ブログトップ

どうぶつのつぶや記

絵に描いた餅に終わらせるな

先日、通称やまかずさんのブログで三木市のタウンミーティングの話題が出ていた。
あわせて、そのブログに関するコメントがオンブズマン三木さんのブログでも展開されている。

私もタウンミーティングに参加したことがあるのだが、その時は非常に雰囲気が固かったという印象しか残っていない。

rfuruyaさんのおっしゃるとおり、やり方や体裁にとらわれすぎているのかもしれない。

重々しいという表現が一番相応しかったのかもしれない。

フランクな状況、ざっくばらんな状況をつくるには、お互いが心を開き、正直にならなければならない。

偶然にも、昨日紹介した「頭をよくする思考術」(著書:白取春彦)にこんなことが書いてあった。
フランクな、ざっくばらんな雰囲気を阻止してきた原因があるとするなら、
それは、双方、またはどちらか一方に、
恥をかきたきない気持ち
弱みを見せたくない強がり
様々な意味での保身
いつも相手より上に立ちたいという傲慢
相手からよく見られたいという虚飾
自分のくだらない自尊心
があるからだ。

自尊心は正義を行うときだけ必要なものであって、物事をわかりにくくするための障害にしてはならない。
(以上、本文より)
···

はたして主催者側にこの中に一つでもあてはまるものはなかったのか。

もしあるとするならそのような部分を取り除き、今一度原点に立ち戻る必要がある。

あるなしにかかわらず自ら省みる努力を怠れば、薮本市長のいう「現場主義」はまたしても「絵に描いた餅」に終わってしまうだろう。
[PR]
by kkamoike | 2007-10-18 12:37 | 三木市政 | Comments(0)

R175が見て、聞いて、読んで感じたことを書き綴ります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31