ブログトップ

どうぶつのつぶや記

三木鉄道とまちづくり 雑感

2017/7/29 神戸新聞NEXTに、「旧三木鉄道、茨城で変わらず元気 海も見ました」
という記事が掲載されていました


以下、記事を一部抜粋して掲載します

2008年に廃止された兵庫県三木市の第三セクター、三木鉄道の車両が、500キロ余り離れた茨城県の第三セクター、ひたちなか海浜鉄道で快走を続けている。白地に赤と青のラインが入った車両が豊かな緑の中を駆けるのどかな風景が人気を呼び、地域ぐるみで存続努力を続けるローカル鉄道の活性化に一役買っている。
(略)
 ひたちなか海浜鉄道は、三木廃線を受けて09年に1両を買い取り、同年8月に運行を始めた。三木鉄道は、保有した3両をそれぞれ国内の地方鉄道会社に売却したが、往時のボディーカラーを維持しているのはここだけ。
98年製のディーゼルカーで席数57、定員116人。車両番号は三木鉄道時代の「ミキ300-103」のまま。老朽化で色を塗り替える際も「懐かしんでくれる人がいるから」と、あえて同じに保った。いすなどの内装も変えていない。年に100人程度のファンがミキ目当てでひたちなかを訪れる。
(以上、記事の冒頭を抜粋)



三木が育んだ良さをそのまま受け継ぎ、廃線当時と変わらず愛し続け、受け入れてくれている鉄道がありました
嬉しくもあり、何か大事なもの、かけがえないのないものを失ってしまったという残念な思いが交錯します
三木鉄道の廃線への経緯やその後の線路跡の活用法などを見てきた者からすれば、非常に複雑な気持ちになりますね

日常当たり前の光景の中にこそ、価値あるものがあることをあらためて気付かされたと同時に、それを見出し、どのように活かすことができるかが、これからのまちづくりに問われるのではないでしょうか

三木鉄道を生み育ててきた三木には、まだまだいろんな価値を生み出すものをたくさん持っている、そんな可能性を秘めたまちなんじゃないかと常々感じています

三木鉄道廃止で失ったものを今更取り戻すことはできません
ひと昔前の私なら批判で終わっていたような気がしますが、ある結果からこれからのまちづくりにどう繋げることができるのかを考えた時、かなりベタな発想かもしれませんが、たとえば、三木鉄道の車両がとり持つ縁をきっかけに、茨城県ひたちなか市と友好都市を結び、市民交流を進め、鉄道を共に盛り上げる、そして、三木市をアピールしていくというのも面白い発想ではないかと思ったりします

これは、三木鉄道を自ら廃止した前市長では絶対にできないことかもしれませんが、仲田市政ならできないことはない取り組みではと感じます

まちづくりの無限の可能性と、まちづくりの難しさ、その両方を考えさせられる記事でした


[PR]
by kkamoike | 2017-07-29 13:44 | みっきぃふるさとふれあい公園 | Comments(0)

R175が見て、聞いて、読んで感じたことを書き綴ります。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31