるとおりです。
もっと基本的な問題を論議しないと大阪のWTCみたいになりますね。
このブログをそのまま市長メールされてみては如何ですか。
Commented by kkamoike at 2009-05-16 04:37
rfuruyaさんコメントありがとうございます。
rfuruyaさんも以前病院の件でメールを送ったけど納得のいく返事が返ってこなかったとおっしゃっておられましたよね。
これを言ってしまえば身も蓋も無いのかもしれませんが、今のなりふり構わない市長の目に余る独裁的なやり方、議員さんたちの声ですら聞く耳をもたない状況で、一市民が意見を言ったところで、まともに聞いてもらえるとはとても思えません。
また内容的にも市長メールでどうこうできる状況にはない気がしています。そんな後ろ向きでは···と言われるかもしれませんが、これが今の正直な気持ちです。(続く)
Commented by kkamoike at 2009-05-16 04:38
(続き)
では、どうしてここまでブログに書いているのかと言われてしまいそうですが、それでもやはり言わずにはおられないからです。
そして、今、私にできる一番現実的な方法を考えたとき、rfuruyaさんが常におっしゃっておられる「伝えたい相手を想定してブログに記事を書く」ということです。
今、私の中で、市政で一番頼りにできる人、それは、私たちのような病院についての意見を目にし、その意見に少しでも耳を傾けてくださる議員の方たちの気持ちにほんの少しでも訴えることができればと、無駄かもしれませんが今の自分にできる活動として取り組んでいます。今後ともよろしくお願いします。
Commented by 市民2 at 2009-05-17 10:05 x
アンケートの信憑性。
アンケートは、答えてもらう人に正確な情報を提供してそれについて理解してもらった上で答えてもらわないと意味がないと思います。
特に、行政が資料として使うのであればなおさらのこと。
確かに、何も情報を与えないで聞くのが普通の?アンケートかも知れませんが、それはそれでその地点でそう思っている人の意見であって、正確な情報を聞くことにより意見も変わると思います。
本当の市民の考えを聞くならば、正確な情報(説明)を提供してからしないと、何度アンケートを取っても無駄なことだと思います。
特に自分の都合のいいような事を並べて書かせたアンケートなどは何の意味もないし、それを税金を使ってやること自体信じがたいことですね。
それよりも、病院統合の話、情報は発信すると言いながらなかなか聞こえてきませんね。
Commented by 市民2 at 2009-05-17 10:32 x
統合病院に関して、市長は、大学側から言って来たことだから・・・
全国的にも稀なケース・・・普通は箱物(病院)を建ててから大学にお願いに行くとか、言っていますが、普通は、医者のあてもないのに病院は作らないでしょ。向こうから言って来たと市長は強調していますが、市長は何を勘違いしているのでしょうね?
向こうから言って来たのは、各市町村の病院に別々に医師を派遣するのが、医師不足のために大変だから統合してほしい。そうしたら集中してそこに医者を送れるからと。単に向こうの都合じゃないんでしょうか?
Commented by kkamoike at 2009-05-17 10:45
そのとおりですね。
今回のアンケートについてはいろいろなところから、いろいろな憶測が聞こえてきます。
あくまで憶測ですのでここで書くのは控えますが、普通に考えれば、今回のような内容をアンケートで聞くこと自体、間違っていると思います。
このようなアンケートの実施が決断できないリーダーを物語っているということがどうして分からないのでしょうか。
Commented by 市民2 at 2009-05-17 10:49 x
平成19年12月10日庁内会議資料より
11月21日に三木市長と小野市長に対して大学から下記の提案がありました。
◆北播磨の中核病院のうち南ブロックについては、三木市民病院と小野市民病院で統合病院をつくってほしい。
◆中核病院は、神戸大学の拠点病院として位置付け、臨床研修教育に力を入れ、優秀な医師の育成を図り、各地域病院へ医師を派遣できるようにしたい。
◆病院の特色を活かしつつ総合医の育成ができる総合病院にしたい。
◆大学は、医療機能・医師派遣については協力するが、建設場所・財源については両市の協議に委ねる。
◆平成20年1月中に両市の建設候補地、スケジュールについて提案してほしい。
◆中核病院が実現しない場合は、北播磨より医師不足が厳しい地域に優先して医師を派遣するため医師の一部引き上げもある。ただし、県立新加古川病院に三木・小野の医師を集約するという考えはない。
◆建設時期は、できるだけ早い時期を希望する。
Commented by 市民2 at 2009-05-17 10:50 x
20年1月中に提案してほしいって書いてありますが、自分がいる間に、道をつけときたかったのかな?
しかし下の方では脅迫めいた(実際は医師不足で仕方ないのかも)ことが書かれていますね。
しかし、本当にそれだけ医師不足の中、統合病院に優秀な医師を派遣してもらえるのでしょうか?
市長は向こうが言ってきた話だから大丈夫だと、といつも言っていますが。
向こうが言って来たのは、上にも書いた通り向こうの都合じゃないですか?
Commented by 病院の説明会 at 2009-05-17 11:01 x
添付ファイルをクリックして行ったら各地区での内容が書いてありますが。
交通の便が悪くなる事を市長はバスを走らせる事を検討するとあちこちで言っていますが、三木市、吉川地区も含めて市民病院まで行くバスを整備するのには無理があるのではないでしょうか?
一応説明会では、バスの整備とか言っていますが、内心吉川地区は三田にでも行けばいいと思っているのかも。(あくまでも私の推測です。すみません)まあ、三木市と言っても広いので、全市民に市長はいい顔はできないでしょうね。(失礼、市民みんなに納得してもらうのは難しいでしょうね)
Commented by 市民2 at 2009-05-17 11:21 x
新病院についてもっと資料を示して説明してほしいと思います。
今までの市民病院は確かに市民は頼りにしてきたと思います。しかし、今回のは、神戸大学の言いなりのような気がしてなりません。
本来、公立病院の役目は
1.公立病院に期待される役割
国の「公立病院改革ガイドライン」では、公的病院の果すべき役割として、地域において提供されることが必要な医療のうち、採算性等の面から民間医療機関による提供が困難な医療を提供するとして、下記の4項目を具体的に例示している。
①山間へき地・離島など民間医療機関の立地が困難な過疎地域における一般医療の提供
②救急・小児・周産期・災害などの不採算・特殊部門に関わる医療の提供
③県立がんセンター、県立循環器病センター等地域の民間医療機関では限界のある高度・先進医療の提供
④研修の実施等を含む広域的な医師派遣拠点としての機能
と言う事です。
ベッド数が多いということだけの民間病院と同じレベルの病院を作っても意味がないと思うのですが。本来上に書いてある、不採算部門の充実、高度医療等に力を入れて、市民が安心できる病院なら市民も納得できると思うのですが。
Commented by 市民2 at 2009-05-17 12:04 x
しかしながら、安心できる病院とは、いっぱいお金がかかって赤字が多くなるというのも事実ですね。でも、民間ができないことができるのも市民病院(公立病院)でしょうね。民間病院の事、周辺地域の病院の事、その他色々なことを考慮して、根本から議論しないといけませんね。コンベンションホールもそうでしたが、勝手に決めてからどうするんか?じゃなくて勝手に決める前にどうするのかを議論していただきたいものです。
Commented by 全国救命救急センター at 2009-05-17 16:50 x
意外と少ないんですね。
神戸大学でも、入っていませんね。
2次救急と3次救急の境目がよくわかりません。
施設的にはICUがあれば後は医者の問題かも知れませんね。
きっと施設基準みたいなものがあるのでしょうね。
ところで、上の資料1、資料2のリンク先のホームページのお医者さんですが、なかなかわかりやすく解説されていますね。
もちろん一人の医者として書かれていますから、個人の意見であって、絶対ということはないと思いますが、なかなか参考になります。
その中で、当直医と、医師の専門分野化が気になりますね。
極端な話、自分の専門の事以外よくわからないとか。
全身を見て判断がつく総合医というのが重要だと思いました。
しかしながら、町田先生も書かれているように、その分野のエキスパートが評価されるみたいで、総合医は、評価されないみたいな風潮があるみたいですね。
Commented by ER検討特別委員会 at 2009-05-17 17:08 x
検索していたらこんなとこもありました。
一般の皆様というところが見やすいですね。
確かに、ERが理想なんでしょうが、なかなかそういう医療機関はありませんね。
それに町田先生のおっしゃられているように、ERの専門の医者は救急治療と振り分けだけで、後は、専門の医者に回ると言う事なので、自分で最後までその患者さんを診たいと思っても出来ない。
やる気のある医者ほど嫌になってくると。
いろんな問題があるのですね。
まあ色んなことを踏まえた上で、新病院が本当に必要なのか?市内の民間病院、周辺地区の公立病院ならびに私立病院の事も考慮に入れて、市長の意見だけじゃなく、市民の意見も反映させてじっくり議論していっていただきたいと思います。
 市民2
Commented by 市民2 at 2009-05-17 17:22 x
書き忘れました。
県立加古川病院と棲み分けと市長は言っていましたが、3次救急はもちろんありますが、それだけじゃなくて今の県立加古川病院の科も当然そのままですよね。生活習慣病に対する医療の提供とありますが、今一番多いのが生活習慣病(糖尿病、脳卒中、心臓病、高脂血症、高血圧、肥満)じゃないですか?
間違ってたらすみません。
と言う事は、どこが棲み分けができるんでしょうかね。