ブログトップ

どうぶつのつぶや記

市●のための・・・

共産党の黒嶋議員のホームページに最近行われたタウンミーティングの状況が書かれてある。

手を挙げていた市民の発言を打ち切る形でミーティングを終えたとのこと。

また、市のホームページに掲載されているアンケートを見ても意見交換の時間が少ないという不満の声が見られる。

自分の言いたいことだけを述べて、市民の意見や話を聞くのが面倒だと思っているのなら、いっそのことミーティングの名前を 「市長の活動報告会」にでもすればいいのにと思う。

・・・冗談はさておき、私たちの税金を使って行うものなのだから、市民の目線に立った思いやりのあるあたたかい姿勢で臨んでいただきたいものである。
[PR]
Commented by セロトニン at 2008-04-26 01:17 x
“タウン”を構成するもの

たとえば青山なら、三木北高校・三木特殊支援学校・関西国際大学・サティー・ガソリンスタンド・協同学苑等々 そこで働く人、学ぶ人たちがいる。
青山在住では無いかも知れないが、地域とともに歩んでおられる人たちである。

行政と市民だけの対話に留まらす、地域を構成する様々な人たちの声も聴いてみたい。

そして“みんな”で地域について語り合いたい。
Commented by kkamoike at 2008-04-28 20:29
なるほど。
確かに、まちを構成するのは地域住民と行政の二極だけではないはず。
これ以外の立場の人が加わることで話し合う内容に新しい展開が期待できるかもしれませんね。
そんな視点や発想が今の市政には乏しいような気がしてなりません。

コメントありがとうございました。
Commented by セロトニン at 2008-05-11 23:39 x
講談社現代新書  『不機嫌な職場~なぜ社員同士で協力できないのか』 

R175さんはこの本の内容についてどう思われますか。



Commented by kkamoike at 2008-05-21 06:23
コメントせずにごめんなさい。本を実際に読んでからと思いつつ日ばかりが過ぎてしまいました。また機会があれば実際に読んでから感想を述べたいと思います。
セロトニンさんは、この本のどんな部分に共感や異論を持たれたか教えてもらえたらコメントしやすいと思うのでよろしくお願いします。
by kkamoike | 2008-04-23 21:53 | 三木市政 | Comments(4)

R175が見て、聞いて、読んで感じたことを書き綴ります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31