どうぶつのつぶや記

小さな行政(役所)を目指しているんじゃなかったんですね。

行政が行うべき事業かどうか、どの部分まで行政が関わるのか、
このことは、いわゆる「小さな行政(役所)」でいくのか、「大きな行政(役所)」でいくのかという方向性を示すことでもあります。

先日の記事に対して、ピーマンさまからこんなコメントをいただきました。
その中で、ピーマンさまは「小さな行政(役所)」について、こんなふうにおっしゃっておられます。
『役所(行政)と、民間に分岐点を考えた時、そこに利益が発生するか否か?だと思うのです。
行政が一つの事業を実施する場合、需要と供給の関係もあるでしょうが、そこに利益が発生しないことが、一つの要件ではないでしょうか?
安易に利益の生じる事業に着手するべきではないと思うのです。(と同時に安易に不利益な事業に着手するべきではないのですが。)
その考えを是とするなら、役所は利益の出ない事業ばかりを担うことになるわけですが、であるからこそ、事業の中身を吟味し、利益が出なくても真に私たち市民にとって必要不可欠な事業のみを展開するべきだと思うのです。
そして、それこそが小さな役所に繋がることでは、と思うのですが。』


そうですね。
私も、行政が本来果たすべき役割を考えたとき、効率だけではどうしても片付けられない部分があるのは事実だと思います。
一方で、現在の地方財政を取り巻く状況からすれば、行政のスリム化、「小さな行政(役所)」は時代の要請でもあると思います。
「民間に預けられることはできるだけ民間に」という発想も間違いではないと思っています。
そんな中で、行政が市民の要望にどこまで応えるべきかという判断については、やはり最終的にはその自治体の財政状況や、どの事業に重きを置くかといった、財源の配分の仕方などによって違ってくることだと思います。



ただ、今の三木市のやり方を見ていて分からないのは、財政難を理由に、急激な職員数の削減·合理化を進めているわけですが、その一方で、展開している事業を見てみると、他の自治体が手を出さないような事業、例えば、三障害施設の運営に手を出してみたり、公民館を中心としたよりきめ細かなサービスの提供を試みたり、図書館サービスをこれまで以上に充実させたり、さんさんギャラリーの企画運営に着手したり、ボランティアセンターに職員を常駐させたり、挙句は、出会いサポート事業などにも関与したりと····、
とにかく、私が思い付くだけでも、これまで以上に人的サービスの必要な事業が次から次へと展開されているわけです。
花火大会の中止など、一過性のイベントの中止や受益者負担金などの負担割合の見直しなどはあったものの、基本的な人的サービスを取りやめますという話はほとんど伝わってきません。
それどころか、本来民間業者がするべきトイレ掃除までも自前でしているのを見ると、本来の業務以外にもかなりの負担がかかってきているようにも感じるわけです。
「人がどんどん減って、現場は大変だ」という話を聞く反面、いろいろな事業を展開し、手を広げていっているようにも思うわけですが、一体、どんなカラクリで仕事が回っているのか?
まったくもって不思議でなりません。



冒頭の話に戻りますが、
『限られた予算しかない、財政難だから、あれもこれもできない。』
頭では行政も市民も解っているはずなのですが、個々に判断する時には、なぜか、そのようなことは頭からすっ飛んでしまうのかもしれません。
まぁ、組織内で意志決定する際にも、「総論賛成、各論反対」はよくある話ですが···

市民に自覚があるとかないとか、そういう問題ではなく、市民は、いい意味でも悪い意味でも行政が決めたことには黙って従う(従わざるを得ないという表現のほうが正しいかも)傾向があるのだと思っています。
今回の財政危機宣言に端を発した様々な取組にしても、個人単位ではいろいろ不満を持っていらっしゃる方はおられるでしょうが、全体的には、しょうがないなという雰囲気ですから···。
したがって、私自身は、市民に、この事業は行政が行うべき事業かどうかの判断、理解を求めるのは正直、酷ではないかと感じています。
やはり政治がその方向性をしっかりとリードしていくことが必要で、選挙向けにいい顔ができるかどうかという基準で判断するのではなく、整合性のある政策、一貫性のある政策を市民に対しきちんと提示していくことが大事なのではないかと感じています。
[PR]
by kkamoike | 2009-08-21 20:26 | 三木市政