ブログトップ

どうぶつのつぶや記

投資効果のある事業を考えることが重要

先日から、人、お金、時間などの限られたものをどのようにして有効に使っていくかという話を続けていますが、昨日の武雄市長物語では、公共事業について書かれてあります。


以前にも申し上げましたが、私が今の三木市長に対しハコモノ批判を繰り返しているのは、公共事業だから批判しているわけではなく、タイミング、ニーズ、費用対効果などの面で不適切だと感じるハコモノに対して批判しているのであって、有効なものであれば、市債という制度があるわけですから、将来の世代にわたって均衡に負担して作るべきだと思っています。
そういう意味で「借金」も必要があれば、有効性が認められれば、発行すること自体「悪」だとは思っていません。


ところで、先日、三木市が単独支給を決めた「子育て応援特別手当」ですが、国がこの制度を発表したとき、テレビのインタビューなどでは、子どもを持つ親から一回きりのお金をばら撒くのではなく、もっと子育てしやすい環境整備、教育環境の整備にお金を使ってほしいというような意見が多く見られました。
私もそのとおりだと思います。
また、今回の三木市の「子育て応援特別手当」単独支給の記者発表資料には、付け足しのように学校のソーラーパネルの整備も国の補助が凍結された場合、市単独で実施するとありましたが、これなども、本当に今の三木市の現状からして緊急に整備が必要なものなのかどうか非常に疑問です。
樋渡市長がおっしゃっておられるように、武雄市に限らず、三木市でも公共施設がたくさんあって、道路はもちろん、学校の校舎や公民館など建設されてからかなり年月が経過しているものや、もう少しすれば地域ごとに建てられているデイサービスセンターなどもメンテナンスが必要になってくることが予想されます。


今回の、子育て応援特別手当やそれ以外の国の補正予算凍結に伴い市単独で支給をすることとしたお金、
どうせ使うなら学校の耐震化工事などを前倒ししていくお金に充てる、
そういう子育て支援があっても私はよかったのではないかと感じます。
子育て支援を子育てしている世代にむけるのもいいですが(今回の支援金は一部の親世代が対象)、全ての子どもたちが平等に恩恵を受けるにはどうすればよいかという目線で考えれば、自ずと答えは出て来るのだと思います。
どうせお金を使うならもっと有効に使ってもらいたいものです。
お金はいくらでもあるというものではないのですから。
[PR]
Commented by ピーマン at 2009-10-31 18:46 x
今、国(前政権の自民党)も県も市町村も 事業の投資効果を考えたものが どれほどあるのでしょう?

道路・河川・田畑 などの事業は よく B/C などと言って 投資効果を検討されているのかもしれませんが、
建築系のハコモノ事業や 今回の子育て支援など バラマキ系の事業など その投資効果には 非常に疑問があります。
前にもコメントさせていただきましたが、投資効果云々ではなく真に必要な事業もあると思うのですが、昨今の事業は、必要性も含めて非常に疑問のあるものが多いように思います。

今、三木市で取り組まれている事業は?
私たち市民が判断し、次の選挙で その意志を示す必要がありますね。
Commented by kkamoike at 2009-10-31 21:32
時代とともに公共事業の目的、必要性、内容などは変化していかなければならないはずなのに、政治家も有権者も意識を変える勇気が持てなかった(選択の余地があまりなかった)というのが、このような状況をずるずると引きずってきたのではないかと思っています。

ピーマンさんが言われるように、選挙を通して有権者がどう判断するか、これまでの税金の使い方のままでいくのか、使い方、配分を見直していくのか···。
候補者は有権者に事業に対する考え方(理念やバックボーン)をしっかりと説明する義務があると思いますし、最終的に有権者の「審判」=「覚悟」が政治を変えられるか変えられないかの原動力になるのではないかと思っています。
Commented by ピーマン at 2009-11-01 12:07 x
候補者は有権者に事業に対する考え方(理念やバックボーン)をしっかりと説明する義務があると思いますし、最終的に有権者の「審判」=「覚悟」が政治を変えられるか変えられないかの原動力になるのでは・・

私もそう思います。

今日 広報が届きました。

2色刷りの経費削減した?やけに分厚い広報。

子育て応援特別手当の理解できない言い訳?も記述がありました。
コラムの欄には、やっぱり『苦渋の決断』。

吉川の図書館のハコモノアピールも?
吉川の図書館のすぐ隣には、吉川公民館がありますが、そこのスペースの一部で図書室を設けて代用できなかったのか?

莫大な事業費をかけて、2色刷りの広報?

本当に理解できません。
Commented by kkamoike at 2009-11-01 17:05
「市民の皆様(のために・・・)」という言葉が至るところで見られますが、一方的といいますか、押し付けがましく感じるのは私だけでしょうか?
子育て応援特別手当の単独支給で7千万円を基金から取り崩すことについても、「市民の皆様の新たな負担などに影響を及ぼすことはありません」としか書いてありませんが、その影響を及ぼさないと言い切れる根拠が市民に対して詳しく丁寧に説明がされていない、説明してもらえないところに、市民を馬鹿にした(薄っぺらい、中身のない)宣言であるということと、市民不在の市政運営であるということを感じずにはいられません。
その一方で、先日から立て続けに、いろんな施設の完成や大規模事業のプレス発表がなされているようですね。
任期4年の集大成としてこの時期に集中するように計算されているかのようです。
市民への説明責任をきっちり果たすことよりも、自分の政策PRのほうが大事だということなんでしょうか。

by kkamoike | 2009-10-31 08:38 | 三木市政 | Comments(4)

R175が見て、聞いて、読んで感じたことを書き綴ります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31