どうぶつのつぶや記

「みっきぃふるさとふれあい公園」について考えてみた

私が、みっきぃふるさとふれあい公園構想のことを詳しく知ったのは、担当者の一人、さるとるさんのブログを見てからだ。

何日か前に、さるとるさんとのコメントのやり取りの中で、私のブログでもこの「みっきぃふるさとふれあい公園」に関することをまた書かせてもらいますと約束をした。

いざ「みっきぃふるさとふれあい公園」について、何か書いてみようと考えたのだが、どういうスタンスで、どういう内容を書けばいいのか正直悩んでしまった。
(少し後悔しています・・・(笑))

いろいろ考えた挙句、
三木のいいところ(場所など)をブログで紹介するのも「みっきぃふるさとふれあい公園」の発信のひとつと考えていいのだろうかと思ったりもした。
そんなわけで、これから自分なりにいいなと思う三木のスポットがあれば紹介していってもいいのかなと感じた。(結局、ありきたりの結論に至ってしまった。)

そんなことを思って、よく考えてみると、
武雄市には、「武雄よかとこブログ」というものがある。
rfuruyaさんが今までのブログの中で紹介をされていた「高槻のええとこブログ」もある。
これら2つのブログとは少し違った形の情報発信としては、長浜市の観光協会のホームページもある。
これらは、いずれも景観を考えるというだけでなく、内外の人たちにあらためて「まちの魅力」を再発見してもらうということもその目的の一つだと思う。

三木市の場合、さるとるさんやrfuruyaさんたちが中心となって展開されようとしている「ひょこむ」がそれにあたるのだろうか。

こういったブログなどによる情報発信ももちろん大事だが、
職員の方たちが、各地域をこれから巡回し、みっきぃふるさとふれあい公園の取り組みを情報発信されるのであれば、
それぞれの地域で、憩いの場所や親しみのある場所、ホッとできる場所などの情報をそこに住む人たち自身から直接教えてもらい、
それらの場所を核として地域別の景観づくりの構想につなげていく展開もおもしろいのではないかと感じた。

ブログなどでは、どうしても一部の人の自己満足に終わってしまう可能性があるので、せっかく地域に足を運ばれるのであれば、直接話が出来る人たちからその地域のおすすめスポットを紹介してもらい、その良さを地域の方と共有した上で、これからの地域づくりに活かしていってはどうかと思った。(それらをまとめて、あらためてブログなどで情報発信するとか)


すでにこのようなことも行政のほうで考えておられるかもしれませんが、意見として述べさせていただきました。
何日か考えて、こんなことしか思い浮かびませんでした。
また提案できることが思い浮かんだらブログにも書いていきたいと思っています。
[PR]
by kkamoike | 2007-11-04 18:57 | みっきぃふるさとふれあい公園