ブログトップ

どうぶつのつぶや記

今こそ警鐘を鳴らすべき時

motekiさんのブログでもトイレ清掃業務委託廃止に関する記事が掲載されている。

motekiさんの記事をうけてのコメントとあわせて感じたことを述べてみたい。

まず一点目、少数の限られた意見とはいえ、市民の多くは、賢明な判断されていることが判明した。
motekiさんの周りだけでなく、私の周りもほとんどが首を傾げている状況だからだ。
ここで言えることは、市民の声を聞くということは、単に話しを聞くだけでなく、市民の考えていること(民意)を察知できる嗅覚のようなものがなければ正しい判断が出来ないということだろう。


二点目、昨日の私のブログに対するmotekiさんからのコメントにもあるように、私もどういう経緯で意志決定がされたのかを十分調査する必要があると思う。それだけ非常に重要な問題だと考えている。
余計なことに気をとられている余裕はないというようなことが書かれてあるが、確かに議員の立場であれもこれも真剣に審議をしていかなければならない中でこのような気持ちになられるのはよくわかる。しかし私たち市民にとっては、今回の件は、予算や事業採択の審議と同じくらい、いやそれ以上の、現在の市政運営の根幹に関わる重要な問題であると考えている。
なぜなら、仮に本気で行革の一環として今回のトイレ清掃業務委託の廃止を考えているとすれば、それは市民が望む行革とは全く違う方向に向かってしまうからである。
そして何よりいろいろな議論もあるが、薮本さん自身が進めてきた行革とも正反対の方向に進むことになるからである。
二年間取り組んできた努力が台なしになってしまうからである。


今回の件は、まさに、オンブズマン三木さんをはじめ、私たちが常々指摘してきた「政策や考え方に一貫性がない=ブレる」典型が表面化した形だと思っている。
行革の基本的な考え方がブレてしまっては薮本市政に期待する役割はなくなってしまう。
それだけに中途半端な審議でうやむやにできる問題ではないと思っている。


motekiさまをはじめ、議員の皆様におかれましては、議員選挙で掲げられた自らの理想とする行革の方向性と照らし合わせて、市民が望む本当の改革に舵を切っていただけることを心から望んでいます。
良識ある議会の判断を期待しています。


このままでは、薮本市政発足前以上の危機に陥ってしまうのではないかと危惧している。
組織や個人の意識改革やモチベーションを維持していくことは、お金でなんとかなるものではない。
確固たる信念のもと、非常に時間と根気のいる取り組みなのである。
[PR]
Commented at 2008-03-01 08:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by kkamoike | 2008-02-29 22:02 | 三木市政 | Comments(1)

R175が見て、聞いて、読んで感じたことを書き綴ります。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31