ブログトップ

どうぶつのつぶや記

再議の評価と···

再議の結果は否決となりました。
修正動議が二つに分けてかけられましたが、最終的には各会派が「妥当な選択を取らざるを得なかった」というのが表現的にはふさわしいような気がしました。
しかし、今回の議会の展開は、決して無駄ではなかったと思いますし、今後の議会運営に一石を投じたと私は信じたいです。
それぞれがそれぞれの立場で、意見を述べ、不十分に感じる答弁内容も所々で聞かれましたが、執行機関とのやり取りよりは、格段に迫力を感じた点はよかったと思います。その一方で、今回の再議は、補正という緊急性、国の緊急経済対策に準じなければならない特殊性などもあって、議論の余地が必然的に狭められてしまった印象があったのは、少し残念な気もしました。


ただ、米田議員が発言の際、触れておられましたが、今回の元凶は、執行機関による提案のタイミングが遅れたことに尽きるのだと思います。
中身について、何が相応しいかという議論の余地は全くないも同然で、議員の皆さんが議論しようとして着席したテーブルの上には、既に「コンベンションホール」しか乗っておらず、それを認めるのか、認めないのか、認めなければ、交付金をみすみす逃すことになるけど、さぁどうするといった感じの半ば強制的ともとれる選択肢しか示されていなかったというのが正直なところだと思います。
賛成議員と反対議員の議論が最後まで噛み合わなかったのは、そのことに目を向けているかいないのかの違いだったのかなと感じました。
そういう意味では、今回の再議の際の真剣な議論が、どうしてコンベンションホールに決める前になされなかったのかという疑問が湧いてきますし、そのような機会が議員に与えられなかったことが非常に残念でなりません。
私は、それこそ、そのような場で議論された結果が、多数決でコンベンションホールになったのなら、それはそれで議会が決められたことなのですから文句はありません。


しかし、今回、あらためて、はっきりしたことは、執行機関からの議会への説明が十分になされていないということ。すなわち「手順の問題」、あるいは「根回し」、もう少しわかりやすく言えば、「相手をたてる」ということが軽視されているということです。
市長は、事前に十分な説明がされなかったという理由だけで、反対をするのはおかしいというようなことを述べておられたと記憶していますが、世間一般の常識として「相手をたてる」ことは当たり前のこと、社会人として、国際人としての最低限のマナーです。
また、国からの交付金とはいえ、私たちの大事な血税であることを忘れてもらっては困ります。今回の交付金の主旨に沿った使い道について、議会で十分議論していただくのは市民の要請でもあったはずです。その要請を踏みにじるも同然の、議会を軽視した態度は、今後、厳に慎むべきだということを市長は心すべきでしょう。


ぜひ、今回のことを教訓に、今後は、正常な議会対応を考えていただきたいものです。
[PR]
by kkamoike | 2009-03-28 00:01 | 三木市政 | Comments(0)

R175が見て、聞いて、読んで感じたことを書き綴ります。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31