どうぶつのつぶや記

「脱・グレシャムの法則」

『おいしいもの見つけ隊 隊長日記』は、いつも家族全員で、おいしい食べ物やおもしろいお店のネタがアップされるのを楽しみにしているブログの一つです。
そんなとっつきやすい記事の中にも、しっかりとしたマーケティングのエッセンスが盛り込まれているところにも魅力を感じています。
もちろん、ビジネス、マネジメントに絞った記事もアップされています。
そんな『おいしいもの見つけ隊 隊長日記』から、最近、特に「ふんふん」と思わず頷き、納得させられた記事がありましたのでご紹介します。
『目先の利益、とらわれるな』です。ご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんが、まだ読んでいないという方はぜひご一読ください。
今回、私がアップした記事のタイトルにも使っている「グレシャムの法則」という言葉、恥ずかしい話ですが、この隊長日記さんの記事で初めて知りました。
最初はなんのことか(勉強不足で)全く分かりませんでしたが、記事を読んでいくうちに、マネジメントにおいて陥ってはならない法則であるということがよく分かりました。


そして、この「グレシャムの法則」について、ホームページで検索をしているとこんなページにも辿り着きました
『がんばれ社長!今日のポイント』 
ここでは、「脱·グレシャムの法則」というテーマで、詳しく説明がなされていますので、要点だけを抜粋してご紹介します。
「脱·グレシャムの法則」
●イギリスのトマス·グレシャムが1560年にエリザベス女王に対して進言した“Bad money drives out good.”(悪貨は良貨を駆逐する)という法則がある。グレシャムの法則とよばれるこの法則は、通貨の問題だけでなく、あらゆることに応用がききそうだ。
 ◇優先順位の低い仕事は、高い仕事を駆逐する
 ◇日常業務は、改善業務を駆逐する
 ◇既存事業が新規事業を駆逐する
 ◇既存客まわりが新規客開拓を駆逐する
 ◇耳ざわりの良い話が耳の痛い話を駆逐する
 ◇成績の悪い部門(人)に割く時間が、良い部門(人)に割く時間を駆逐する
 ···etc
●今やっている仕事を定期的に点検し、目標を達成するために個人や組織を軌道修正する機会が必要だ。経営方針の発表も役員会議も営業会議も部署内ミーティングもそのために存在する。しかし、そうした本来の主旨から離れた会議に出くわすことが多いのはなぜか?諸連絡や先月の成果と反省、今月の見通し発表などで終始し、グレシャムの法則に陥っていないかを点検する機能が備わっていない会議が多い。
(略)
●年に一回、半年に一回、四半期に一回、毎月一回、毎週一回、毎日、それぞれの頻度でチェックすべき事柄がある。問題が発生したから議題にのぼるのではなく、問題があろうがなかろうが定期的に議論すべきテーマがあるのだ。たとえば、次のようなテーマは是非とも社内で定期的に話し合ってほしい。
 ◇我社のビジネスモデルは変える必要がないか
 ◇ライバル他社は最近どのような動きをして、どんな結果を出しているか
 ◇顧客や市場を開拓するための活動は今のままでよいか
 ◇顧客満足度は半年前にくらべてどのように変わっているか
 ◇社員は活き活きと働き、存分に能力を発揮できる環境にあるか
 ◇社員の能力開発のためにすべきことはないか
 ◇我社の収益、生産性、財務体質は計画にくらべてどのように推移しているか
 ◇我社の事業目的や経営理念に近づくために、何をすべきか、何をやめるべきか
 ◇同業種·異業種の成功企業から学ぶことはないか
 ◇いまから新規に事業を始めるとしたら、今の事業をするか



三木市でもこれまで庁内会議なるものが定期的に開催され、ホームページなどで会議の内容がオープンにされてきましたが、残念ながら、最近は開催回数もめっきり少なくなり、会議の内容ももう一つ論点が定まっていないというか、中身に乏しい感が否めません。
「改革」に終わりなどない、日々「改革」であるはずなのですが···。
しかし、こういう一見派手ではないけれども、日常における地道な一つ一つの点検や話し合いの積み重ねこそが本当の改革実現に向けた土台になっていくのではないでしょうか。
以前にも「改革」の定義を引用しましたが、「改革」とは、上から押し付けるものでも、スローガンや聞こえの良い言葉だけで表現できるものでもなく、実は内から湧き上がってくるものであったり、日々地道に根気強く取り組んでいかなればならない一つ一つの積み重ねという部分が「改革」の成否を大きく左右する要素になるのではないかと感じたりもします。


政治家や候補者が「改革」を口にする際、我々が最も注意しなければならない点は、「改革」だと唱える一つ一つの項目、派手に目を引くアドバルーンのようなスローガンだけではなく、改革を行っていくためのポイントをどこに置いているのか(置こうとしているのか)という点についてもよく観察し、スローガンの裏に隠された本当の意図を理解する必要があるのではないかと感じます。
[PR]
by kkamoike | 2010-01-04 20:04 | マネジメント | Comments(2)
Commented by 見つけ隊 隊長 at 2010-01-07 23:50 x
はじめまして!おいしいもの見つけ隊 隊長です。

リンクしていただき、なおかつお褒めいただき、恐縮しています。

脱グレシャムの法則、改めて勉強になりました。

こうしてお互い、気がついたことを情報交換できればうれしいです。

今後とも、よろしくお願い申し上げます(ペコリ)
Commented by kkamoike at 2010-01-08 17:58
おいしいものみつけ隊 隊長さま

はじめまして!
まさか直々にコメントをいただけるとは思っていませんでしたので感動です。
これからも美味しそうな記事もマネジメントな記事も楽しみにしています!
今後ともよろしくお願いします。