どうぶつのつぶや記

市民病院統合合意で全てが解決したわけではない

病院統合に向けて動き出しました。
今後、両市の間で協議会が設けられ、建設に向けて事が運ばれていくことになり、
計画ではオープンは5年後の平成25年となるようです。

新しい病院に大きな期待を持つのはいいのですが、小野市と違って、三木市には、今後5年間の病院経営の改善という困難な課題と、膨大な額の累積赤字が残ったままで、場合によっては更に膨らみ続けるのだということを忘れてはなりません。
新しい病院ができたからといって、それらの負債がチャラになるわけでもなく、そればかりか、今後、具体的な改善策を打ち出さない限り、5年間、負債は膨らみ続けることとなるのです。
この赤字は、公立病院の宿命ともいえる採算の合わない診療科に力を入れてきたことも原因の一つとして考えられるでしょうが、平成19年の11月にオープンしたICUの整備に伴う建物改修に要した2億3千万円もその原因の一つとしてあげられるでしょう。
これだけの大規模改修を行ったにもかかわらず、わずか数年でその方向転換を迫られ、建物の改修に要した費用は、償還の観点からも大きな無駄に終わることになるわけです。
今後、このあたりの財政的な問題を、どうクリアしていくのか。
早急な改善策や具体的な取組の提示が求められるところです。

新しい病院が出来ても、結局は患者に利用してもらわなければ、これまでと同じ道を辿ることになります。
また、医師が集まってくるといっても、全国的な医師不足という根本的な問題が解決しない中で、名医が集まる保証はありません。
結果的に、集まった医者の多くが今までと同じような評判やレベルの医師だったり、研修医ぐらいの経験しかない医師らの占める割合が多くなるようでは、これまで以上に患者を集めることができるのか疑問です。
そしてなにより、この新病院の経営が、現在の市民病院が抱える膨大な負債と合わせて、市の財政を将来にわたり圧迫し続けることはないのかという点が一番の心配事です。

そんな中、大阪府松原市では市民病院の廃止が決定されたようです。
読売新聞
朝日新聞
経営状況を見ると、三木市民病院の累積赤字53億円よりも少ない39億円の累積赤字を抱えて廃止を決めたようです。
一方、市民グループは病院存続を求める約3万2000人の署名を集めているようです。
財政破綻に至っても、市民病院の経営を維持するのか、それとも、こんなことが出来るのかどうかわかりませんが、特別に病院維持のための負担金を税金以外に支払うのか、住民には苦渋の選択が迫られています。

阪南市立病院も···

全国各地で、公立病院をめぐる問題は深刻で、特に、医師不足などによる経営危機の報道は、後を絶ちません。
武雄市での市民病院の民間譲渡に伴う市長の辞職、出直し選挙といった動きを見ても、自治体が病院経営を行う危うさ、難しさというものを痛感させられます。
もはや病院経営という分野は、自治体が関わる次元を超えているのかもしれません。
[PR]
by kkamoike | 2008-11-28 19:53 | 三木市政 | Comments(0)