どうぶつのつぶや記

メッセージ 

メッセージは、自分が伝えたいことをまとめたものですが、当然、伝えたい相手のことを想像して考えることが大事ですよね。
伝えたい相手が想定されていないと、メッセージの威力は半減してしまうからです。
また、それを発する背景やタイミングも重要でしょうし、普段からどれだけそのことについて考えているのかという客観的な評価が得られなければ、相手を説得させることは難しいかもしれません。
これまでにない発想の転換を図るには、これまでの常識を根底から覆すようなインパクトがなければなりませんが、同時に、どの時代にも、どの世代にも受け入れられる普遍的な部分をしっかり押さえておくことも重要です。


今回の広島と長崎のオリンピック誘致立候補の声明(メッセージ)は、これからの新しい仕組みづくりにチャレンジしていく、久々に日本全体が一体となって世界にメッセージを発する絶好の機会を提供してくれるのではないかと期待させる、そんなワクワク感を与えてくれるメッセージであったと思います。
もちろん、一筋縄でいけるものではないでしょうが、いろんな平和にむけた活動や表現があっていいように、オリンピックの開催もいろんなやり方があっていいんじゃないかと思います。


また、今回の一連の誘致活動は、地方主権を自治体自らの手で実践していくという点からも、いろいろなことを私たちに気付かせてくれるものになるのではないかと期待しています。
広島、長崎両市には、地方の自治体が存在感を示すことの意義、自分たちの主張を全国に、全世界に発信する際のお手本をぜひ示していただき、他の自治体も、今回の誘致活動を注視することで、自分たちのまちづくりのヒントを掴み、実践へと繋げていっていただきたいと思います。


なにはともあれ、広島、長崎、両市長の決断、行動に拍手です。
[PR]
by kkamoike | 2009-10-13 21:34 | みっきぃふるさとふれあい公園