ブログトップ

どうぶつのつぶや記

まちづくりのスタート地点(過去から未来へ)

過去にあった出来事や、ある人物が歩んできた足跡などの歴史や経歴を振り返ったとき、その評価は人それぞれ異なる。
その人が生きてきた背景や学んできたこと、思想や環境をベースにした考え方が人それぞれ違うのだから当たり前といえば当たり前である。

昨日あげたブログの記事に対して、
「前三木市長に対する“客観的な”一つの評価だと思う」とセロトニンさんからコメントをいただいた。

思えば、これほどの施設が揃っている市が他にあるのだろうか。
県の施設が多いこともあるが、市内の10地域に建てられている公民館をはじめ、中学校区に建てられているデイサービスセンターなど、観光施設だけでなく、市民の生活に直結する施設も大変充実している。
「箱物ばかり建ててどうするの···」と揶揄されることも多いようだが、その施設が有効に活用されているのであれば、それは市民への税の還元という観点から十分意味のあることではないのかと思うのである。
今ある箱物に対して批判するのではなく、利用しきれない箱物を建てる計画性のなさを批判すべきなのではないかと思う。
考えて見れば、今のこの時代に、これだけの資源を揃えろといってもなかなかできるものではない。

そう考えれば、今の時点でこれだけの資源が揃っている状況が、借金を膨らませ、財政状況を悪くした「諸悪の根源」だというような考え方(側面)ばかりを市民の意識に植えつけるのはいかがなものか。
そうではなくて、この状況に感謝して、今後、先人が残してくれた偉大な資源をもっともっと大きく、有効活用していこうという前向きな気持ちになるような方向性に持っていくべきではないのかと思うのである。

しかしながら、私たちの祖先が懸命になって残そうとしてくれた国土や国の誇りというものを平気で踏みにじるような論調を持つ輩がいるのと同様に、三木市においても平気で先人の残した功績を批判する風潮が一部にあるような気がする。
このような風潮が全体に広がるようでは、日本を愛する、ふるさと三木を愛する「美しい心」を持った子どもたちを育てていくことなど到底できないのではないか。

いい面はいい面で評価をし、その上で、悪いところは自分たちの責任と工夫で良くしていく。
何でもかんでも人のせいばかりしたり悪く言うのは簡単なことである。しかし、一番卑怯なことでもある。

今、私たちに求められているのは、冷静な頭でもって、物事を多面的に受け入れ、いい面も悪い面も両方評価し、自分たちの手で改善していく姿勢と、広い心を持った人間になることではないか。
そこからが過去から未来に向けた「まちづくりのスタート地点」になるのだと思う。
[PR]
Commented by さるとる at 2008-08-09 21:35 x
僕らもまた、R175さんのおっしゃっるとおり、過去から積み上げられてきた財産を将来に生かすことを望んでいます。
貴重なご意見を「みっきぃふるさとふれあい公園」というカテゴリーで書いてくださり、ありがとうございました。(拝)
Commented by ロバー at 2008-08-09 22:09 x
う~ん、ますます一緒に呑みたくなってきました。一杯いきませんか?
Commented by kkamoike at 2008-08-10 15:14
さるとるさんへ
ローバーさんへ

さるとるさんたちが提唱する「みっきぃふるさとふれあい公園」はまだまだ始まったばかり。
しかしそこには、壮大な夢があると思っています。
また実現する可能性がある要素がいっぱい詰まっていると思っています。
私も「R175」として、この「みっきぃふるさとふれあい公園」を自分なりの視点で地道に発信していけたらいいなと思っています。

呑みに行く話、
声をかけていただき、思わずニンマリしてしまいました。
また、大変身に余る光栄だと感謝しています。

しかし、
「R175」は、ブログ上でしか存在しないもう一人の自分なのです
・・・???(なんのこっちゃ)(恥)
いつの日か本当に膝を交えて飲める日が来ることを願って・・・。

これからも、よろしくお願いします!
Commented by セロトニン at 2008-08-23 20:50 x
小野市議会議員 山中修己氏のブログでは、先日発表された「地方自治体の財政健全性に関する評価」について面白いコメントをされています。

さまざまな見解があって良い訳ですが、R175さんは山中修己氏のコメントについてどう思われますか?
Commented by R175 at 2008-08-24 07:46 x
セロトニンさんへ

情報を提供いただきありがとうございました。山中議員のブログ拝見しました。
まず、この調査は何をもって地方財政を健全と位置付けるのかという根本を押さえる必要があるのかと。

あと、セロトニンさんも感じていらっしゃるでしょうが、彼の分析には、現職議員でありながらツッコミどころが満載かなぁと。
たとえば都市部はいい評価になるのであれば阪神間にある伊丹や西宮、尼崎が上位にならないのはなぜか、同じ過疎でも丹波や豊岡が下位にならないのはなぜか、借金が多い篠山が上位に来ないのはなぜかなど指摘すればきりがありません。
単に個人的な嗜好だけで分析するのはどうかと。

要は小野市が上位にランクされるどころか、評価が低かったことが個人的に許せなかったということなんでしょうね。

Commented by セロトニン at 2008-08-24 22:27 x
貴重なご意見並びに解説有り難うございます。

R175さんのおっしゃるように「ツッコミどころ満載」なのでしょうが、不勉強のため“ツッコミ”を入れることができません。(知識があれば山中氏に議論を吹っかけてみたいところですが!)

R175さんのおかげで、また違った角度から眺めることができました。

ところで、三木市の議員さんたちは三木市の財政状況についてどのような見解をお持ちなのでしょうね。 健全?それとも破綻寸前? 議会では活発な議論をされているのでしょうが、あまり伝わってきません。

広報からの情報は分かり易い反面、三木市としての思惑もあるでしょうから、また別の立場(議員さん)からの見解も聞いてみたいところです。

ありえない話ですが・・、毎月の広報の内容をテーマとして、“TVタックル”形式で各派の代表議員さんが集まり“公開討論”やってくれないですかね。

TVタックルのような“顔のみえる形での討論”、聞いてみたいと思いませんか?

議論の“やりとり”の中から、見えてくる真実もあると思います。

活動報告会やブログもいいですが、議員の皆様、いかがですか?


by kkamoike | 2008-08-08 20:45 | みっきぃふるさとふれあい公園 | Comments(6)

R175が見て、聞いて、読んで感じたことを書き綴ります。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30