どうぶつのつぶや記

どうしたら意識づけができるのか

公務員の原点を見つめなおすための取り組みと、仕事の一環としてトイレ掃除をすることを混同してはならない。

「トイレ掃除が公務員の原点···という発想がわからない」とおっしゃるrfuruya2さんのご意見は全くもって同感である。

公務員の原点を見つめ直すために「トイレ清掃」を始めたとしても、
委託をやめると決めた段階で、職員にとっては「トイレ掃除をすること」が目的化してしまい、割り当てられた仕事の一つとなってしまうと思う。

何も、「トイレ掃除」を軽んじているわけではない。
世の中には、いろんな職業がある。
庁舎のトイレをきれいに保つことも立派な仕事であり、市民サービスの一つだと思っている。
美しく保つことにより、市民の財産(施設)を少しでも長持ちさせることにもつながるし、利用者に気持ちよく使ってもらうことができる素晴らしい仕事だと思っている。
そのような成果を効率的に少しでも安い経費でやろうというのが民間委託ではないのか。

意識改革云々という名目で、本職の片手間でできる仕事ではないと思うのだが。


「ただ機械的に便器を磨いたりするだけでなく、どうすれば、効率的に、効果的に市民に気持ちよく利用してもらえるような掃除の仕方ができるのか、トイレ清掃で何かを学ばなければ」という意識を持って考えながらトイレ掃除をするのと、日常の仕事として、トイレ掃除をルーチン化してしまうのとでは全く意味や方向性が違ってくるのではないかと思う。

部下に対して、うまく意識づけができるかどうかもリーダーに求められる条件である。
[PR]
by kkamoike | 2008-02-28 17:30 | リーダーの条件