どうぶつのつぶや記

三木市の危機管理は本当に大丈夫なのでしょうか?

5月3日の朝刊に、「新型インフルエンザについて」のチラシが入っていました。
チラシを使って市民に周知したいのであれば、誤解のないように、わかりやすく、丁寧に伝えていただきたいものです。
内容は
①相談窓口
②三木市民病院の対応
③感染防止
となっているのですが、
私がわからなかったところ、不安に感じた点は②の表現です。

2.市民病院の対応
 新型インフルエンザの疑いのある方は別の場所で診療しますので、安心してご利用ください。
 なお、連休の間も通常の救急診療は行っております。


と書かれてあるのですが、
『別のところ』とは何処なのでしょうか?
『安心してご利用ください。』は、新型インフルエンザの疑いのある患者に対して言われているのか、それとも、通常の患者や利用者に言われているのでしょうか?
この表現では、疑いのある方も安心して三木市民病院を利用してもらって結構ですと受け取る方がいらっしゃるかもしれません。
このチラシのタイトルが「新型インフルエンザについて」ということならそのように解釈する方がいらっしゃってもおかしくないでしょう。


私が当初認識していた、国や県からの情報では、
疑いのある人は直接病院などの医療機関には行かずに、まず保健所に電話して、指定されている発熱外来に行く指示を受けてから行動するものだと記憶していたのですが・・・。
それとも、私が知らないうちに取り扱いが変わったのでしょうか?
いすれにしても、この表現では、一般外来に行った人たちが新型インフルエンザに感染するようなことはないのか心配でなりません。


ちなみにお隣の小野市ではこんなふう書いてあります。

新型インフルエンザが発生しています。新型インフルエンザの感染を心配している方は、24時間対応の『加東健康福祉事務所』(TEL0795-42-6287)へまず電話してください。
新型インフルエンザの感染が疑われる人は以下のとおりです。
1. 海外から帰国後10日以内に発熱(38度以上)、咳、関節痛などのインフルエンザ様症状のある方
2. 国内で新型インフルエンザが発生した時は、その患者様と直接接触後10日以内にインフルエンザ様症状が出た方も対象になります。
事前連絡なく医療機関内に入ることは、感染の拡大につながるため絶対お避けください。当院は新型インフルエンザ診療に関する協力医療機関になっています。加東健康福祉事務所からご紹介いただいた患者様について診療を行います。



疑いのある患者がどう行動すればいいのか、国や県の指針を市民に対し忠実に伝えることすらできていないのは、非常に問題です。
まずは必要な情報を的確に伝えることが、危機管理への第一歩だと思うのですが。
[PR]
by kkamoike | 2009-05-03 17:21 | 三木市政