ブログトップ

どうぶつのつぶや記

地場産業の振興と防災拠点

今回の「議会だより」に、地場産業の振興に関する質疑応答があった。
もて木さんの所属されている会派からの質問で、三木金物の技術やノウハウを宇宙開発や医療などの新しい分野へ活用していく可能性を検討してみてはどうかという内容であった。
それに対し、市の答弁も、今後研究していくこととあわせて、金物の技術を災害グッズなどにも応用し、自衛隊や全国の消防、警察などへの販路拡大につなげていけるよう市としてもバックアップしていきたいと書かれてあった。
大変興味深い内容だと感じた。

この中で、引っ掛かった言葉が「防災グッズ」である。

三木にある「総合防災公園」とセットで、三木を一大防災拠点として売り出せないかどうか。
三木が防災グッズ製造のメッカにでもなれば、さらに防災拠点としての格も上がるのではいか。
さらに、「情報公園都市」、「充実した高速道路網」という既存の社会資本を最大限に活用した、災害時の物資物流ネットワーク拠点という構想も面白いと思う。

そんなことを思ってインターネットを検索していたら、こんなページに出合った。

NPO法人コメリ災害対策センターのホームページである。

コメリの店舗は、吉川にもあるが、じつはこのNPO、株式会社コメリの関連企業を含めた取引先と出店地域の各自治体との物資供給ネットワークを構築し、災害発生時に備えている。また、災害関連情報の提供や、災害予防、災害後の環境整備事業にも力を注いでいる。
支援協定協力自治体は、全国で165にものぼり、兵庫県も、そして、あの三条市も提携されている。(三木市はまだ提携されていない模様)

災害ネットワーク協力企業には、三木市に本店を置く「藤原産業」も名を連ねている。
詳しくはホームページをご覧いただきたい。

一番手っ取り早いのは、全国に数箇所ある、このNPOの物流センターを三木市に誘致できれば、一つの企業誘致にも相当するメリットはあると思う。
(現在、近畿地方には物流センターがなく、中国地方と東海地方の拠点が近畿地方を二分して対応している)
さらに、単なる企業誘致だけでなく、名実ともに、一大防災拠点都市にふさわしいまちづくりにつなげていけるのではないかと思ったりもする。

たとえ、このNPOの物流センターが誘致できなかったとしても、同じような防災物流センターを三木の企業を中心につくることができれば、今回、議会で提案された産業の振興を後押しできる体制をさらに強化できるのではないかと思ったりする。

また市のほうでも一つの意見として参考にしていただければと思う。

最後に、私の連想したキーワードをランダムに。

防災 安心安全 産業活性化 防災公園の活用 物流拠点 防災拠点 自治体間や企業からの出資と協定 三木ブランド 自然災害の少ない地域性というメリット 高速道路網の充実 地元住民(市民)への還元 新たな企業誘致の可能性 他の自治体との差別化 情報公園都市の空用地の解消 企業からの賛同 新しい販路開拓 市内企業努力の促進 企業のイメージアップ 付加価値のある物流センター 話題性 NPOの活躍の場 企業物流コスト削減の可能性 地球環境の変化·自然災害への対応などなど
[PR]
by kkamoike | 2008-07-18 19:46 | みっきぃふるさとふれあい公園 | Comments(0)

R175が見て、聞いて、読んで感じたことを書き綴ります。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30