ブログトップ

どうぶつのつぶや記

予算否決に対する市の言い分について考えてみた

人それぞれ、考えていることが違うのは当たり前ですから、それぞれに主張が異なっていいわけですが、今回公表されている記者発表での市の言い分には主催者側の何かしらの意図を感じずにはいられません···
何だか、自分の意見の正当性ばかりを述べておられるようですが、相手の意見は一切認めない、正しくない、間違っている、反対者は市民の敵だといわんばかりの内容です。
挙句の果てには、議会制民主主義に基づく意思決定までも、「数の力」で押し切られたと断言されているのには、ビックリです。
ここまで言われるのなら、いっそのこと、三木市を「専制君主制」にでもされたらどうかと思います。



まぁ、冗談はこれぐらいにして、今回の質疑応答でとりあえず気になった部分をいくつかあげてみたいと思います。
これは、あくまで私の感じたところですので、実際に反対意見を述べられている議員の方たちの本意を確かめたわけではないということをあらかじめお断りしておきます。



まず一点目、
「市民生活」という言葉がいたるところに出てきます。
基本的に、市の仕事で「市民生活」に関係のない仕事などあり得ません。ただ、その度合いが濃いか薄いかということです。
反対意見を述べられている議員がおっしゃりたいのは、その度合いが薄い、すなわち緊急性が低い、あるいは今あるもので我慢できるのではないのですか?と言われているのだと思うのですが····。
昨年9月に市が発した「財政危機宣言」という非常事態を受けて、現に、新年度予算ではそれこそ市民生活に密接にかかわる施策の数々が削られようとしています。それらの身近な活動や困った人を助けるための予算とを天秤にかけて、どちらに緊急性があるのかを考えろといっているのだと思うのです。



二点目、下石野分校にしても、青山の図書館の分館にしても、「○年前から地元との間で調整をしてきた」というようなことを述べておられますが、本来、このような事業は、「財政危機宣言」を発した時点で、一旦、全てのハード事業をゼロベースで見直すべきではなかったのでしょうか。
去年の9月の時点での事業の見直しに着手もしないまま、今、これまでから地元と話をしてきたからという理由だけで、否決を非難するのはあまりにも説得力に欠ける話だと私は思うのです。




三点目、今回、定額給付金は別に提案され、この部分は既に議会の承認を得ています。いろいろと難しい手続きやルールを延々と述べておられますが、素人的な発想かもしれませんが、それでは、どうして、今回、それこそ市民生活に密着する学校の光熱水費などといった通常経費予算と臨時交付金のもらえる事業予算を一緒に計上したのかが私にはわからないのです。
定額給付金と同様、なぜ別に上げることをしなかったのか。
これは、現実的に出来ないことなのかもしれません。しかし、どうもこのあたりも、素人的な詮索に過ぎないのかもしれませんが、あえてそのような市民生活に密着する予算と一緒にあげることで、臨時交付金を充てる事業全体の否決を免れようという思惑があったのではないかと···
何かもう一つ腑に落ちない気になったりするのですが···
皆さんは、いかがですか?
[PR]
by kkamoike | 2009-03-17 20:10 | 三木市政 | Comments(0)

R175が見て、聞いて、読んで感じたことを書き綴ります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31