ブログトップ

どうぶつのつぶや記

タウンミーティングのこと

昨日はタウンミーティングがホースランドで開催されたようだ。
残念ながら地元の集会と重なり参加できなかったのだが、集会の後、たまたま近くのコンビニでタウンミーティングに参加した友人と出会い話しを聞くことができた。
参加者もそこそこで、いい意見もあってよかったということだったが、一点、首を傾げたくなるところがあったので今回はそのことを書きたいと思う。

それは、タウンミーティングにわざわざ出席していた職員を市長自ら帰らせたということだ。
市長の総括の中で述べたことのようなので間違いはないみたいだ。

帰らせた理由は、議会で職員の参加者を最小限にすると約束したからだそうだ。これからは参加者をできるだけ十人以下程度に抑えるとのこと。

私が疑問に思うのは、そんな縛り(人数を何人以下にする)を設ける必要がなぜあるのかということである。
議会とのやり取りを直接聞いているわけではないので、議会側の真意を掴むことはできないが、問題とするべきことは、職員の参加者数云々ではなく、組織としてタウンミーティングに臨む際の考え方ではないのかと思う。
必要以上の職員を動員させる、参加を強制させている風潮、組織の風土が問題なのだと思う。
さらに、職員の数が多いということよりも、参加する住民の数が少ないことのほうが問題なのだと思う。

行政が住民との参画と協働をこれからのまちづくりの核として位置付けるのなら、むしろ自主的に参加する職員は多ければ多いほど歓迎すべきことなのではないのか。
職員が参加するメリットは、今日のさるとるさんのブログを見れば一目瞭然である。
そういう芽を市長自ら摘む行為は住民と職員への裏切り行為ではないのだろうか。

また、実際に帰らされた職員があると聞いて、ここでも市長の都合で、職員がいいように利用させられているのだなと感じた。言葉は悪いが、職員を物扱い、私物化している印象すら感じた。

そこには、高い理念や信念に基づく言動とは思えない、議会との「視点を取り違えたやり取り」に翻弄する姿、自らを保身する醜い姿しか見えない。

誰のための、何を目的としたタウンミーティングなのだろうかと感じた。
[PR]
Commented by 山田和広 at 2007-10-29 14:43 x
R175様はじめまして。
山田和広と申します。

私もその通りだと思います。
ミーティングに参加する職員の数が多すぎるから駄目だ、などとは誰も言っていないのです。
もちろん私が聞いている限り、議会でも、です。

「参加している市民の数に比べて職員の数が多すぎる」

「参加している職員の数に比べて市民の数が少なすぎる」
では、まったく意味は違うのです。現状として多くの方々が憂いておられるのは後者です。
例えば職員が50人参加していても、市民が300人参加していれば別に誰も問題として取り上げません(8万4千人いる市民数を考えて300人が多いか少ないか、は別問題として)。
Commented by 山田和広 at 2007-10-29 14:45 x
(長すぎたようで、2回に分かれてしまいました。すみません)
市長も、職員の数を減らす努力の話をしてどうするんでしょう。
もちろんしているとは思いますが、参加する市民の数を増やす努力をしている!という話をしないとしらけますよね。
参加者数を示す為でしょうか、ミーティングに参加している職員に手をあげさせていましたが。
これから載せるのであろう公式発表の数に偽りがないことをあらかじめ見てもらいたかったのでしょうか。

私もブログに書きましたが、三木市ホームページに載せる公式発表として、市民向けのミーティングの参加者数に職員の数を入れる意味が分からないと言いたかっただけです。
数そのものにこだわるあたり、何か外面を気にされておられるようにしか思えません。
私も批判一辺倒ではないのですが、この点に関しては納得のいかないことばかりです。

どんな意見であれ、いろんな場所で、いろんな声が上がっているのはとてもよいことだと思います。もっと多くの人が自分の意見を述べられる場が広まっていけばいいですね。

突然のコメントお許しください。
また是非読ませていただきます。

山田和広
Commented by kkamoike at 2007-10-29 21:23
山田和広様
はじめまして
コメントをいただきありがとうございました。
山田さんのご活躍はブログを通してですがよく承知しています。なにより、山田さんご自身のブログで、山田さんの考え方に共感した者の一人です。
私も山田さん同様、一個人を非難したり誹謗中傷するブログにするつもりは毛頭ありません。ただ市民として、まちづくりに関心を持ち、自分がおかしいと思うことに対しては、はっきりと主張していきたいと思っています。
自分のブログで書いている意見が必ずしも正しいとは思っていません。間違っているのであればはっきりと指摘していただきたいと思っています。三木市のことをブログなどで取り上げておられる方はみんなそれぞれの立場で三木市がいい方向に進むことを願っているはずです。
山田さんがおっしゃるように、一人でも多くの人が市政に対して意見交換できる場がどんどん広がればこんなに素晴らしいことはないですよね。
今後ともどうぞよろしくお願いします。
by kkamoike | 2007-10-28 11:30 | 三木市政 | Comments(3)

R175が見て、聞いて、読んで感じたことを書き綴ります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31