ブログトップ

どうぶつのつぶや記

何ができるかではなく、先ず何がしたいのかを考えるべきじゃないんですか?

米田さんもて木さんのブログに総務文教常任委員会の内容がアップされています。
何でも、下石野分校跡を改修し、「別所ふるさと交流館」を整備するとのことですが、目標利用者数をクリアするためのより具体的な活用方法については、今から智恵を絞り直す必要があるとのことです。
いやはや何とも暢気な話ですね。


一般的に、施設をつくる際に「心」=「理念」=「想い」がないと、いくら立派な施設をつくったとしても、ただの「ハコモノ」になってしまいます。
これは、施設を検討する段階で、つくり手が第一に心得ておかなければならない、最も重要な点だと思います。


今、三木市では、統合病院をはじめとして、様々な施設整備が巨額の税金を投入して行われていますが、それぞれの施設に、このつくり手の「心」=「理念」=「想い」というものが十分に描けていない段階で、整備に着手してしまうと、その施設の利用者はもちろん、そこで働く人たちにとっても、魅力的な施設にはなり得ないということを十分に頭に入れておく必要があります。
サービスを提供する立場の人を「劇を演じる役者」に置き換えるとするなら、その脚本(シナリオ)に魅力がなければ、役者にいい演技を期待することなどできないということです。当然、観客を呼び寄せることも、喜ばせることもできないということです。


ところで、三木市では、歳出を抑制するための職員数削減によって生じる人的サービスの低下を、市民パートナーやボランティアなどの、いわゆる「市民力」の活用によって補っていこうとしているわけですが、このような人たちの力を借りる上で重要な要素というのは、(その事業に携わることに対する報酬など、お金の支払い義務がほとんど生じない分)まさにその施設のコンセプトや意義、そこで行う事業の魅力といったものであって、それらの要素が従事する人の意欲に大きな影響を及ぼすということです。
逆に、事業自体に魅力がなければ、事業を手伝おうという意欲を起こす人は、誰も出てこないということを覚悟しておかなければなりません。


いずれにしても、施設を整備してから何ができるかを考えるのではなく、施設を整備する前に何がしたいのかを考えるべきなのです。
その上で、その内容が、施設利用者はもちろん、施設で働く人たちにとっても共感を得られるものであるのかどうかを事前にリサーチしておくというのは、民間にとってはごく当たり前のことです。
それにしても、こういう旧態依然とした役所の体質から、未だに抜け出せないようでは、いつまでたっても税金の無駄遣いを改めることなどできないのだと思います。
「財政危機宣言」を発している全国で唯一の市なのですから、市長も議員さんも、もっと真剣に、もっと危機意識を持って仕事に取り組んでください。
頼みますよ、ホントに。
[PR]
Commented by rfuruya2 at 2009-08-20 08:42
おはようございます。
全く仰るとおりです。
どれもこれも、お金を貰ってやっているプロの仕事からは程遠い『ままごと』のようなやり方です。

最後の3行、全くその通りだと思います。
Commented by 市民2 at 2009-08-20 20:31 x
全くその通りだと思います。
Commented by 市民2 at 2009-08-20 20:34 x
市民病院の赤字についてですが。
市民病院のホームページの4月27日の「三木市民病院経営改革プランについて」
の中に書いてありますが、
「しかし、ここ数年の国の医療費抑制政策や新臨床研修医制度の導入による医師不足による診療科の休診、また地域の医療環境の変化(市内の民間病院の医療機能の充実、高度医療の中核病院である西神戸医療センターが隣接する神戸市西区に開設)による影響等を受け、損益状況は急激に悪化し、本院の経営状況は平成19年度に平成10年度以来となる不良債務が発生しており、早急な経営改革が喫緊の課題となっている」
とありますが、少なくとも民間病院は赤字ではやっていけません。ということは、民間病院はそれなりに経営努力しているということであって、市民病院がそのことで赤字というのは納得できるものではありません。
Commented by 市民2 at 2009-08-20 20:35 x
また
「1.公立病院に期待される役割
国の「公立病院改革ガイドライン」では、公的病院の果すべき役割として、地域において提供されることが必要な医療のうち、採算性等の面から民間医療機関による提供が困難な医療を提供するとして、下記の4項目を具体的に例示している。
①山間へき地・離島など民間医療機関の立地が困難な過疎地域における一般医療の提供
②救急・小児・周産期・災害などの不採算・特殊部門に関わる医療の提供
③県立がんセンター、県立循環器病センター等地域の民間医療機関では限界のある高度・先進医療の提供
④研修の実施等を含む広域的な医師派遣拠点としての機能」
とありますが、三木の市民病院が、採算の合わない、周産期、小児医療をしているわけではありません。
また救急に関しても、民間病院も引き受けています。
ということは、上記のことで赤字であるとは言い訳にならないのでは?
と思うのですが。
以上のことから、統合病院がバラ色であると思わせている市長さん!
今ある病院のことを考えているんですか?

Commented by 市民2 at 2009-08-20 20:40 x
議会を無視して財政再建団体に転落させて、恥ずかしくないのですか?
元々、職員の給与カットに反対された腹いせで補助を出さないと言って財政再建団体に転落させたみたいですけどね!
無茶苦茶わがままな市長ですね!
市民のみなさん、こんな市長を支持できますか?
Commented by kkamoike at 2009-08-20 20:44
rfuruyaさま
いつもコメントをいただき、また、フォローしてくださり、ありがとうございます。
「財政危機宣言」が発せられる状況が、どれほど深刻なことなのか、どうも分かっていらっしゃらないように感じてなりません。
わざと市民を欺こうとしているのか、真面目にやっているんだけど押さえ所(ポイントや視点)がズレているのか···。
いずれにしても、これ以上の市民に対する背任行為はないと思っています。
本気で改革する気がないなら、形だけの宣言なら、さっさと取り消すべきだと思います。
Commented by 市民2 at 2009-08-20 21:26 x
統合病院の件ですが、今の三木、小野市民病院にある医療機器のうち持って行けるものは持って行くとなっていますが、統合病院がまだ出来るのが先なので、その時に使えるのかどうか。
例えば、年々医療機器の進歩があるし、耐用年数というのもあると思うのですが。
また先端医療は知識も先端、機器も先端。
神戸大学がこれが欲しいと言ったら、わかりましたって購入するんでしょうか?
何に関してもそうですが、技量と器というものがあると思います。
はたして市長はちゃんと考えているんでしょうか?
神戸大学から言ってきてくれている。
補助がもらえるから今だ。
なんかこれだけ強調しているだけのような気がするのですが。
Commented by kkamoike at 2009-08-20 21:56
市民2さま
こうして整理してみると、いかに市民に対する説明が、上辺だけのものか、しかも楽観的な部分しかオープンにされていないということが良くわかりますね。
仮に、今の状況で、この判断がベストの選択であったとしても、常に状況の変化に対応できるようにしておく必要があるわけで、あらゆる事態を想定して、しかるべき手を考えておくのが、組織を率いるリーダー、政治家の務めだと思います。
現在の病院が抱える問題のほとんどが、新しい病院になったとしても、同じように大きな壁として立ちはだかる可能性は、素人でも十分予測できます。
(次に続く)
Commented by kkamoike at 2009-08-20 21:58
(続き)
先日も、知人と病院の話をしたのですが、その知人曰く、「やはり、市民が優先して利用できる救急医療の拠点を求めるニーズは、精神的な安心面からもやはり多いと思うよ」と言いつつも、「でも、小野市に建設されるのは反対だね。」と付け加えました。
その理由は、「小野にできるなら、西神の病院も距離がそう違わないから、新しい病院が出来たとしても利用するかどうかは微妙だね。」と言うのです。
実際、今の病院を利用していた人でも、市外に統合病院ができることで、違う病院を利用するという人も出てくる可能性は十分に考えられるわけです。
その上、今後は、現在の病院の債務処理、新しい病院の建設費償還、莫大な維持管理の運営経費が同時並行で生じてくるわけです。本当に三木市の財政力で持ちこたえられるのでしょうか?
市民2さまがおっしゃるとおり、統合病院がバラ色だというような印象しか与えないことは、政治の責任を果たすという意味でも、大きな誤りだと思っています。
Commented by ピーマン at 2009-08-20 22:59 x
役所(行政)と、民間に分岐点を考えた時、以前にもコメントしたと思いますが、そこに利益が発生するか否か?だと思うのです。行政が一つの事業を実施する場合、需要と供給の関係もあるでしょうが、そこに利益が発生しないことが、一つの要件ではないでしょうか?安易に利益の生じる事業に着手するべきではないと思うのです。(と同時に安易に不利益な事業に着手するべきではないのですが。)その考えを是とするなら、役所は利益の出ない事業ばかりを担うことになるわけですが、であるからこそ、事業の中身を吟味し、利益が出なくても真に私たち市民にとって必要不可欠な事業のみを展開するべきだと思うのです。そして、それこそが小さな役所に繋がることでは、と思うのですが。R175さま そして皆さんは、どのようにお考えですか?
Commented by ピーマン at 2009-08-20 23:01 x
そこで問題になってくるのが、今回、R175さまの議題の下石野分校跡「別所ふるさと交流館」で、つまりは、役目を終えたハコモノの活用という事業になってくるのですが。

跡地利用を考える場合、R175さまの言われる『つくり手の「心」=「理念」=「想い」』を込めた事業展開は非常に困難であると思うのです。全て後付の「心」・「理念」・「想い」を無理に張り付けで事業展開しようとするものだから、どこかに整合性を欠いたものになってしまうのではないでしょうか?

ただ、私たちも 役所の行政に何を求めるのか?一貫性を持った考え方・感性が必要かもしれません。
必要不可欠な事業を採算度外視で求めるのか?適当な費用対効果を検討し、「心」=「理念」=「想い」の整合性のとれない事業でも可とするのか?

それによって、事業はどのようにでも変わって行くのではないでしょうか?
Commented by ピーマン at 2009-08-21 05:35 x
ただ、どんな事業を展開する場合でも その事業を 真に市民の事を考えての事業であれば 行政批判も少ないのでしょうが 今の市長や市議会にその姿勢が感じられない事が一番問題なのでしょう。
Commented by kkamoike at 2009-08-21 20:19
ピーマンさま
いつもありがとうございます。
記事の内容から問題の本質にまで切り込んだコメントをいただき感謝します。
なるほど、「小さな役所」については、非常に奥の深いテーマですよね。
私なりにまとめた見解は、今回の記事でアップさせていただきましたが、イマイチまとめ切れないまま書き終わってしまった感がありますが、とりあえずご覧ください。
答えになってないかもしれませんが(笑)
by kkamoike | 2009-08-19 22:25 | 三木市政 | Comments(13)

R175が見て、聞いて、読んで感じたことを書き綴ります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31