ブログトップ

どうぶつのつぶや記

病院問題を見つめ直す(その2 ~自治体の財源問題~)

病院問題を見つめ直す 2回目は、『自治体の財源問題』を取り上げます。


当たり前のことですが、三木市民病院は三木市あっての病院なわけです。
市民病院を維持する前提には、三木市の健全財政の実現が必要不可欠です。
市の財政力と公立病院の診療レベルは間違いなく比例するものだからです。
診療レベルが高い病院があるにこしたことはないわけですが、逆に、市の財政力に見合った医療体制というものをきっちりと考えておかないと、たちまち市も病院も立ち行かなくなってしまうのだと思います。


ところで、三木市の「財政危機宣言」は、そもそも現在の市民病院の経営を維持することを目的に発せられたものだったわけですが、現在の悪化した経営に対するしっかりとした検証や具体的な構造改革に着手することもないまま、向こう5年間、真に必要な市民サービスを削ってまで、現状の病院体制を維持しようとするとんでもない宣言なのです。


これまで何度も言っていることですが、立派な病院があるにこしたことはありません。 しかし、行政の仕事は、病院オンリーではないのです。 また、財源(税金)をいくら注いでもいいというわけではないのです。
今、市が負担している状況を当たり前の水準だと思っているのではないですか?
はっきり言って、今の状況は、向こう5年間、今の病院経営を維持するためだけに、現行の市民サービスを提供するために必要なお金だけでなく、将来の子どもや孫たちのために残しておかなければならないお金までも食い尽くしていることと同じなのです。


どうも、市長も議員も、そのあたりの感覚が麻痺しているのではないでしょうか?
所詮、自分たちのお金ではないから、いくらでも際限なく、そして、医療という聖域をダシにして、市民に我慢を強いることで何とか経営がやりくりさえできれば、結果オーライぐらいの考えしか持っていないのではないかと感じずにはいられません。


前回の記事で、市民2さまからこんなコメントをいただきました。
私も全く同感です。
統合病院という簡単な答えを出す前に、今の経営状況の悪化を分析し、その上で、市の財政力、さらには地域の実情にあった医療体制の確立を目指す発想、その可能性について議論する機会がどうして持たれなかったのか、まったくもって、自分たちの責任を放棄しているとしか思えません。
私たち三木市民は、統合病院になっても赤字で多額の税金が必要となり、他の必要なサービスがどんどんどんどん削られることになるのではないかということを心配しているのです。




最後に、伊関氏のコメントから病院経営、自治体財政に関連したものをご紹介します。
① (病院経営には、自治体の)一般会計からの繰入金がありますが、自治体本体の財政も厳しく、支出には限界があります。資金の余裕はどんどんなくなっており、余裕がないことで、医療の質の維持のための再投資ができなくなる。再投資ができないから、競争に負ける。さらには現金を使い果たして一時借入金で借金生活。一度借金生活に入ると、どんどん借金が積み上がっていくことになります。北海道の夕張市総合病院では39億円の借り入れを抱えていました。借り入れも、企業債は地方交付税の裏付けもあるし、毎年の返済額が明確ですから、住宅ローンのようなものです。ところが、一時借入金は金融機関からいつ「一括で返せ」と言われてもおかしくない、ある意味消費者金融に近い性格です。ジリ貧になっていると返す余裕はなく、積み上がった一時借入金が、突然の病院の「死」を招くことになるのです。
⇒参考 2007年度の地方公営企業法の一時借入金ランキング (ちなみに三木市は全国で65番目)

② (2009年5月25日付の琉球新報の県立病院のあり方についての特集への寄稿より)沖縄県立6病院の財務状況は全国的に見ても最悪のレベルにある。2008年度の80億円の一時借入金については、総務省の病院特例債30億円(今後5年で返済することが予定されている「借金」である)と09年度から3年間一般会計からの繰入金を08年度の70億円から15億円上乗せした85億円とすることで解消される見込みであるという。
しかし、病院会計に現金がなく、借金の返済に追われている状況には変りはない。
高度·専門化した医療に対応するには、最新の医療機器や多くの医療スタッフなど投資を必要とする。
借金の返済を迫られているということは、新たな医療への投資の余力がないことを意味する。
必要な投資が行われないまま時間が経ち、病院の魅力が劣化することで優秀なスタッフや患者が離れ、経営が破綻した自治体病院は少なくない。
「本気」の県立病院の経営再建を進め、医療への安定した投資が行える体制を確立することが必要である。

[PR]
Commented by ピーマン at 2009-08-15 20:44 x
 今回の2つのコメント、市民2様のコメント、市民2様のリンクされた「公立病院はなぜ赤字か?」など、非常に興味深く読ませていただきました。
 医療制度改革や、三木市民病院HPの三木市病院事業運営審議会の病院の現状・財務分析等も読ませていただきました。(病院の現状・財務分析等は、数字・グラフの羅列がほとんどで、私のようなシロートには分かりませんが。)
 非常に問題が、多岐にわたっていて もっと勉強しないと訳が分からなくなってしましそうで。そのうえ、論点は全く違いますが、三木市民病院の場合、建物自体の耐震性能が大丈夫なのか?まで考えると・・・。

Commented by ピーマン at 2009-08-15 21:07 x
 「公立病院はなぜ赤字か?」の中で、
 民では黒字で維持しているのだから、公立病院はさらなる経営努力をして、公的な繰り入れ金が不必要なレベルまでの収支均衡を目指すべきであると述べている。
と、あります。

 三木市民病院は、どうなのでしょうか?合併病院では、どうなのでしょうか?
 医療改革の点で、自民党・民主党・そのほかの政党はどう考えているのでしょうか?

 R175様、市民2様 また いろいろ 教えてください。
 このブログをご覧になっている たくさんの方々
 病院問題 (だけではないのですが) 知っている事 いろんな事 教えてもらえれば嬉しいですのでヨロシクお願いします。

Commented by ピーマン at 2009-08-15 22:30 x
今回気付いた事・わかった事・思った事の羅列です。

三木市民病院は、企業会計だと思いますが、企業会計だとすると、やはり、公的な繰り入れ金が不必要なレベルまでの収支均衡を目指すべきであると思います。そこには、R175様の言われる三木市の財政力に見合った病院医療力(こんな言葉があるかどうか知りませんが?)の市民病院であっても です。

自民党、民主党、社民党、公明党のマニフェストを読みましたが(流して見ただけですが)各党とも医療報酬の見直し(増額)を言っているようです。市民2様がリンクしておられる「公立病院はなぜ赤字か?」の中で医療制度改革の医業収入の減額に対応する部分のようです。各党の言う医療報酬の見直しが、どれぐらいのものか分かりませんが、公立病院(私立病院もでしょうが)の赤字減少と、医療全体の人材力(医師・看護士等)の減少の歯止めになって欲しいものです。「公立病院はなぜ赤字か?」を読むと、「医療報酬の見直」はいろんな意味で非常に重要な要素のようです。

Commented by ピーマン at 2009-08-15 22:30 x
三木市市民病院HPの三木市病院事業運営審議会の病院の現状・財務分析を見てですが、医療制度改革(H18?)以前から赤字体質では?(間違っていればゴメンなさい)赤字体質なら、その原因は?「公立病院はなぜ赤字か?」にあるような事でしょうか?三木市民病院の財務分析では、そのあたりの原因究明がなされていないように思います。

また、気付いた事などコメントさせてください。
Commented by kkamoike at 2009-08-16 10:33
ピーマンさん、実は、私も病院の専門的な話はわかっていません(笑)
市のホームページで公開されている現状・財務分析などの難しい内容を見ても、ほとんどの市民はチンプンカンプンではないでしょうか。
そんなことよりも、もっとそれ以前の問題として、市民が疑問に思っていることを、まずはきっちりとオープンに答えることが大事なのであって、財務分析などの専門的な話は、病院経営のプロがしっかりやっていればいいことだと思うのです。
ただ、三木の市民病院もおそらく同じだと思いますが、多くの自治体病院では、病院経営の経理などを行う職員は、一般の事務職員が携わっています。
当然、人事異動などで一定の期間がくれば別の部署に変わる可能性があるわけです。そういう意味では、市長をはじめ、経営に関与している職員というのは、本当の、病院経営における専門のプロではないといえるわけです。
実は、このような体制も、自治体病院の経営を甘くしている要因の一つだといわれています。
Commented by kkamoike at 2009-08-16 10:43
諸悪の根源は、小泉内閣が行った「医療制度改革」であるということを、今回、自民党は率直に認めたということになりますね。(その体制を熱狂的に支持したのは私たち国民なわけですが・・・)
今回の政治の流れから言えば、必然的に総務省の公立病院改革ガイドラインの見直しもあり得るかもしれませんね。
ただ、私自身は、公立病院の意義というのは、民間では手が出せない、採算の合わない診療部門を公が受け持つという、いわば社会的使命のような要素を公立病院が担っているというイメージがこれまでからもずっとありました。ですから、公立病院としてやる以上は、ある程度の赤字が出て当たり前だと思っていますし、その部分を一般会計から補填するのは、それなりの意味があることだと感じています。仮に、総務省のガイドラインにある、民間と同じレベルを公立病院にも求めるという方向性が今後も主流であるとするなら、民間病院が参入しない過疎地域であるならともかく、多くの民間病院が参入している三木市の現状からすれば、それこそ三木市に公立病院を建てる意味はほとんど見出せないのではないかと思えてしまうのですが・・・。
Commented by kkamoike at 2009-08-16 18:10
三木市民病院の経営が悪化した要因の一つに、以前、市民2さまがコメントで指摘されていた話を私も聞いたことがあります。
①当時、市民病院で一番収益を上げておられた脳神経外科の先生がある理由で辞められ、市内にある他の民間病院に移られたこと。
②市長のトップセールスが当時の医師の反感、神戸大学の反感を買ったこと。

伊関先生の言葉に「政治家が病院経営に口を挟むことが医師離れを招く」とありましたが、三木の場合も、市長が、何もわからないのに、病院経営や医師に対する口だしが多くなり、要は、でしゃばりすぎるのがよくなかったのでは?と感じています。
Commented by ピーマン at 2009-08-16 21:24 x
自分でも考えが、ぶれているなー と思うのですが、

R175様の言われる、
「公立病院の意義というのは、民間では手が出せない、採算の合わない診療部門を公が受け持つという、いわば社会的使命のような要素を公立病院が担っているというイメージがこれまでからもずっとありました。ですから、公立病院としてやる以上は、ある程度の赤字が出て当たり前だと思っていますし、その部分を一般会計から補填するのは、それなりの意味があることだと感じています。」

と言うようなことを思っていましたし、先日も友人に、このようなことを話しました。(この部分は、今もそう思っているんですよね じつは)
Commented by ピーマン at 2009-08-16 21:25 x
ただ今回のコメントのやり取りの中で、始めて少しだけではあっても公立病院の状況に関する記事を読むにつけ自分の考え(コメント)が、あのようになっていったのかな?と思っています。
いろんな資料を見ていますと、医療制度改革前では、自治体病院の半数が赤字・・・と言う事がありました。地理的要因等で病院の経営状態は大きく変ってくるのかもしれませんが、逆をに言えば、半数は良好な経営状態(黒字?)であるということ。
そして、病院経営が企業会計であるということ。
そんな事から 考え方も いろいろ ぶれていっているのだと思っています。(自分で自分のコメントを考察するのも変ですが・・・)

医療改革制度(医療報酬の削減、医師の減少など?)の中で、三木市民病院がどうなっていったのか?それ以前の病院の状況は?私たち市民がどれだけ状況を知らされても どう判断すればよいのか答えが出ないかもしれませんが。

Commented by ピーマン at 2009-08-16 21:26 x
そもそも、行政は何かを考える時、民間で出来ない事務事業を担うということが根本にあると思うのですが、病院事業を考える時、非常に難しいことに、自分でも困惑しています。

ちょっと医療について考えるだけで、コレだけいろんな意見が出て議論になる。
それを、市長の政治生命にかけて合併という方向で物事が進んで行く。
これで良いのでしょうか。
Commented by ピーマン at 2009-08-16 21:31 x
話は変りますが、
皆さんは、「三木式自治?」「三木イズム?」などというような行政、というよりも市長一個人の政治・行政的な事を全国に発信したいですか?
三木市を一つのブランドとして発信するとか、三木金物、山田錦などを発信するとか、単に三木市を知って欲しいとか、そういうことは思っても、市長一個人の政治手腕的なことを全国に発信したいなんて、思った事はありません。

今回の病院の合併の件も、その一点がメインであるように感じているのは私だけでしょうか?

花火大会の補助金を予算計上しなかった件も同じではないでしょうか?
(緑が丘の祭りに補助を出しても出さなくても全国的には全く発信されるような事案ではないので、これまでどうりにした?)

市長は、三木市の事を考えて政治・行政をされていますか?

自分の自己顕示欲を満たすために三木市を利用されていませんか?
Commented by kkamoike at 2009-08-17 20:54
ピーマンさま
様々な問題があっちこっちから噴き出てくる状況ですから、何処から手を付けていいのか、わからなくなりますよね。
以前から、雑感日記のrfuruyaさんもおっしゃっておられることですが、医師不足の問題は、三木市に限ったことではなく、日本全体の構造問題であるはずなのですが、統合病院ができれば、全てバラ色に解決されると考えているところに大きな誤解があるのだと思います。その盲目ともとれる判断が、将来の子や孫の代に大きなツケとして残らなければよいのですが···
三木式〇〇、三木イズム、なんだかよくわかりませんが、このような表現は、第三者が成功を認めて初めて評価に値する称号として与えられるものだと思うのですが···成功もしないうちから自画自賛していることと同じだということがどうしてわからないんでしょうか。それとも、誰も評価してくれないものだから自画自賛しているのかもしれませんが···
どっちにしても恥ずかしいですね。
by kkamoike | 2009-08-15 18:24 | 三木市政 | Comments(12)

R175が見て、聞いて、読んで感じたことを書き綴ります。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30