ブログトップ

どうぶつのつぶや記

イメージというブランド戦略がもたらすもの

以前、「武雄市民物語」に武雄の楼門と「千と千尋」を関連させたユニークなアイデアが出されていました。
非常に夢のある話で、イメージがスッと湧いてきました。
どのあたりの次元までできるかは別として、非常に面白い企画であると感じたのと同時に、もしかしたら、武雄ならできるのではないかという印象を持ちました。



武雄人さんが書かれている内容を私なりに勝手にイメージしたので、もし間違っているようでしたらお許しをいただきたいのですが···
私の受けたイメージとしては、神戸の南京町や、横浜の中華街のような感じ、しかしそこには、飲食店などの商業施設が並ぶのではなく、市民の手でおもてなしをするような形の露店やバザーが立ち並ぶという感じです。そして武雄人さんがおっしゃるように、そこにいる人たちの服装や振る舞いに徹底的にこだわるなどの「異空間」というキーワードは欠かせません。

東京ディズニーランドや旭山動物園がリピーターを多く集め、大成功をおさめているのも、そこに行けば日常とは違う異空間が存在するからでしょう。
そして、もう一つ、忘れてはいけないこと···それは、そこに行けば期待を裏切らない大きな感動が得られるというメリットです。
しかし、この感動というもの、ハードだけ整えれば、勝手に生まれるというものではありません。そのような感動を呼び起こすためには、人々の「熱意」という要素が欠かせません。
そこに働く人たち、訪れる人たちが持つ「熱意」です。
その「熱意」があるから、感動させたい、感動したいと思わせる「創意工夫」が繰り返し行われるのではないかと思うのです。



行政が手がける事業の多くが、味気ないものに終始してしまうのは、つくることに関しては一生懸命だけれども、作った後のフォローにまで手が回らない、目が行き届かない、あるいは、それほど重要視されていなからではないでしょうか。
しかし、武雄には、そのようなフォローの部分での下地が整っているという印象を強く持っています。
私は、実際に武雄に住んでいるわけではないので、本当のところは分かりません。
本当のところは分からないけれども、そういう良い印象を第三者に与えるだけの情報発信がいたるところでなされているため、「武雄」という一つのイメージを作り出しているのだと思います。
言ってみれば、これも一つの「ブランド」戦略なのかもしれません。
だから、武雄人さんのこのアイデアも、武雄ならなんとなくうまくできるような気がするのです。



人に夢を描かせたり、夢を与えることができるのも、「イメージというブランド戦略」が成せる技かもしれません。
そして、「イメージというブランド戦略」が、市民自ら『アイデアを出してみよう!』という力を引き出し、それがひいては行政に対する信頼感へとつなっていくのだと思うのです。
小手先だけでイメージを良くすることなどできません。
これもまた日々の地道な積み重ねがあってはじめて創り出されるものなのでしょう。
[PR]
Commented at 2008-08-18 22:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by youhonaha at 2008-08-18 23:40
kkamoikeさん、賛同そしてご意見ありがとうございます。
これに関し、今日意見を加えて記事を書きました(勝手ながらkkamoikeさんの今日の記事も紹介させていただきました)。
「武雄オリジナルブラバン応援曲」については具体的に現在アタックをかけてみていますが、この「楼門 千と千尋」についても動くことが出来ないかと思っています。
今回の記事本当にありがとうございます。
Commented by kkamoike at 2008-08-19 07:07
恐縮です。
今朝、こちらの勝手な妄想をコメントとして入れさせていただきました。
三木に限らず、いろんなまちの異空間を演出するイベントを呼んでくるのも面白いかもしれませんね。
ではまた。
Commented by さるとる at 2008-08-19 23:43 x
ちょっと、本文とずれるコメントかもしれません。あしからず。
最近、武雄にめっちゃ行きたいな~と思うのは、僕だけでしょうか。
これって、完全に武雄の情報戦略にかかってる???
でも、戦略でもなんでもいいです。武雄に行きたいな~。
市長に会いたいな~。武雄人さんに会いたいな~。
そう思わせるのは、武雄のブログを通した情報発信力ですね。
僕らも、負けてはおれません。
Commented by kkamoike at 2008-08-20 20:00
そうですよね
僕らも負けてはおられません!
それにしても「情報」「イメージ」というものは、伝える側の考え方一つで、プラスにもマイナスにもなるんですよね。これが。

今日、三木の情報に関して、少し辛口の記事をアップしようと思ってます。少し耳の痛い話かもしれませんが、よかったらまた読んでみてください。
ではまた。
by kkamoike | 2008-08-18 21:43 | みっきぃふるさとふれあい公園 | Comments(5)

R175が見て、聞いて、読んで感じたことを書き綴ります。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31