ブログトップ

どうぶつのつぶや記

三木市職員、これからの三木 雑感

「10年間自分で考えたらだめな組織だったので、職員が育っていません。」
これは、あるフェイスブックで、三木市政を取り上げた記事に対するコメントです

仮に、三木市が、そのような組織であったなら、志を高く持ち、公務員の仕事に懸命に取り組んでこられた方たちにとっては、さぞかし、やりきれない、そして苦しい10年間だったのではないでしょうか?

一方で、「いつか夜は明ける」と信じ、腐らずに、その瞬間を夢見て、懸命に耐え、目の前の仕事と真剣に向き合ってきた方たちもいるはずです
今の三木市にもそんな方たちが必ずいると信じています


子どもの教育を語る時などに、よく言われる、「自由」と「規律」

「規律」は、好き勝手なことができず、窮屈という印象がありますが、一方で、自分で考えなくても、上からの命令どおりに従っていれば、責任はとらなくてもいい場合があることを考えれば、ある意味、楽です

しかしながら、「自由」は、一見、楽に見えるけれども、自分で責任を持って考え、行動することが求められるので、厳しく、しんどい面があります

職員の方たちにとっては、これから、今まで以上にやり甲斐を持って仕事に取り組めるという反面、今まで経験したことのない、
もしかしたら、全国のどの自治体職員も経験したことのないような大きな壁、これまでの困難とは全く次元の違う困難にぶち当たることになるかもしれません

そんな時は、ぜひ、仲田市長とともに、その困難な状況から「自分たちの手で、この組織を蘇らせるんだ」という気概を持って、頑張っていただきたいです
そして、冒頭のようなコメントの予想を裏切るような活躍を期待しています

私たち三木市民も、頑張る職員の方たちを温かい目で見守り、応援し、市と協力しながら、この三木を今まで以上に魅力あるまちにしていけたらいいなと思っています

[PR]
by kkamoike | 2017-07-14 21:39 | 三木市政 | Comments(0)

R175が見て、聞いて、読んで感じたことを書き綴ります。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30