どうぶつのつぶや記

病院問題を見つめ直す(その2 ~自治体の財源問題~)

病院問題を見つめ直す 2回目は、『自治体の財源問題』を取り上げます。


当たり前のことですが、三木市民病院は三木市あっての病院なわけです。
市民病院を維持する前提には、三木市の健全財政の実現が必要不可欠です。
市の財政力と公立病院の診療レベルは間違いなく比例するものだからです。
診療レベルが高い病院があるにこしたことはないわけですが、逆に、市の財政力に見合った医療体制というものをきっちりと考えておかないと、たちまち市も病院も立ち行かなくなってしまうのだと思います。


ところで、三木市の「財政危機宣言」は、そもそも現在の市民病院の経営を維持することを目的に発せられたものだったわけですが、現在の悪化した経営に対するしっかりとした検証や具体的な構造改革に着手することもないまま、向こう5年間、真に必要な市民サービスを削ってまで、現状の病院体制を維持しようとするとんでもない宣言なのです。


これまで何度も言っていることですが、立派な病院があるにこしたことはありません。 しかし、行政の仕事は、病院オンリーではないのです。 また、財源(税金)をいくら注いでもいいというわけではないのです。
今、市が負担している状況を当たり前の水準だと思っているのではないですか?
はっきり言って、今の状況は、向こう5年間、今の病院経営を維持するためだけに、現行の市民サービスを提供するために必要なお金だけでなく、将来の子どもや孫たちのために残しておかなければならないお金までも食い尽くしていることと同じなのです。


どうも、市長も議員も、そのあたりの感覚が麻痺しているのではないでしょうか?
所詮、自分たちのお金ではないから、いくらでも際限なく、そして、医療という聖域をダシにして、市民に我慢を強いることで何とか経営がやりくりさえできれば、結果オーライぐらいの考えしか持っていないのではないかと感じずにはいられません。


前回の記事で、市民2さまからこんなコメントをいただきました。
私も全く同感です。
統合病院という簡単な答えを出す前に、今の経営状況の悪化を分析し、その上で、市の財政力、さらには地域の実情にあった医療体制の確立を目指す発想、その可能性について議論する機会がどうして持たれなかったのか、まったくもって、自分たちの責任を放棄しているとしか思えません。
私たち三木市民は、統合病院になっても赤字で多額の税金が必要となり、他の必要なサービスがどんどんどんどん削られることになるのではないかということを心配しているのです。




最後に、伊関氏のコメントから病院経営、自治体財政に関連したものをご紹介します。
① (病院経営には、自治体の)一般会計からの繰入金がありますが、自治体本体の財政も厳しく、支出には限界があります。資金の余裕はどんどんなくなっており、余裕がないことで、医療の質の維持のための再投資ができなくなる。再投資ができないから、競争に負ける。さらには現金を使い果たして一時借入金で借金生活。一度借金生活に入ると、どんどん借金が積み上がっていくことになります。北海道の夕張市総合病院では39億円の借り入れを抱えていました。借り入れも、企業債は地方交付税の裏付けもあるし、毎年の返済額が明確ですから、住宅ローンのようなものです。ところが、一時借入金は金融機関からいつ「一括で返せ」と言われてもおかしくない、ある意味消費者金融に近い性格です。ジリ貧になっていると返す余裕はなく、積み上がった一時借入金が、突然の病院の「死」を招くことになるのです。
⇒参考 2007年度の地方公営企業法の一時借入金ランキング (ちなみに三木市は全国で65番目)

② (2009年5月25日付の琉球新報の県立病院のあり方についての特集への寄稿より)沖縄県立6病院の財務状況は全国的に見ても最悪のレベルにある。2008年度の80億円の一時借入金については、総務省の病院特例債30億円(今後5年で返済することが予定されている「借金」である)と09年度から3年間一般会計からの繰入金を08年度の70億円から15億円上乗せした85億円とすることで解消される見込みであるという。
しかし、病院会計に現金がなく、借金の返済に追われている状況には変りはない。
高度·専門化した医療に対応するには、最新の医療機器や多くの医療スタッフなど投資を必要とする。
借金の返済を迫られているということは、新たな医療への投資の余力がないことを意味する。
必要な投資が行われないまま時間が経ち、病院の魅力が劣化することで優秀なスタッフや患者が離れ、経営が破綻した自治体病院は少なくない。
「本気」の県立病院の経営再建を進め、医療への安定した投資が行える体制を確立することが必要である。

[PR]
by kkamoike | 2009-08-15 18:24 | 三木市政