ブログトップ

どうぶつのつぶや記

小さな行政(役所)を目指しているんじゃなかったんですね。

行政が行うべき事業かどうか、どの部分まで行政が関わるのか、
このことは、いわゆる「小さな行政(役所)」でいくのか、「大きな行政(役所)」でいくのかという方向性を示すことでもあります。

先日の記事に対して、ピーマンさまからこんなコメントをいただきました。
その中で、ピーマンさまは「小さな行政(役所)」について、こんなふうにおっしゃっておられます。
『役所(行政)と、民間に分岐点を考えた時、そこに利益が発生するか否か?だと思うのです。
行政が一つの事業を実施する場合、需要と供給の関係もあるでしょうが、そこに利益が発生しないことが、一つの要件ではないでしょうか?
安易に利益の生じる事業に着手するべきではないと思うのです。(と同時に安易に不利益な事業に着手するべきではないのですが。)
その考えを是とするなら、役所は利益の出ない事業ばかりを担うことになるわけですが、であるからこそ、事業の中身を吟味し、利益が出なくても真に私たち市民にとって必要不可欠な事業のみを展開するべきだと思うのです。
そして、それこそが小さな役所に繋がることでは、と思うのですが。』


そうですね。
私も、行政が本来果たすべき役割を考えたとき、効率だけではどうしても片付けられない部分があるのは事実だと思います。
一方で、現在の地方財政を取り巻く状況からすれば、行政のスリム化、「小さな行政(役所)」は時代の要請でもあると思います。
「民間に預けられることはできるだけ民間に」という発想も間違いではないと思っています。
そんな中で、行政が市民の要望にどこまで応えるべきかという判断については、やはり最終的にはその自治体の財政状況や、どの事業に重きを置くかといった、財源の配分の仕方などによって違ってくることだと思います。



ただ、今の三木市のやり方を見ていて分からないのは、財政難を理由に、急激な職員数の削減·合理化を進めているわけですが、その一方で、展開している事業を見てみると、他の自治体が手を出さないような事業、例えば、三障害施設の運営に手を出してみたり、公民館を中心としたよりきめ細かなサービスの提供を試みたり、図書館サービスをこれまで以上に充実させたり、さんさんギャラリーの企画運営に着手したり、ボランティアセンターに職員を常駐させたり、挙句は、出会いサポート事業などにも関与したりと····、
とにかく、私が思い付くだけでも、これまで以上に人的サービスの必要な事業が次から次へと展開されているわけです。
花火大会の中止など、一過性のイベントの中止や受益者負担金などの負担割合の見直しなどはあったものの、基本的な人的サービスを取りやめますという話はほとんど伝わってきません。
それどころか、本来民間業者がするべきトイレ掃除までも自前でしているのを見ると、本来の業務以外にもかなりの負担がかかってきているようにも感じるわけです。
「人がどんどん減って、現場は大変だ」という話を聞く反面、いろいろな事業を展開し、手を広げていっているようにも思うわけですが、一体、どんなカラクリで仕事が回っているのか?
まったくもって不思議でなりません。



冒頭の話に戻りますが、
『限られた予算しかない、財政難だから、あれもこれもできない。』
頭では行政も市民も解っているはずなのですが、個々に判断する時には、なぜか、そのようなことは頭からすっ飛んでしまうのかもしれません。
まぁ、組織内で意志決定する際にも、「総論賛成、各論反対」はよくある話ですが···

市民に自覚があるとかないとか、そういう問題ではなく、市民は、いい意味でも悪い意味でも行政が決めたことには黙って従う(従わざるを得ないという表現のほうが正しいかも)傾向があるのだと思っています。
今回の財政危機宣言に端を発した様々な取組にしても、個人単位ではいろいろ不満を持っていらっしゃる方はおられるでしょうが、全体的には、しょうがないなという雰囲気ですから···。
したがって、私自身は、市民に、この事業は行政が行うべき事業かどうかの判断、理解を求めるのは正直、酷ではないかと感じています。
やはり政治がその方向性をしっかりとリードしていくことが必要で、選挙向けにいい顔ができるかどうかという基準で判断するのではなく、整合性のある政策、一貫性のある政策を市民に対しきちんと提示していくことが大事なのではないかと感じています。
[PR]
Commented by ピーマン at 2009-08-21 22:17 x
『私たちも 役所の行政に何を求めるのか?一貫性を持った考え方・感性が必要かもしれません。
必要不可欠な事業を採算度外視で求めるのか?適当な費用対効果を検討し、「心」=「理念」=「想い」の整合性のとれない事業でも可とするのか?』

に対するR175さまのコメントが、

『市民に自覚があるとかないとか、そういう問題ではなく、市民は、いい意味でも悪い意味でも行政が決めたことには黙って従う(従わざるを得ないという表現のほうが正しいかも)傾向があるのだと思っています。』

だと 捉えたのですが。
そーなんですよね。そうなんです。(一人で納得して すみません。)
そこで、前回の記事なんですが、市議会議員の方々にそういう事を踏まえつつ喧々諤々の議論をしていただきたいのです。
それこそ、R175さまの言われたことですが、
『「財政危機宣言」を発している全国で唯一の市なのですから、市長も議員さんも、もっと真剣に、もっと危機意識を持って仕事に取り組んでください。
頼みますよ、ホントに。』
なんですよね。(ちょっと、まとめるような形になってしまって すみません。)
Commented by ピーマン at 2009-08-21 22:20 x
R175さまの言われるとおり、怖ろしいほどのハコモノ政治、怖ろしいほどの人的サービスのオンパレード。そして、マニフェストでも掲げられた、『小さな市役所をめざします。』。
今の三木市の政治は もう何が何だか理解不能ですね。

以前、
『関西社会経済研究所のページに自治体の2006年度の財政状況をまとめた資料が発表されています。
市長交代時のもの。
この資料を見る限り、2006年当時、三木市の財政に危機的な状況を見出せません。
(この数字は前市長時代の財政を受け継いで間もないもので前市長の市政運営による指標と取れるでしょう。)
それから、3年後の「財政危機宣言」。』
というコメントをさせていただきました。
それらの資料から分かるように、今の三木市の政治で 一番の失敗は、現市長による財政運営の失敗と 今回の財政危機宣言 そしてマスコミ受けを狙ったとしか考えられない花火大会の補助金カットでしょうね。

いつも、批判するようなコメントになってしまうのですが、こうやって議論することで、みんなに少しづつでも三木市の政治・行政に感心を持ってほしいです。
Commented by kkamoike at 2009-08-22 00:25
ピーマンさまへ
自分の意見を貫いた結果が、相手に「批判」だと受け取られるなら、それはそれで別にいいんじゃないでしょうか。
自分に主義主張があるように、相手にも相手なりの主義主張やこうあって欲しいという理想があるわけで、そのギャップから生じることを単に自分を攻撃する「批判」として捉えるのか、あるいは一つの意見?要望?忠告?アドバイス?として捉えるのかで、その人のその後の考え方や対応は全く違ってくるのだと思います。
最終的にまちづくりはこうあるべきだとか、政治はこうあってほしいという想いが根底にあれば気にすることはないのではないでしょうか。
相手がどう受け取るかの問題だけだと思っています。
いろんな方に市政に目を向けてほしい、私もそう願っています。
Commented by ピーマン at 2009-08-22 08:06 x
返す言葉がないぐらいです。本当にそのとおりですね。

三木市やまちづくり・政治・行政に対する想いや信念をもってR175さまはじめ いろんな方がコメントされているわけで。

ただ、今の政治に三木市に対する主義・主張は 私は感じられないのですが。
Commented by kkamoike at 2009-08-22 09:03
私も同感です。
政策に一貫性がないのを見てもよくわかりますよね。
Commented by ピーマン at 2009-08-22 21:48 x
市議会って何なのでしょう?
市議会議員て何なのでしょう?

市議会って、行政当局の施策・予算・条例等を審議する場だと思うのですが。
そして、それを審議する方々が市議会議員であり私たち市民の代表だと思うのです。市議会議員の方の仕事は、他にもたくさんあると思うのですが、市議会での審議が一番重要な仕事だと思うのです。

Commented by ピーマン at 2009-08-22 22:03 x
6月定例議会での 例の市民アンケートに対する市長答弁で、市長が次のように述べています。
『市として、何が正しいかを決断するに当たり、アンケートは大切な市民の皆様の声をお聞きするための手段の一つです。議会によって市民の皆様の声やまちづくりの芽を摘まれてしまうことがないよう、切に願う次第でございます。』
この、コメントを読んで、思わず「はー?」と思ってしまったんですよね。
『議会によって市民の皆様の声やまちづくりの芽を摘まれてしまうことがないよう、切に願う次第でございます。』
議会審議の場においては、市議会議員は私たち市民の代表です。
その私たち市民の代表である市議会議員の方々が、市民の声やまちづくりの芽を摘む?
市長は、市議会議員を私たち市民の代表であるという認識がないのでしょうか?
市長は何様なのでしょう?
市長は、地方行政府(市役所)の長として 選挙で私たち市民が選んだもので、私たち市民の代表でも何でもありません。
本当に三木市の市長って何様なのでしょう?

理解に苦しむ事ばかりです。
Commented by kkamoike at 2009-08-24 22:12
ピーマンさま
コメントが遅くなり申し訳ありませんでした。

そうですよね。
市長一人の判断でなにもかも決められてしまう状況は、どう見ても正常だとは言えないですよね。
議員も市長に対して何を遠慮しているのかよくわかりませんが、自分の考えを貫き通せないなら、議員不要論が出てきてもしかたなないと思います。
陰で、いくら「議会軽視だ!」と不満や怒りをぶちまけていても、市民は議会を同情の目では見てくれないと思います。
やはり、行動が伴わないと···。

そういう意味からも、いろんな面で市民に対してわかりやすい政治を望みます。
先ず、自分たちの感性を信じて、感じたことをそのまま言動に移す。
その積み重ねが議会の信頼を取り戻す「力」になるのではないかと思います。

ごめんなさい。
議会にたいする要望みたいなコメントになってしまいました(笑)
Commented by ピーマン at 2009-08-25 07:07 x
議会の質疑や答弁って、何なのでしょう?

いつも思うことなのですが、市議会に関わらず国会なんかでも、議員(市長含め)の質疑・答弁のやり取りって全然かみ合ってない時が多いと感じるのですが。
答弁する側が質問の真意をはぐらかすんですよね。(まあ、質問する議員も議案に関係ないと思えるような事を質問する時はあるのですが。)特に、質問された側が嫌な内容の時には、はぐらかすんです。
そして、その質疑・答弁は そのままスルーされて終わってしまう。
???私には よく分からない感覚です。

三木市の市議会では、そんなはぐらかすような答弁はしてほしくないものです。
Commented by ピーマン at 2009-08-25 21:51 x
すみません。コメントが前後します。

R175さまの、「いくら「議会軽視だ!」と不満や怒りをぶちまけていても、市民は議会を同情の目では見てくれないと思います。
やはり、行動が伴わないと···。」

本当にそのとおりですね。
前のコメントにも書いていますが、ちょっと真を突くような質問をしても、はぐらかされて、次に繋げられない繋げない。

三木市議会議員として、私たちの代表として、とことん 市長とやりあって下さい。おかしい事は、最後まで おかしいと 主張して下さい。

市議会・市の職員を 市民の敵に回す市長のやり方に だまされる市民ばかりではないですよ。
Commented by kkamoike at 2009-08-25 21:59
こんばんは
確かに答弁が噛み合っていないと感じることはありますね。
質問する側も答弁する側も、後ろめたい気にならないのでしょうか。

あと、そんなことわざわざ一般質問で聞かなくても···という質問内容もありますよね。
制度のことや取組状況だけ聞いて終わりとか···
そういう状況が議会をどんどんどんどん形骸化させているということを認識していただかないと三木の政治家のレベルはいつまでたっても上がらないと思います。
Commented by ピーマン at 2009-08-28 20:43 x
政治団体?とその資金についてです。

三木市HPの6月定例議会のやり取りの中身のホンの一部の抜粋です。

まず、大眉議員の質問です。

〔 3点目は、広報みきと同時期に配布された「三木市民は怒っています」というチラシについてであります。
 広報みきと同じ趣旨、内容となっています。なかなかよくできたもので、お金もかかっていると思われます。発行は、三木のまちづくりを考えるシンポジウムということになっていますが、責任者や連絡先が書かれていません。だれがつくったのか、だれが出したのかもわかりません。昨日の質問に対して、この団体は市長選挙のときの支援をしていただいた確認団体であるとお認めになりました。確かに兵庫県選挙管理委員会のホームページの政治資金収支報告書を見せていただきますと、市長からの資金提供がなされています。市長は、このチラシについてどのようにお考えになっているのか、お尋ねをいたします。〕

とありました。(他にも同様の質問をされている議員の方もいらっしゃいます。)
Commented by ピーマン at 2009-08-28 20:43 x
コレに対して市長の答弁です。

〔 最後に、チラシでございますが、チラシの内容が同じ趣旨や内容になったとか等々いろいろ御質問等がございました。
 チラシの内容につきましては、先程も先日もお答えさせていただいてるとおりでございまして、ここで答弁する筋合いではないと思っております。
 この団体につきましては、選挙時においての17年度、18年度についてはかかわりはございましたけれども、選挙が終わった後につきましては、私かかわりを持っておりません。したがいまして、これにつきましての答弁はできる立場にはないということでございます。〕

と答弁されています
Commented by ピーマン at 2009-08-28 20:46 x
一方、兵庫県のHPでの公報からです。

平成20年9月30日(火) 兵庫県公報
371ページから
藪本政経懇話会に対し藪本吉秀氏(明らかに市長だと思うのですが)から(個人分)として、
1,772,120円を寄付されているようです。
また、417ページから
三木のまちづくりを考えるシンポジウムに対し藪本政経懇話会から政治団体分として、
1,772,120円を寄付されているようです。

これらの、内容は全て三木市のホームページと兵庫県のホームページの情報です。
Commented by ピーマン at 2009-08-28 20:51 x
さて、これらの事実をどのように受け取られますか?

どう考えても薮本吉秀氏(市長だと思うのですが?)から藪本政経懇話会を迂回して三木のまちづくりを考えるシンポジウムに寄付されているとしか考えられないのですが?

もし、そうだとして、三木市長は、「三木のまちづくりを考えるシンポジウム」とかかわりがないのでしょうか?
Commented by ピーマン at 2009-08-28 20:51 x
どう考えても三木市長と「三木のまちづくりを考えるシンポジウム」はかかわりがあると思うのですが?
何も迂回しての寄付行為を問題にしているのではないのです。(法的に問題があるかどうかは、専門の方でコメントをいただけたらと思います。)
問題は、最初に三木市のHPから情報を得た、市議会での市長答弁なのです。
市長曰く、『この団体につきましては、選挙時においての17年度、18年度についてはかかわりはございましたけれども、選挙が終わった後につきましては、私かかわりを持っておりません。』について、みなさんは、信じられますか?兵庫県の公報は平成20年9月30日のものです。

私の言っていることが お分かりいただけますか?

このことについては、議会でもっと追求していただきたい。
議会で、故意の嘘答弁を堂々とされるようなことのありませんように。

※ 議会で故意の嘘答弁ってありでしたっけ?
※ 何か法に触れませんでしたっけ?
Commented by 平成19年分政治資金収支報告 at 2009-08-30 21:03 x
市民2です。

ピーマンさん。
そんなことはずっと前からわかっていることです。

まあ、民主党と同じで、いかに騙されている国民?市民?が多いかということですね。
Commented by ピーマン at 2009-08-31 19:29 x
市民2さま。

今回のコメントで 大事な事は、
『この団体(三木のまちづくりを考えるシンポジウム)につきましては、選挙時においての17年度、18年度についてはかかわりはございましたけれども、選挙が終わった後につきましては、私かかわりを持っておりません。』という、21年度の6月議会での市長答弁であるのです。

この、議会の答弁が市のホームページにUPされたのが、つい先日でしたので、 (以前から噂では、市長とこの団体の事は聞いていましたし、誰が考えても 市長とこの団体の関係は 想像に難くない事ですが) 今回、コメントさせていただいたのです。

6月の市議会で市長が このコメントをしたこと。そしてそれが 誰が考えても 故意の嘘答弁と受け取れる事(前コメントや市民2さまの資料から)。
三木市長のこの議会での答弁が許されるのなら 市議会なんて必要ないのでは?と思ってしまいます。

そういう思いを、論拠のある資料を提示して述べる事に意義があるのでは?と、思っています。
Commented by kkamoike at 2009-08-31 22:19
ピーマンさま、市民2さま
コメントありがとうございます。

議会での答弁もそうですが、このチラシの内容が、広報の内容と酷似していた点も問題ではないかと思っています。
市の情報が、市民に公開される前から、すでに市役所以外の私的機関に漏れていたということになるからです。
行政情報の漏えいともとれる問題(部分)を議員は、どうして徹底追及しないのか・・・
これは、看過してはならない非常に深刻な問題であると思うのですが・・・
Commented by ピーマン at 2009-09-01 21:50 x
広報で平成20年度の決算見込みの概要を見ました。

なぜ、総務省の言う類似団体でない小野市と比較するのでしょう?
三木市長の程度が 分かるやり方とは言え 本当に市民を騙すやり方ですね。

収支不足の原因の1項目目に人件費が小野市と比べて8億円多くなっている事をあげているようですが、年度当初の見込みと比較するのが正しい考え方では?
そして、人件費なんて 年度当初の見込み額と決算額が一番合いやすい(見込み違いのない)項目ではないですか?
それを収支不足の原因の1項目目にあげるなんて!

借金残高が(H17に比べ)87億の減少?
基金を取り崩し過ぎですよ!!!

市長 程度が低すぎませんか?
市長 恥ずかしくないですか?

このようなやり方では 市政に関心を持っている多くの良識ある市民に失礼です。
rfuruya2さまのブログを拝見しても 市長に対して失望しておられるように感じています。

もう 藪本さんには 三木市政に関わらないで欲しいのですが。
薮本さん ご一考を。
Commented by kkamoike at 2009-09-01 23:38
ピーマンさま
おっしゃるとおりです。
市長就任以来、市民を騙すやり方は一向に変わっていないということですね。
市民もいい加減、そのやり方に気がつかないと、それこそ、取り返しのつかないことになると思っています。
基金を取り崩すのも借金をするのも同じこと。
ここに藪本市政の市民騙しのトリックが凝縮されているということです。
自分の選挙に有利となる?事業を次から次へと前倒しするためだけに基金を取り崩し、財政指数などの表面上表れる借金は減らすことで、マニフェスト上はクリアしたように見せかける。
もはやなんでもありの、市長のやりたい放題、市民不在の市政運営がなされているということです。
by kkamoike | 2009-08-21 20:26 | 三木市政 | Comments(21)

R175が見て、聞いて、読んで感じたことを書き綴ります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31