どうぶつのつぶや記

情報制限は正しい判断を誤らせる

相変わらず懲りないというか、学習能力がないというか、またしても一方通行の情報発信で、自分の主張だけを市のホームページに上げておられます。
何度も言いますが、後援会のや政党のホームページではないのですから、載せるのなら、全ての賛成、反対の議員の意見も載せるべきでしょう。
こういう行動が、市民に不信感をもたらしているということが、どうしてわからないのでしょうか?
本人だけならまだしも、三木市民全体が全世界に恥をさらすことになるということも···
本人的には、切羽詰まって周りが見えない状況なのかもしれませんが、いい加減、取り巻きの方や市長派といわれる議員の方々からでもいいので忠告してあげてください。


さて、今回の議案の一部修正、削除に至った経緯ですが、
私の推測する原因は大きく分けて次の二つです。一つ目は、「財政危機宣言」が発せられた背景、根拠が極めて不透明だということ。また、現在の病院経営状況の悪化について、構造的な問題を先送りしたまま、職員の給与カットだけに頼る改革手法に疑問が投げかけられたから?
もう一つは、先日のコンベンションホールの件でも明るみに出たように、今回は、「議会」だけでなく、市民や職員の方たちもまた、十分な話し合いがなされないまま、強行突破しようとしたため不十分と判断されたから?


このように、限られた情報しか提供されない、入手できない中では、今回の対応が適切であったのか、不適切であったのかどうかを判断することはできません。


それにしても、市長は、市民には一方通行の情報だけを与えておけば、簡単に騙せる、自分の思い通りになるとでも思っておられるのでしょうか。あるいは、自分の意見は絶対の「神の声」だと信じておられるのでしょうか。
三木市民も舐められたものです。
[PR]
by kkamoike | 2009-03-31 07:10 | 三木市政