ブログトップ

どうぶつのつぶや記

誰のための「地域主権」なのでしょうか

公明主導の子育て応援手当 仙谷氏、1254億円凍結要請
(10月14日7時56分配信 産経新聞)

仙谷由人行政刷新担当相は13日、長妻昭厚生労働相と会談し、平成21年度補正予算の削減額上積みのため、3~5歳の子供を対象に1人あたり3万6千円を支給する「子育て応援特別手当」を全面凍結するよう要請した。同手当は全額国庫負担で、予算総額は1254億円。このほか、すでに750億円の凍結を表明している地域医療再生基金についてもさらに削減するよう求めた。長妻氏は回答を保留し、厚労省の政務三役で検討する考えを示した。
仙谷氏は、ほとんどの自治体で支給開始が12月ごろになるため、現時点で凍結しても影響は少ないと判断した。手当が公明党の主導で実現したことから支給を凍結し、民主党が掲げる「子ども手当」など子育て支援策の財源に充当したい考えだ。
ただ、全国の市区町村の議会で予算案が可決されるなど準備が進んでいる上、一部自治体ではドメスティックバイオレンス(DV)被害者を対象に申請受け付けも始まっているため、自治体から不安の声が上がっている。手当の支給を期待していた子育て世帯の反発も予想される。
同手当をめぐっては、先の通常国会で民主党は「支給が一時的で、効果は限定的だ」と否定的な見方を示していた。ただ、長妻氏は9月25日の記者会見で「すでに(申請の受付が)始まる直前で事務も整っている。寸前に急に切り替えることはよく考えないといけない」と述べ、支給の凍結には慎重姿勢を示していた。
同手当は、昨年秋以降の経済危機への緊急措置として、麻生政権が20年度第2次補正予算における子育て支援の目玉政策として導入。15年4月2日~18年4月1日生まれの子供約330万人を対象に、1回限りで3万6千円を支給する。20年度補正予算では第2子以降のみが対象だったが、21年度補正予算で第1子にも拡大された。


数日前の記事で状況は刻一刻と変化していますが、引用した産経新聞の記事の中からも、補正予算の凍結は、政府内でも意見が分かれていて、調整が難航していることがよくわかります。
また、国と地方との関係で見ても、凍結のタイミングや事前調整の不十分さなどから不安や不満が広がっているようです。

子育て応援手当、兵庫·三木市が独自に支給へ (10月15日00時28分 日本経済新聞)
全国知事会の麻生渡会長(福岡県知事)は15日、長妻昭厚生労働相が廃止を明言した「子育て応援特別手当」を巡り、「自治体の一部では申請受け付けも開始されており、突然かつ一方的に執行を停止することは現場に混乱を与える」として削減の対象としないよう求める地方6団体合同の緊急声明を発表した。
一方、兵庫県三木市は同日、「子育て応援特別手当」を市独自で支給することを決めた。支給対象は1778世帯の1982人で、支給総額は7136万円。市の財政基金を取り崩して財源を確保し、11月中旬から支給する予定だ。
藪本吉秀市長は政府の支給停止方針を批判。「市は財政危機宣言を発しているが、子育て支援策の一環として独自支給する」と述べた。


そんな中、三木市では、「子育て応援特別手当」の支給凍結という厚生労働省の発表を受けて、市単独で支給に踏み切る判断がなされました。
今回は、三木市の財政危機宣言に触れた市長のコメント部分を取り上げている日本経済新聞の記事をあえて引用しました。


今回の件も突っ込みどころ満載ですが、いちいち書いているときりがないので、言うことは二つに絞らせてもらいます。
一つ目は、地域主権について、二つ目は、説明責任についてです。


地域主権の理想を追い求めたばかりに、自分たちの地域は自分たちで守る、地域の実情に合わせて地域に必要な政策を選択するという地方自治の本旨を忘れ、結果的に自治体としての活動を停滞させてしまうようなことがなければいいのですが。
リーダーとして地域主権とは何か、国と地方の関係はどうあるべきかといった考え方を持ち、その理想の実現に向けて努力することは当然のことですが、一方で、自分たちが置かれている現実を見据える中で、出来る範囲のことを考えていく、その辺のバランス感覚というものが必要になってくるのだと思います。


そしてもう一つ、
本当に市民と向き合うことが地方行政の姿だと言うのであれば、三木市に限っていうなら、先ずは財政危機宣言を発する中で、基金を七千万円も取り崩すことに対する今後の財政再建計画への影響、また、来年度以降の更なる住民負担やサービスカットなどに至ることは本当にないのかといった部分での説明責任をきっちり果たすべきではなかったかと思います。
その上で三木市独自の政策として実施すべきかどうかを議論するべきであったと私は考えます。
今回の発表は、国や他の自治体、マスコミへのメッセージにはなったのかもしれませんが、市民に対するメッセージとしては、あまりにも筋が通ったものとは言い難いもので、市民を無視した、市民不在の中での自分勝手なメッセージであったのではないかと思います。
[PR]
Commented by ピーマン at 2009-10-17 14:48 x
おっしゃるとおり。
市民不在の自分勝手・我儘勝手。

・先ず第1に、財政危機宣言に矛盾を感じる。非常に感じる。

・神戸新聞より、
 『市は「広報でも周知しており、停止は混乱を招く』 とありますが、どんな混乱? 再度、広報で周知してもらえれば、混乱なんてしませんよ。
 これまでも、公民館の使用料の徴収の件等の施策でコロコロ変ったじゃありませんか?360万円の補助金が出せないなどの理由で花火大会が中止されたりしましたよね?
そっちの方が はるかに混乱しましたよ。

・そもそも財政危機なるものは、財政状態も悪くないのに基金などの取り崩しが財政を逼迫すること 云々 によるものであったと思いますが、いろんな基金があるとは思いますが、その基金を7000万円も取り崩して今回の予算に当てるなんて?

Commented by ピーマン at 2009-10-17 14:48 x
・H20の予算で、病院への繰入金を市から入れなかった理由として、他の予算を議会に反対されたため その収支バランスを欠く?などというような?理由で 予算執行を行わなかったですよね?その結果、三木市民病院は「早期健全化団体」?になってしまい、外部監査を受けるハメになったと思っているのですが、今回は、国からの収入がなくなるのに 市長の『苦渋の決断?』などで 予算執行されるんですか?

・神戸新聞より、
 『国民や自治体の声を聞かずに停止を決めた政府の対応には・・』とありますが、国民市民の声を無視しているのは、市長の方ですよ。仮にも現政権を選んだのは私たち国民市民です。
市長のほうが、はるかに私たちに示したマニフェストに反する施策を行っていませんか?

・ふるさと日記さんでも 取り上げられていますが、 選挙目当て丸出しですね?

・選挙対策に 市民の基金を 『苦渋の決断』なんかで ばら撒かないでいただきたい。
Commented by ピーマン at 2009-10-17 14:57 x
それと もう一つ、

大切な事は、この件 議会案件ではありませんか?

再度議会に諮らないと執行できないのではありませんか?

もしそうなら、いつもの事ですが、議会軽視の先走りですよね?

議会がどのような判断をなされるのか分かりませんが、本当にひどい市長ですね。
Commented by kkamoike at 2009-10-17 19:34
ピーマンさま
フォローありがとうございます!
そうなんですよね、書けばきりがないぐらいいろいろあるんですが、
もういちいち指摘するのもいい加減しんどかったもので・・・(笑)
ホント助かりました。

ところで、記者会見の資料を見ても、何度も「議会で承認された」というような表現がありましたが、議会が承認したのは、国からの交付金ありきの話であって、市単独の予算執行で承認していたわけではないと思うのですが。
議会は今回の件、抗議しなかったんでしょうか?
それとも市長と同じ考えなのでしょうか?
もしそうだとしたら、三木市政もほんとおしまいだと思います。
それとも市長に好き勝手させて、次の選挙で市民に見切ってもらう算用なんでしょうか?

それにしても七千万円がポンと出せるなんて、とても財政危機に直面している自治体のやることじゃないですよね。
やっぱり財政危機宣言は市長の自作自演ということだったんでしょうかね。
Commented by ピーマン at 2009-10-17 20:30 x
議会を含め 関係機関 無視の 記者会見は、市長の得意とするところです。
おそらく 議会も 寝耳に水 なのでは ないでしょうか。
抵抗すれば、得意の勝手アンケートで やられてしまいますので、議会も困っているのではないでしょうか?

それにしても今回の国の施策は、市長にとって「渡りに舟」になりましたね。

・市長の一番の目的と思われる「マスコミに取り上げられる事」を達成できた。
・私たち市民の「基金」であるにもかかわらず、市長自身の選挙のため?のバラマキに「基金」を利用できた。

まあ、政権政党を敵にしたのですから 何らかの報いはあるでしょう。(三木市長なんて小さすぎて相手にされないかもしれませんが・・。)

それにしても 本当に どうしようもない市長です。

こんな事も 新聞各紙に取り上げてもらえれば良いのですが、取り上げるには、三木市長は小さすぎるのでしょう。

選挙まで約3ヶ月。好き勝手してきた市長ですが、さすがに評判はがた落ちしてきたようです。

選挙が無投票となりませんように。
Commented by kkamoike at 2009-10-17 21:17
所詮、他人から集めたお金、自分のお金ではないという意識だから、このような支離滅裂なお金の使い方ができるのでしょう。
退職金返上は自分の懐に入るものだから、市に返す気がないのだと思います。
同じ公金なのに···。
今度の市長さんには、市民のお金を大事に使える人、お金の価値、使い方を知っている人になってもらいたいものですね。
Commented by ピーマン at 2009-10-17 21:50 x
本当に そうあって欲しいものです。

私たち市民も 候補者の本性を見抜く力がないと とんでもない4年間を過ごすことになる事を もう一度肝に銘じておかないといけませんね。

行政を直接身近に感じるのか 人それぞれで 誰が市長でも どんな市長が4年間の職を務めようとも 無関心でいられる市民の方も多いと思いますが、その4年間の積み重ねが 私たちの次の世代に とんでもない宿題を残す事になるかも知れない事を、肝に銘じておかないといけませんね。
Commented by kkamoike at 2009-10-17 22:37
まったくそのとおりですね。
市長選、期待しましょう。
Commented by kkamoike at 2009-10-19 20:19
子育て手当凍結で平松大阪市長「肩代わり支給無理」
2009.10.18 01:48 産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/region/kinki/osaka/091018/osk0910180149001-n1.htm
大阪市の平松邦夫市長は16日、政府が支給凍結を決めた「子育て応援特別手当」について、「市に費用を肩代わりする余力はない。残念ながら支給できない」と述べ、政府に今後抗議する考えを明らかにした。市内で開かれた近畿市長会総会の終了後、報道陣の取材に応じた。
(略)
Commented by kkamoike at 2009-10-20 20:15
公明・山口氏 子育て応援手当停止に「失望禁じ得ない」
(産経新聞 2009.10.15 18:28)
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091015/stt0910151830012-n1.htm
公明党の山口那津男代表は15日、党本部で記者会見し、同党の肝いりで平成21年度補正予算に盛り込まれた子育て応援特別手当について、政府が支給停止を決めたことに対し「子供や保護者の期待を踏みにじった措置だ。景気の失速を招き、景気の二番底といわれる事態を招くとしたら政府の責任は免れない」と批判した。
Commented by kkamoike at 2009-10-20 20:21
山形市議会議員「おりはら政信
http://blog.masa-ori.com/?eid=905903
《「子育て応援特別手当の執行停止」に関しての緊急申し入れ》
1、政府に対し、一方的な「子育て応援特別手当」の執行停止について厳重に抗議すること。
2、市民および対象者に対し、政府の一方的な「子育て応援特別手当」の執行停止について丁寧に説明をすること。
3、本市独自において、「子育て応援特別手当」の支給を検討すること。

申し入れの中で、兵庫県三木市に於いて市単独事業として継続する自治体も有ることに触れ、山形市に於いても子育てに力を入れている現状を踏まえ本市独自の支給について検討をお願いいたしました。
Commented by kkamoike at 2009-10-20 20:24
子ども手当、全額国費で=「地方負担は頭にない」-首相
10月20日14時11分配信 時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091020-00000092-jij-pol
鳩山由紀夫首相は20日午後、政府内で意見が割れている子ども手当の財源について「地方に負担させることは今、わたしの頭の中にはありません」と述べ、全額国費で負担するのが当然との認識を示した。遊説先の川崎市内で記者団の質問に答えた。 
Commented by kkamoike at 2009-10-21 21:31
子育て応援手当、秩父別町が支給 独自に90人分 (北海道新聞社10/21 08:06)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/195504.html
【秩父別】空知管内秩父別町は20日、政権交代に伴って支給中止となった「子育て応援特別手当」(1人当たり3万6千円)について、町独自で支給することを決めた。支給対象は国が予定していた3~5歳に加え、0~2歳にも拡大する。
神薮武町長は「国が中止しても、子育て支援の重要性は変わらない。10月の町広報誌でも知らせたし、保護者の期待が高い」と理由を説明する。
1日現在で0~5歳の子供がいる世帯に、11月中旬に支給する。対象となる子供は90人で、支給総額は約320万円。
子育て応援特別手当は、麻生太郎政権時代に本年度の補正予算に盛り込まれたが、鳩山由紀夫政権になって執行停止となった。
厚生労働省によると、自治体独自による支給は兵庫県三木市も表明しているが、同省は「ほかの例は聞いていない」としている。
by kkamoike | 2009-10-17 11:50 | 三木市政 | Comments(13)

R175が見て、聞いて、読んで感じたことを書き綴ります。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30