ブログトップ

どうぶつのつぶや記

まちづくりの分岐点

神戸新聞に掲載されていた記事を抜粋して引用します。

厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所は24日、2005年と比べ30年後の35年に人口が減少する市区町村は約92%に達するとの推計を発表した。65歳以上の人口が4割以上を占める自治体の割合が約42%に増加し、65歳以上が過半数の「限界集落」同様の状態となるところも約7%に達するという
(中略)
人口が減少する自治体は全体の91・9%に上り、うち20%以上減少が64・0%に達した。大都市圏やベッドタウンを除くほとんどの自治体が減少傾向。人口が5000人未満の自治体は05年の12・6%から、35年には20・4%になる見込み。
年齢別推計では、65歳以上の人口が4割以上を占める自治体の割合が、2・8%から41・7%に増加。65歳以上が過半数の限界集落状態となる自治体も132(7・3%)あった。逆に14歳以下の人口が40%以上減少する自治体は、74・3%に上る。



この記事によると、日本の国、ほとんどの地方自治体は、確実に人口減少へと進んでいくようです。
一方、65歳以上の人口の割合はこれからもどんどん増え続けていきます。


これからのまちづくりは、これまでの拡大路線、ハコモノ建設ラッシュから、いかにしてコンパクトシティをめざし、効率良く施設などを縮小、再編していけるかということが求められてくるということでしょうか。


今後の人口推移をどう予測し、どのようなまちづくりをすすめていくのか、30年先を見越したまちづくりのコンセプトを今から打ち出し、方向転換を図っていっても決して時期尚早ではないように感じます。


当然、そこには、ハコモノ行政よりも、まちづくりを担うマンパワーの存在、意欲、活躍が欠かせません。そういうマンパワーを育てる風土づくりや仕組みづくりにより重点を置くことが大切なのだと思います。
[PR]
Commented by rfuruya2 at 2008-12-25 04:03
先日、さるとるさんに誘われて、あるセミナーに出ましたが、
今後のまちづくりは、『いかに上手に縮めるか』が基本だそうです。
縮めるところと伸ばすところの、それこそ『選択と集中』がいるのでしょう。
仕組みづくりという言葉は、よく使われますが、システム的な発想も、システムそのものもあまり見かけないのは、残念です。
Commented by kkamoike at 2008-12-25 20:16
確かに、今の三木市政が発する『選択と集中』という言葉から、伸ばすところと縮小させるところのメリハリは見出だしにくいですね。
Commented by さるとる at 2008-12-31 19:27 x
セミナーでコンパクトシティーを紹介していただいて、直感的にこれだな~と思いました。
僕の中で、もう少し整理が必要なんですが、基本的にその方向で、考えていきたいな~と思います。

今年は、R175さんとブログ上で絡みあうことができて、大変楽しかったです。
来年もよろしくお願いします!!
良いお年を!!
Commented by kkamoike at 2009-01-01 09:28
さるとるさん
こちらこそ昨年はたくさんのコメントをおよせいただき
ありがとうございました。
今年もどうぞよろしくお願いします。
by kkamoike | 2008-12-24 22:15 | みっきぃふるさとふれあい公園 | Comments(4)

R175が見て、聞いて、読んで感じたことを書き綴ります。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31