ブログトップ

どうぶつのつぶや記

まちの可能性を引き出すための体制づくりをどのように考えているのか

どのようなまちづくりを目指していくかによって市の体制も大きく異なってきます。
現在の市長は、広報などを通して、県下で最も少ない職員体制で行政運営を行っていると言われる小野市を例に取り、職員数の比較や削減の際の目安にもしておられるようですが、私は、そもそもまちの歴史もまちの潜在能力も異なる両市が同じ体制にする必要があるのか常に疑問を感じていました。
また、これからの時代はまちの特色をいかに打ち出していくか、本来は、そのようなまちの可能性を引き出すための体制づくりを考えなければならないはずなのに、まちづくりの理念なき体制づくりだけが進められてきているように感じてなりませんでした。


例えば、公民館を中心としたまちづくりの推進は、現在の市長が打ち出した特色ある三木のまちづくりの目玉政策です。
市内に10箇所も公民館が設置されているのは隣の小野市はおろか、全国でも珍しい充実ぶりだそうですが、この分野だけを取り上げてみても、他の自治体では配置する必要のない人員が必要になってくるわけです。


このような状況の中、小野市と同じ水準の職員数にするためには、少なくとも公民館に従事させている職員数の分を他の分野で減らしていかなければなりません。
職員数を削減するということは、何かの事業を取りやめるか、あるいは規模を縮小していかないとたちまち立ち行かなくなるはずなのですが、不思議なことにそういう話はこれまでほとんど聞いたことがありません。
では、どうやって市役所は仕事をこなしているのでしょうか。
正規職員の数はマニフェストの目標でもあるので定期的に発表されたりしていますが、正規も非常勤も合わせた全体の人員体制はこの4年間、正直なところどのように推移してきているのでしょうか。
一部の都合の良い情報だけオープンにするのではなくて、全体の姿を正直に包み隠さずオープンにすることは市民参画のまちづくりを目指す上でも大事なことだと思います。


公民館を中心としたまちづくりをすすめることは言わば「大きな行政」を目指しているようにも受け取れるわけですが、反面、事業の取りやめや見直しに着手する気配も見られない中で、必要以上の人員削減や非常勤職員の割合を必要以上に増やすことは、市の将来を見据えた時に、業務やノウハウなどの継承という面での不安や責任の所在があいまいになってしまうなどの組織力の低下、サービスの質の低下などを招くことになってしまうのではないかと感じます。
人員を減らしてサービスはそのまま、あるいはこれまで以上の充実を図ろうとしても必ずどこかで無理が生じていつか歪みが出てきます。
単に「削減」だけを強調したがる候補者には、有権者としても特に注意が必要で、一歩立ち止まって冷静になって状況判断することが必要ではないかと思います。
[PR]
Commented by minmin at 2009-11-15 20:41 x
ご無沙汰しております。
市長選ですね。二人の候補。
若い候補がもう一人出たら,盛り上がるだろうと思うのですが、それはそれとして、どのような三木市を目指してほしいかという話だと思うのですが、何かちょっと違うような気がします。
私は、何もたいしたことを知らずに勝手なことを言いますが、例えば、沖縄は基地の問題がありますが、沖縄の方、女子のプロゴルファーとして活躍されている方が多い、また、歌手として活躍されている方が多い、また、長寿の県として知られているなどあると思います。
これは沖縄の行政と関係があるかどうか分かりませんが、それなりのシステムがあるからだと思います。つまり、ゴルファーや歌手や長寿を育む文化、伝統、仕組みがあるのだと思います。市や県によっては、あるスポーツにとても強いところがあります。学校でもそうです。それぞれの特色がある学校は、それを支える教師がおり、それを支える伝統がある。そんなふうに思います。
Commented by minmin at 2009-11-15 20:43 x
これは沖縄の行政と関係があるかどうか分かりませんが、それなりのシステムがあるからだと思います。つまり、ゴルファーや歌手や長寿を育む文化、伝統、仕組みがあるのだと思います。市や県によっては、あるスポーツにとても強いところがあります。学校でもそうです。それぞれの特色がある学校は、それを支える教師がおり、それを支える伝統がある。そんなふうに思います。
今、話をしているのは、このテーマ、「まちの可能性を引き出すための体制づくりをどのように考えているのか」についてなのですが、子供たちが自然と集まってくるような場を作ればいい。子供だけでなく、人が集まってくるような場を作ればいいと思います。
Commented by minmin at 2009-11-15 20:45 x
例えば、三木市はゴルフ場が一番多いのでしたか、このゴルフ場を開放するような、ゴルフ場に人が集まってくるようなことをすればいいのではないかと思ったりします。ゴルフ場の経営が大変な状況にあると思いますが。それなら、とっても安い料金で開放する、そこに、指導者も用意し、継続的に活動できるようなシステムが作れるように、活動を自由にできるよう保証していくなど、そうすれば、潰れてしまうゴルフ場の復活するのではと思ったりします。そんなことは行政がすることではないかもしれませんが・・・。
ゴルフだけでなく、三木鉄道跡地の活用で、何か子供たちが遠くからでもやってくるようなおもしろい活動ができるような場を用意できたら、おもしろいなと思います。人がたくさん集まってきたら、そこに何かが起こると思います。問題も起こるかもしれませんが、その問題が起こるほど人が集まったということは、素晴らしいことでしょう。規制したり、すぐに過剰反応したり、そういうことをせず、何らかの方向性を示せば、人は正しい判断をし、正しい方向を向くと思います。みんな何か一生懸命したいと思っているのだと思います。
Commented by minmin at 2009-11-15 20:48 x
ただ、そのような場がなかなかない。指導者もいない。いたとしても、活動の場がない。
ストリートバスケットというものがあるようですが、それが自由にできる場があれば、みんな集まってくるのではないでしょうか。
フットサルというサッカーがあるようですが、それが自由にできる場があれば、みんな集まってくるのではないでしょうか。
鉄道模型、パソコン、模型のカーレース・・・子供も大人もおもしろく思い、のめり込んでいく要素のあるものはたくさんあります。
本は図書館があります。
Commented by minmin at 2009-11-15 20:50 x
本の好きな子は、図書館に行けばいいのです。そういう場が、他にも用意されて良いのではないでしょうか。図書館は無料で自由に活用することができます。素晴らしいシステムです。税金で全て賄っています。何ら営利目的はありません。どれだけの費用がかかっているのでしょうか。それだけの効果があるのでしょうか。と思ったりしますが、素晴らしいシステムです。図書館がこのように用意され、保証されているのは、どうしてなのでしょうか。よく分かりませんが、これが文化、伝統ということなのかもしれません。
他のことも、図書館と同じように、場が用意されれば、子供も大人も三木市にどんどん集まってくるように思います。人が集まれば、いろいろな問題と同時に、何かが生まれる可能性が山ほど生まれるのではないでしょうか。沖縄で女子のプロゴルファーが生まれ出てくるのは、ゴルフを目指す人がたくさん集まってやっているからだと思います。どうして集まってくるのか、そのような場がどのようになっているのか全く知りませんが、そうでないと、沖縄から、何にもの素晴らしい女子プロが出てくるということが理解できません。
Commented by minmin at 2009-11-15 20:51 x
他のことも、図書館と同じように、場が用意されれば、子供も大人も三木市にどんどん集まってくるように思います。人が集まれば、いろいろな問題と同時に、何かが生まれる可能性が山ほど生まれるのではないでしょうか。沖縄で女子のプロゴルファーが生まれ出てくるのは、ゴルフを目指す人がたくさん集まってやっているからだと思います。どうして集まってくるのか、そのような場がどのようになっているのか全く知りませんが、そうでないと、沖縄から、何にもの素晴らしい女子プロが出てくるということが理解できません。これまで台湾の選手とか最近は韓国の選手とか、目立つように思いますが、それはそれで、多くの人が集まって頑張っているからだと思います。
町の可能性を引き出すためには、そのような場を作るということが必要だと思います。
以上、勝手なことを書いてしまいました。ご容赦を。
Commented by minmin at 2009-11-15 20:52 x
このブログのシステムは、なかなか大変なシステムだ。
ちょっとしたことだが、コメントの入力文字数が制限されているので、撮っても困る。
by kkamoike | 2009-11-15 08:08 | Comments(7)

R175が見て、聞いて、読んで感じたことを書き綴ります。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30