どうぶつのつぶや記

他人事

「スタンス」とは、物事に取り組む心や考え方の姿勢です。
言葉や態度、行動に普段考えていることが表れます。

当然、「スタンス」が変われば、やり方も、アプローチの仕方も変わってきます。


furuya2さんの昨日の「雑感日記」には、こんな人の分析が紹介されていました。

『昨日のカバン屋さんが、いみじくも、このように『市民病院を残したい理由』を仰っています。
『最後に、じゃあ何故「ちゃんとした市民病院」と思ったかと言いますと、やっぱり、自分が身銭を切って、その費用を払うコトが無いからなのかも知れません。。。(笑)』


おそらく、産婦人科誘致に伴い支払った五千万円の融資の件も、このようなスタンスから生まれた結果であるといえるのではないでしょうか。


一方、先日、「わたしの妻は求職中」さんからは、こんなコメントをいただきました。『夢もって、志もって市の職員になられた働き盛りの20代、30代が心の病で長期休職されておられるとか?原因の奥底は何?』と···

将来の三木市の将来を背負って立つ若い人たちがどんどん潰れていく現状もまた、人も市民の貴重な財産という認識ではなく、使うだけ使って消耗してしまったら、「はい、それでおしまい」といった感覚から生まれてくるものなのかもしれません。

いずれも、しょせんは人のこと(お金)だから、自分の大切な人でもお金でもないからといった、いわゆる「他人事」という物事に対するスタンスが根底にあるのかもしれません。
[PR]
by kkamoike | 2008-10-06 23:57 | 三木市政 | Comments(0)