どうぶつのつぶや記

病院審議会について

全国の多くの公立病院が経営危機に直面しているといいます。
それぞれの病院では経営状況の危機を乗り越えるため、様々な動きや展開が試されているようです。
それぞれの病院が模索している解決策には一長一短があり、地域医療の実情も複雑に絡まって、決してこれが一番いい方法であるという決まった答えはないようです。


樋渡市長がご自身のブログでおっしゃっておられた
「厳しい条件下で、市民医療を守ることが必要」という大前提に立てば、いつかのタイミングで、誰かが何らかの決断を下すことが迫られることは全ての公立病院に共通していえることだと思います。


現在、三木市においても、病院の審議会をはじめ、あらゆる方面で様々な場で議論がされているとのこと。
もて木さんのブログでの報告によりますと、アンケートも実施されたとのことですが、三木市の場合、地域によって市民病院の存在価値が大きく異なるという特殊事情がある中で、アンケート結果をどのように分析するのかは、至難の業ではないでしょうか。
上記で述べた分析がされないままの、本当の意味での市民の考えをまとめないまま「市民不在の議論」を机上でいくらしたとしても市民が望む結果にはならないのではないかと思います。


さらに、「デパート型」や「コンビニ型」といったような例えを用いて、市民病院のことだけを考え、これからの目指すべきスタイルや方向性を考えていても結論は出てこないのではないかと思います。
市内の他の民間病院、近隣の公立も含めた総合病院との連携も含めた「地域医療」における市民病院の役割を考えていく必要があると思います。


そのような考えのもとに出された結論(市民病院の役目)が、公立病院として相応しい役割といえるのか、市民に必要とされる医療が提供できるのかによって、今後の方向性を判断しなければならないと思います。
[PR]
by kkamoike | 2008-08-31 10:54 | 三木市政 | Comments(17)
Commented by セロトニン at 2008-08-31 14:11 x
『市民病院のことだけを考え、これからの目指すべきスタイルや方向性を考えていても結論は出てこない』  全く同感です。

ご存知のように、兵庫県は“保健医療計画”を策定しています。
その中で、北播磨地域についてもその方向性が示されています。
三木市の審議会での議論と兵庫県の計画、整合性はあるのでしょうか。

さて、消防本部は北播磨5市1町で“消防本部統合”に向けた協議が始まるようですね。(兵庫県の素案を受けて)

協議の行方は別として、まず各市町のトップがテーブルに着くこと! これが大事です。 消防でも病院でも同じだと思います。

北播磨の医療については、誰が“音頭”を取るのでしょうね。 神戸大学ですか?それとも兵庫県?

Commented by kkamoike at 2008-08-31 16:01
北播磨地域における各自治体病院の役割分担はされているんですよね?。
そのような役割分担がありながら、県が進める新県立加古川病院の建設や、三木での審議会の様子、三木と小野の両市長の関係、加西市と北播磨に属さない姫路市との連携模索など···
みんながばらばらに好き勝手に動いているように感じてなりません。

これなら、三木が公立病院の存続にこだわる必要はないのではないかと個人的には思っています。三木市内には民間の総合病院も多いですし、近隣の公立病院としては、北播磨地域以外にも神戸や三田、加古川など今も実際に多くの市民が利用している実態があるわけですから。少々乱暴な展開になってしまいましたが、今の正直な意見です。
Commented by nmwcg423 at 2008-08-31 17:18 x
市民病院のありかたについて議論がなされているが、焦点がぶれている、何か大事なものが置き去りになっているように思えてならない。

「命」について軽んじられていることに恐怖を感じます。

経営効率じゃない。

「命」の尊厳の問題です。

本日の神戸新聞に載っている記事によると、
「他の部門の予算を削ってでも、市民病院に金を投入すべき」との意見、ごもっともです。

私はR175さんやセロトニンさんのように勉強は全くしておりません。ただただ、直感でモノを考え発言しております。

考えても見てください、産科のない市民病院、怖くないですか。
Commented by kkamoike at 2008-08-31 18:20
nmwcg423さま
コメントありがとうございました。

私が思うに「資金投入すべきかどうか?」という項目を設けた段階で病院側には、経営の限界に一定のラインを引きたいという意図があったのではと思っています。
あえて十億の資金援助が今もされているということをアンケートに出さなかったのも、そのような意図を隠すためだったのではないかと···。
このことは、広報みきの8月号の特集を見ても、市が世論をお金の問題に持って行きたいという方向性、気持ちが見え隠れするからです。

私は地域医療を守るのは行政にしかできない役割であると思っています。上記の質問に対する回答が「それを望む」と多くの方が答えたのも、病院に対する資金援助というよりは、何をおいても行政が責任を持って地域医療を死守すべきだという願いの現れだと思っています。
したがって、この質問は、「行政は何をおいても地域医療を死守すべきだと思いますか?」にするべきではないかと思うのです。
ただ私の個人的な意見としては、この地域医療を守る手段としては、必ずしも三木単独で公立病院を持つことにこだわる必要はないと考えています。
nmwcg423さまがおっしゃるとおり、命はお金に変えられるものではないですし、公立病院である以上、採算を度外視する考え方も公立病院に求められる使命ではないかと思っています。
Commented by nmwcg423 at 2008-08-31 21:16 x
ありがとうございました。勉強になりました。

僕が思うに、議論を重ねている間にも亡くなっていく方もおられるし、赤ちゃんも誕生していきます。病気や怪我でお困りの方も沢山おられるでしょう。その割りに、議論の速度が遅すぎる!

話は少し逸れますが、昨日図書館で佐賀県武雄市の樋渡市長の本を借りたのですが、あまりに面白くてすぐに読みきってしまいました。

R175さま、まだお読みでなかったら是非読んでみてください。

個人的な好き嫌いはあるでしょうが、私はすぐに樋渡市長のファンになりました(私のほうがずっと年上ですけど、尊敬してしまいます)
Commented by kkamoike at 2008-08-31 22:01
おっしゃるとおりです。
現在の市長が就任してから、特にこの地域医療の問題は、三木に限らず全国的に深刻化してきているのは誰の目から見ても明らかなわけで、特にここ北播磨は更に深刻だといわれています。
三木も診療科はどんどん閉鎖に追い込まれているのに···行政は何をしているんでしょうか?と言いたくもなりますよね。

話はかわって、樋渡市長、私も大ファンで~す。
ブログしか読んだことがないのですが、是非、今度は本も読んでみたいと思います!
こちらこそ、ありがとうございました。
Commented by セロトニン at 2008-08-31 22:22 x
保健医療計画について(兵庫県HPより)

医療法第30条の3に基づき都道府県が策定する医療計画であると同時に、地域保健法の趣旨に沿って地域保健対策の方向を示す基本的な計画です。
また、県民、市町、保健・医療機関、関係団体等の参画と協働のもと、それぞれが取り組むべき保健・医療分野の基本的指針(ガイドライン)としての性格を併せ持ちます。

兵庫県保健医療計画によると、三木市民病院は「急性心筋梗塞の回復期を担う病院」となっています。
また小野市民病院は「小児救急の拠点病院に選定されている」とあります。
さらに西脇市民病院は「周産期医療の協力病院」として、加古川市民病院や県立子ども病院との連携を緊密にするよう書かれています。

財政難や医師不足により基本指針通りにいかないのが現実かもしれません。
しかしながら、各病院の目指すべき、また果たすべき役割の一つであることは間違いありません。


Commented by kkamoike at 2008-08-31 22:39
セロトニンさん
いつも情報提供くださりありがとうございます!
やはりそれぞれの役割分担が決まっていたようですね。
でもこれって今の全国的な医師不足をはじめとした医療崩壊に近づきつつある社会情勢はおそらく見込んではないですよね。
だから三木と小野との中核病院構想が浮上したんでしょうね。

やはりセロトニンさんがおっしゃるように、もう一度、各自治体の役割分担を再編し、北播磨の地域医療を今の社会情勢に沿った形にするにはどうすればいいのか、県か神戸大学かは知りませんが、どこかがイニシアチブを取って議論のテーブルにつくべきなんでしょうね。
Commented by moteki at 2008-09-01 00:46 x
コメントのみなさま
熱い論議ありがとうございます。これだけ論議が出てくると、私も言わずにはいられない、気持ちになります。
デパートコンビニを出したのは、たまたま話の中のたとえで出したもの。
それがメインではありません。誤解があればすみません。
県の保健医療計画についても資料はいただきましたが、県の方針にそって市町が病院の計画を進めているわけではないように思います。その通りには行かないのが現実のようですが。
ただ、今回の審議会では北播磨の中での三木の市民病院をどうするかという論議なので、そこに集約していかなければならないと言う事情はあります。審議会についての説明はブログで続きをしますね。
武雄の民営化の話も注目していますが、現在のみきの状況とはちょっと違うと思っています。
とにかく、もっと市民に情報公開して、論議していくことが必要だと思います。審議会はそのひとつの窓口です。審議会の公開をしたことでようやく何を論議しているかが見えるようになりました。
Commented by kkamoike at 2008-09-01 06:46
motekiさま
コメントありがとうございました。少々言葉足らずな部分があったかもしれません。お許しください。
さて、加西市長のページには加西市民の生活圏が姫路とも密接に関係していることから、姫路との医療連携も蜜にしていくことも考える必要があると書かれてあったと記憶しています。
私は加西市同様、三木にも同じような事情が地理的にあることを踏まえた上で、三木にとっての北播磨医療圏とは別の、三木独自の地域医療体制を考える必要があるのではないかという考えも持っています。
何度もいうようですが、市民の中には、北播磨管内の公立病院どころか、三木市民病院も遠いと感じている地域や人が存在している事実があるわけですから···
北播磨にこだわった医療体制の連携が必ずしも三木市民にとって現実的な地域医療といえるのか、その辺の議論もされるべきと思うのですがいかがでしょうか。

Commented by nmwcg423 at 2008-09-01 07:04 x
この議論について最後に一言

我が家は西神戸医療センターでお世話になっています。

地理的にも設備的にもこちらの方が利用し易いからです。

もちろん私は三木市民ですよ。

R175さんの、茂木さんへのコメントに対する僕の意見です。
Commented by moteki at 2008-09-01 23:21 x
kkamoikeさま nmwcg423さま
「北播磨の中の市民病院をどうするか」という表現、ちょっとまずかったですね。表現は難しい!要するに、あの場では、北播磨圏の医療体制について論ずるのではなく、(資料提供はありますが)市民病院をどうする?という論議に集約せざるを得ないということです。

誤解を恐れずに言えば、市民病院は存続すべき、毎年10億以上の一般会計からの繰り入れも必要という意見も多い一方、市民病院は利用しない、出来ない人も多いわけです。吉川や青山地区は特に利用率が低い。それでも、税金を負担し続けていいのかどうか、あるいは、市民病院は本当に必要なのか、という議論にまで、なってくるかもしれません。必要なら市民にとって最低限必要な市民病院とは何なのか、ということになるのではないかと思います。
kkamoikeさんノおっしゃるとおり、県の出している北播磨医療圏とは、違う利用状況が三木にはあると思います。市内には私立の病院が多いのも特徴です。それを踏まえて、市民病院をどういう方向で位置づけるのか、というのがこの審議会での論議です。しかし簡単に結論が出る問題ではありません。いろいろな方向から、論議していくことだと思います。審議会の中で医師会や歯科医師会の先生方もメンバーに入り、いい意見を出してくださっています。ようやくそれぞれの立場の方が、市民病院について、意見を出し合い始めたというところです。何しろ、7年ぶりだそうですから、この審議会。
でも私は市民がこういう論議をしているのを、市側にも知って欲しいと思います。情報公開していいでしょうか。
Commented by kkamoike at 2008-09-02 06:37
motekiさま
詳細なコメントありがとうございました。
やはり最終的には政治決断、政治決着になるんでしょうね。
三木の場合、武雄の民営化とは市民病院の取り巻く状況は異なるでしょうが、樋渡市長の政治家としての使命感や決断力は大いに見習うべきではないかと思っています。

今回の一連のやり取りを行政にとの件ですが、情報公開というと何か物々しい感じを受けますが、基本的にブログの内容は公開していますし、見ようと思えば誰でも見れるようになっていますので、こんなブログでも議論されてましたよということでご紹介していただけるのであれば大変光栄なことだと思っております。
Commented by セロトニン at 2008-09-03 00:30 x
市民病院といっても、“求めるもの”や“思い”はそれぞれですね。

さて、『医療』とは?と聞かれたら、何をイメージされますか。

地域医療、高度医療、救急医療、小児医療、高齢者医療、周産期医療、在宅医療、災害医療、・・様々な領域がありますね。

同じ“ことば”でもイメージするものが違う!

私は救急医療を意識しながら話をしてきました。
北播磨圏域における一次・二次・三次救急の役割分担を念頭に、市民病院に求められる機能・役割とは何か? そのことを考えていました。
nmwcg423さんがおっしゃった『命』についてのコメントは、まさに救命救急の重要性を意識されたものだと思います。救急救命は最後の砦、セーフティーネットですから、経費云々の議論の余地はないと思います。
救命救急とは別の次元で、三木市の実情に応じた市民病院のあり方について検討される必要があると思います。つまり市民ニーズにあった地域医療体制づくり。(経費も含めて)

自ら病院を選択し受診する一般的な医療と救急医療、どちらも市民病院の機能の一つですが、少し話が入り混じった議論になっていたような気がします。(反省)

Commented by kkamoike at 2008-09-04 06:40
セロトニンさん、論点をわかりやすく整理してくださりありがとうございました。こうしてみると市内の他の医療機関との係わり、北播磨地域内での係わりなどにおける市民病院の持つ顔、求められる役割がそれぞれ(少しずつ?)違ってくることがわかりますね。

ところで、北播磨には救急告示病院が七ヵ所あるそうで、五つの市の公立病院、多可町中区にある中町赤十字病院、もう一つは民間の三木山陽病院だそうです。
北播磨の人口から見てこの数(病床数)は妥当なんですしょうか?
三木と小野の統合問題が浮上した際、三木には二つの救急告示病院があるからできれば小野にまとめるほうがバランス的にもいいのではといった意見を書かれているブログを発見しました。
また、三木と小野との新しい中核病院構想について、当初小野が前向きだったのは、三木との統合が目的ではなかったという分析もされており、北播磨のそれぞれの病院の実情を垣間見ることができますよ。
参考までに。
http://pony.tea-nifty.com/blog/2007/12/post_b24e_2.html
Commented by セロトニン at 2008-09-08 00:12 x
ポニーさんのブログ面白いですね。有り難うございました。

三木市では山陽病院が救急告示病院とのことですね。
服部病院やときわ病院はどうなのでしょう?
救急告示病院の役割と救急体制の関係がよく分からないのですが。

さて、保健医療計画によると北播磨では夜間の小児救急体制で空白となる曜日・時間帯があるとのこと。一分一秒を争う救急において深刻な事態です。
保健医療計画でも地域の実情に応じて圏域を超えての連携の必要性が示されています。
圏域外連携としては、神戸大学病院と公立豊岡病院との間で重症の小児救急患者をヘリコプターにて搬送する協定が結ばれたそうです。
また圏域内連携の話ですが、『阪神北広域こども急病センター』の取り組みが新聞に紹介されていました。「三市一町の共同運営」「休日夜間専門」「一次救急対応」のようですが、何よりも圏域内の自治体が集まり地域に必要な救急医療体制を作ったことは素晴らしいと思います。 
北播磨圏域でも市民病院問題とは別に、何らかの救急対策を早急に講じる必要があると思います。

Commented by kkamoike at 2008-09-08 23:27
医療を取り巻く状況は激変しているはずなのに、nmwcg423さんもおっしゃっておられたように「議論の速度が遅すぎる」印象が拭えませんよね。
住民にとって何を優先しなければならないのか、もっと敏感になってもらいたいものです。
今回、セロトニンさんが指摘されている救急対策の部分は、本当に何とかしないといけない問題だと思います。