ブログトップ

どうぶつのつぶや記

新病院の建設について

広域の病院建設構想に三木市と小野市が合意に至るという記事が新聞を賑わしている。


三木市民病院は、年々利用者数も入院者数も減ってきているという。
三木市がおかれている地理的な条件を見ても、吉川の生活圏は三田である。当然、医療も三田市の病院を利用している方が多いだろう。
また、緑が丘や青山などの三木で一番人口の多い地域は神戸市に隣接しており、神戸中央病院や西神医療センターなどを利用する人が多いのではないか。
そして、数年後には、県立加古川病院が新しく建設される。現在よりも三木市に近い位置に建設され、設備や医師のレベルも充実させるであろうから、多くの三木市民も利用するようになるのではないか。

そんな中、多額の資金が必要となる新病院を、三木市に建設したいと考えるのは、果たして三木の将来を考えた場合、本当に得策なのか疑問である。

今回の三木市の一連の報道を見るに、財源の問題も含め、本当に三木市の将来のことを考えてくれているのか非常に不安である。
また、議会も含めた十分な議論がされたのか、三木市に病院を建てるメリットデメリットについて侃々諤々の議論があっての発表だったのかということも疑問に残る。

神戸大学からの一方的な話だから、具体的な話はまだまだ先のことだから···

まさか、市長も議員も建設着工はまだまだ先のことだから、自分には関係ないことだと真剣に受け止めていないということはないと思うのだが···。

私は、小野市は三木市よりも財政状況が良好なのだから、建設地を小野市にして、資金の面から経営の面まで小野市が中心になって面倒を見てもらうのが得策と考える。三木市は必要最小限の負担ですむようにするべきだと思うのだが皆さんはどのように考えられるでしょうか。三木市にとって有利な条件で折り合いをつけるのも政治家の腕の見せ所と言える。

いずれにしても多方面の有識者などから意見を聞くために必要な情報公開はまだまだ必要だし、一刻も早い議論の場が求められることは間違いない。

今後、小野市との駆け引きに翻弄されっぱなしではあまりにも情けなさすぎる。
市長も議会も···
[PR]
by kkamoike | 2007-12-14 12:36 | 三木市政 | Comments(0)

R175が見て、聞いて、読んで感じたことを書き綴ります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31