ブログトップ

どうぶつのつぶや記

コンセプトを見失った市政運営

花火大会が休止に至ったのは、寂しい限りです。
やまかずさんのブログには、
花火大会の休止は、「日本一美しいまち」というコンセプトに反する決定に値すると指摘されていますが、私もまったくその通りだと思います。


市が関わる行事やイベントの中でも、「花火大会」ほど、子供からお年寄りまで幅広い世代から楽しみにされている行事は他にないのではないでしょうか。
家族や親戚と一緒に、友達同士で、恋人同士で、会社の同僚同士で···
花火の打ち上げだけにとどまらず、そこには、普段なかなか取りたくても取れない、ふれあいや交流が生まれる楽しさや喜びがあるからこそ、みんなが楽しみにしている行事の一つにあげられるのかもしれません。
そして、子供たちのはしゃぐ声、夏の夜の一時をのんびりみんなと一緒に過ごす贅沢···
そう、花火大会を通して生まれる効果は、まさに「日本一美しいまち」や「スローライフなまちづくり」という、今の総合計画にも謳われているスローガン、コンセプトに沿ったものであると思いますし、間違いなく三木や吉川を代表する夏の風物詩だと私は思うのです。
そういう意味でも、今回の休止は非常に残念でなりません。
花火大会が、単に財政難だから大会経費を節減するために休止を決定したというのであれば、あまりにも短絡的な考えなのではないかと思うわけです。
(そうでないと思いたいのですが、理由は「財政危機」に伴い···としか書かれていない)


私は、物事には良い面と悪い面、それぞれが背中合わせに同居しているということを頭に入れて判断することが大事だと思うのです。
経費を要するというマイナス面と、冒頭で述べたような、市民に楽しんでもらい明日への糧にしてもらったり、市民同士、三木市以外の人たちのとの交流を活発化させる効果があったり、三木市全体に観光客を呼び込み少しでも三木市にお金を落としてもらい、地域経済の活気を取り戻す効果があったりするなどのプラス面の両方を考慮した上での判断なのかどうか、そのあたりの検討が十分になされたのかどうか非常に気になります。


「財政危機宣言」を発したことに伴い、聖域なき歳出経費の見直しという強い想いがあるのはわからないではないですが、経費節減だけにとどまらず、様々な効果も見捨ててしまうことになってしまう可能性もあるということを十分に考える必要があるのではないでしょうか。
三木の政治家さんたちには、何でもかんでも無駄だからと一緒くたにするのではなく、このような柔軟な考えも是非持っていただき、子どもたちから夢を奪わない、血の通った、心のこもった政策判断をしていただきたいものです。
こういう判断を目の当たりにするにつけ、ますます、『私たちの税金をもっと有効に、大事に、よく考えて使ってくださいよ!』という想いが生まれてくるんですよね。


そんな中、住民たちの手で夏のふれあいまつりを盛り上げようという動きが広がっているということは、せめてもの救いですね。
この手作りのイベントが成功することを心から祈っています。応援します!
[PR]
Commented at 2009-07-25 20:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by さるとる at 2009-07-27 00:13 x
「三木おもろいわ」のリンクありがとうございます!!
吉川の夏祭りは、今や、吉川の枠を超え、市内外を問わず、多くの方々と一緒に行おうという動きになっております。
不肖さるとるも微力ながらお手伝いさせていただいております。
どうぶつさん、応援、痛み入ります。共感いただきありがとうございます。
Commented by 市民2 at 2009-07-27 23:34 x
書き込みは、お久しぶりです。
いつも拝見させていただいてなるほどなあ。
その通りだなあと思って拝見させていただいております。
花火大会の中止は、以前から言われていたのでわかってはいましたが、R175さんも前からご指摘されていた通り、どうしてささいな補助金を削除してみんなの楽しみを奪うのか!
今も、私は納得できません。R175さんの思われていることと同じだと思います。
去年の補助金は360万?
私の知り合いに固定資産税と市民税でそれくらい払われている方がいます。企業じゃありません。個人です。もちろん普通の市民の方からみれば裕福だとは思いますが。しかしながら一個人の税金程度の補助金をカットして、全市民の楽しみを奪うなんてとても信じれません!三木市の舵取りは何考えているのか!
R175さんのようなお方が、市長だったらすごく三木市はよくなると思うのですが!
全力で応援しますよ!
Commented by 市民2 at 2009-07-27 23:44 x
今の民主党と同じで、三木市民も見せかけだけに騙されている方が多いのかな?
もちろんここを見られる方はわかっていらっしゃると思いますが。
ところで民主党の何々は無料!
って言っているの、安いほうがいいのはわかっていますが、例えば、一番わかりやすいのが高速料金をタダにするという案。
タダはありがたいことなんですが、よくよく考えると、維持費、安全対策に莫大なお金がかかります。
誰が払うの???
タダということは全国民の税金から出るということです。
じゃ、高速を使わない人もお金を取られるということです。
高速を利用する人から取るのは当然高速道路に使うお金なのだから当たり前だと思うのですが。
あなたは、民主党を支持しますか?
薮本さんを支持しますか?

ちょっと的が外れたかな?
すみません。
Commented by kkamoike at 2009-07-29 19:26
鍵コメさんへ
いつも情報をいただきありがとうございます。
今回の内容は、私には、少々、複雑で難しかったです。
中身が中身なのでコメントは差し控えさせていただきますが、また何か情報があればお願いします。
Commented by kkamoike at 2009-07-29 19:31
さるとるさんへ
昨日の神戸新聞見ました!すごいですね。
このような活動を新聞が取り上たりすることで、皆さんの活動の輪がどんどん広がっていけばいいですね。
究極はやはり、みんなが「三木おもろいわ」と思える、思ってもらえるまちづくりなんでしょうが、やはり、まずは三木に住んでいる人たち自身が面白いと実感できるまちでないと、なかなか市外の人には実感してもらいにくいのではないかと思ったりします。
そういう意味では、昨日の新聞での皆さんの笑顔や表情には、言葉以上のメッセージ性があり、想いが読者に伝わったのではと思います。
これからも皆様のご健闘を心からお祈りしています。

Commented by kkamoike at 2009-07-29 20:01
市民2さま。
コメントありがとうございます。
お世辞でもそのような評価をいただけて嬉しいです。
市長を目指す人には、その職務遂行能力ももちろん必要でしょうが、もう一つ、あらゆる面でオープンな政治を心掛け、市民が市政を身近に感じられる良い関係を築けるコミュニケーション能力を備えた実行力のある人であって欲しいものですね。

あと、三木市の場合もそうですが、国政においても、例えば、民主党のいう「無駄」とは何なのかをしっかりと見極める必要がありそうですね。
その上で、今ある「無駄」を排除した場合、それに伴って出てくるメリット、デメリットも同時に示す必要があるのではないかと思っています。
マニフェストなどの耳障りのいい言葉だけに踊らされることなく、マニフェストに隠された真実の部分を同時に引き出していく状況を作り出すことこそが、有権者やマスコミに課せられた責務であると思いますし、その要請に応えることは政権交代を目指す民主党の責務でもあると思います。

by kkamoike | 2009-07-25 18:21 | 三木市政 | Comments(7)

R175が見て、聞いて、読んで感じたことを書き綴ります。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31